オリンピックに関する放送局の【偽サイト】が確認されています。アクセスされますと被害を受ける恐れがありますのでご注意ください。 この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます

バックナンバー

  • 2020年 10月30日(金)

    大阪ローカルの問題にあらず! 都構想の実像と行方ゲスト:石川智久(日本総合研究所)  

    11月1日に迫る大阪都構想の住民投票は単に大阪ローカルの問題ではなく、全国の大都市のあり方にも一石を投じています。都構想の実像を含め専門家と考えます。

  • 2020年 10月29日(木)

    SDGsへの道~大手企業も注目する「高専」のAI技術とはゲスト:松尾豊(東京大学 大学院教授)田中陽(日本経済新聞 編集委員)トラウデン直美

    若手の優秀な人材を輩出する高等専門学校(高専)。大手企業から注目を集めている。特にIT系企業は学歴重視でなく実力重視のため大卒より高専卒の方が優秀という評価もある。高専生が開発したヴァーチャルリアリティ(VR)を使い臨場感あるスポーツ観戦を楽しめる装置などトラウデン直美が取材する。その他、企業決算など経済ニュース。

  • 2020年 10月28日(水)

    上期決算・コロナ禍からの回復は?見えてきた真・勝ち組ゲスト:阪上亮太(JPモルガン証券 チーフ株式ストラテジスト)藤田和明(日本経済新聞 編集委員)

    企業の2020年4-9月期決算がいよいよ本格化する。日本経済は5月を底に回復基調にあるとされるが、収益の改善は企業によってばらつきがあり、新型コロナウイルスの感染が再拡大する懸念も根強い。こうした中、構造転換を進め、コロナ禍でも力強い成長が期待される企業は。専門家を招いて真の勝ち組企業を探る。

  • 2020年 10月27日(火)

    最新鋭ミサイル・サイバー攻撃!ロシアの狙いは?ゲスト:小泉 悠(東京大学 先端科学技術研究センター特任助教)

    核兵器の開発から使用までを全面禁止する核兵器禁止条約(TPNW)の批准数が発行に必要な50カ国・地域に達した。しかし、核保有国や日本は参加せず実効性が課題となっている。ロシアはアメリカとの新戦略兵器削減条約(新START)の延長を発表しているが、音速をはるかに超えたミサイル開発でアメリカをけん制している。米ロ軍縮の行方を検証する。

  • 2020年 10月26日(月)

    米中対立に揺れる日本企業…中国「輸出管理法」に要注意ゲスト:細川昌彦(明星大学 経営学部教授)

    激化する米中対立に日本企業はどう向き合えばいいのか。中国は12月1日に「輸出管理法」を施行する。中国の安全保障に危険を及ぼす恐れがあると判断された企業に対し、輸出を禁止できるようにする。中国企業への禁輸措置を強める米国への対抗だが、中国製品への依存が強い日本企業の調達戦略にも影響が出そうだ。専門家と今後を展望する。

  • 2020年 10月23日(金)

    元メジャー上原浩治×IT企業トップ スペシャル対談ゲスト:佐渡島庸平(コルク 代表) 

    元メジャーリーガーの上原浩治氏が企業のトップとスペシャル対談。コロナ禍で変革を迫られるスポーツビジネスのあり方や、成功と失敗から学ぶリーダー像について語り合う。また、上原氏が巨人時代に味わった「涙の敬遠」の秘話を明かす。ほか、漫画家などのエージェントを手がける佐渡島庸平氏をゲストに招き、ヒット作の生み方を聞く。

  • 2020年 10月22日(木)

    SDGsへの道~通信業界の新たなビジネスとSDGsへの挑戦ゲスト:関口和一(日本経済新聞 客員編集委員)井上福造(NTT東日本 社長)トラウデン直美

    NTTによるNTTドコモの完全子会社化は通信業界に衝撃を与えた。携帯大手3社は今春から「5G」の商用サービスを開始し、新たなビジネスにかじを切り始めた。官民が連携して、ゲーム競技として楽しむ「eスポーツ」の競技場開設やSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みに力を入れている。通信業界の現状と課題をトラウデン直美が取材する。

  • 2020年 10月21日(水)

    菅外交が本格始動!「インド太平洋」構想・対韓戦略はゲスト:瀬口清之(キヤノングローバル戦略研究所・研究主幹)吉野直也(日本経済新聞 政治部長)

    ベトナムとインドネシア訪問で菅総理の外交が本格始動する。南シナ海での勢力拡大に動く中国をにらみ、同海域に隣接する両国との連携は安倍前総理から継承した「自由で開かれたインド太平洋」構想のかなめとなる。専門家を招いて初外遊の成果を検証する。さらに日本企業の資産現金化の手続きが迫る緊迫した日韓関係の行方も展望する。

  • 2020年 10月20日(火)

    池上彰氏が米大統領選の行方を徹底検証!ゲスト:池上彰(ジャーナリスト)

    池上彰氏が残り2週間と迫った米大統領選を詳しく解説する。支持率で劣勢といわれているトランプ米大統領は連日、激戦州を回り支持を訴えている。一方、バイデン氏は演説でトランプ大統領の新型コロナ感染対策を批判。両陣営とも激戦州での攻防が激しさを増している。そして、選挙結果の明暗を分ける「郵便投票」の行方について。

  • 2020年 10月19日(月)

    元メジャー上原浩治氏生出演 雑草魂・世界で闘うメンタリティーゲスト:上原浩治(元メジャーリーガー)

    日米通算134勝を挙げるなどグローバルに活躍した米大リーグでも活躍した元巨人の上原浩治氏からみえるビジネスの風景とは。上原氏は高校時代には無名の存在だったが、巨人のエースとなり、大リーグのレッドソックス時代にはワールドシリーズで「胴上げ投手」にまで上り詰めました。上原氏をゲストに迎えて、逆境に負けないメンタリティーや、人生について考える上でのヒントを学びます

  • 2020年 10月16日(金)

    なぜ?東大にマネーが集まるのかゲスト:五神真(東京大学 総長)

    東京大学が国立大学として初めて200億円の「大学債」を発行する。購入希望額は発行予定額の6倍を超えた。投資家には大手生保やメガバンク、自治体などが並んだが、なぜ東大にマネーが集まるのか。ゲストに東大の五神真総長を招き、狙いを聞く。

  • 2020年 10月15日(木)

    SDGsへの道~近畿大学と老舗靴下ブランド・産学連携のSDGsとは?ゲスト:北島隆次(SDG大学連携プラットフォーム)トラウデン直美

    世界で初めてクロマグロの完全養殖に成功した近畿大学。そして、老舗の靴下専門店が化学肥料や農薬を使わない綿花栽培の研究や綿花収量の向上に向けた研究についてトラウデン直美が取材する。また、近年、企業と大学がタッグを組み産学連携でSDGs(持続可能な開発目標)の動きが高まっている。その背景には何があるのか検証する。

  • 2020年 10月14日(水)

    明暗分かれる小売り コロナ禍の先に…ゲスト:清水倫典(Gマネジメント&リサーチ 代表)

    コロナ禍で明暗が分かれた小売企業。「巣ごもり需要」で浮かぶ会社がある一方、訪日外国人の減少で沈む会社も。今年3-8月期の決算を総括し、今後を考えます。

  • 2020年 10月13日(火)

    復興へ JR九州・新たな観光列車が発車オーライ!ゲスト:青柳俊彦(JR九州 社長)

    JR九州の青柳俊彦社長が生出演。鉄道による周遊型の旅の人気に火をつけたものの、熊本地震や豪雨被害と試練に直面してきました。コロナの影響でインバウンド需要が消滅してしまった今、鉄道の役割とは。

  • 2020年 10月12日(月)

    正念場の外食!経営トップ討論会ゲスト:安部修仁(吉野家ホールディングス 会長)松田公太(EGGS 'N THINGS JAPAN 代表)野本周作(エー・ピーカンパニー COO) 

    新型コロナウイルスの収束が見通せない中、外食の苦戦が続く。新たな業態を展開させる飲食店も出てきたが、コロナ禍にどう客を呼び込むのか。吉野家ホールディングスの安部修仁会長らをスタジオに招き、徹底討論する。ほか、英国でじわりと進む「脱オフィス」の動きについて英フィナンシャル・タイムズの記者に聞く。

  • 2020年 10月9日(金)

    崖っぷちの航空業界!スカイマーク会長に生き残り策を聞くゲスト:佐山展生(スカイマーク 会長)

    ゲストコメンテーターはスカイマークの佐山展生会長。同社の再建を指揮し、様々な企業のM&A(合併・買収)に携わってきた佐山氏に苦境に立たされる航空業界でどう生き残るのかを聞く。また、AI(人工知能)を使ったシステムでスポーツの試合を無人で撮影し、ライブ配信する取り組みを取材するほか、注目の企業決算を詳報する。

  • 2020年 10月8日(木)

    SDG sへの道~苦境の百貨店・電力を再生エネに!ゲスト:村上奈歩(丸井グループ・サステナビリティ担当)酒井耕一(日経ESG発行人)トラウデン直美

    新型コロナウイルスの影響で、大型ショッピングセンターなどの営業終了が相次いでいる。丸井グループは東京・池袋と静岡市の2店舗を来年3月から順次閉店を決めた。丸井Gは創業以来、時代やニーズの変化に合わせた金融サービスを行っている。主力の金融事業を通じSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みをトラウデン直美が取材。

  • 2020年 10月7日(水)

    米大統領選、菅新政権…どうなる下期相場 プロが展望ゲスト:テスタ(個人投資家)山口真弘(SMBC信託銀行 投資調査部長)

    今年最大の政治イベントである米大統領選まで約1カ月。 過去は大統領選が株式相場の分岐点となることが多く、市場は両陣営の動向に神経をとがらせている。 菅新政権の政策もテーマの1つだ。著名個人投資家とアナリストをゲストに招いて、下期相場の行方を展望する。 ほか小売り大手の決算なども詳報。

  • 2020年 10月6日(火)

    海洋進出強める中国をけん制!日米豪印外相会談ゲスト:川上高司(拓殖大学 教授)石平(中国問題評論家)

    日本や米国、オーストラリア、インドの4カ国による外相会談。日米が唱える「自由で開かれたインド太平洋」構想に基づく連携強化を確認し、海洋進出を強める中国をけん制する狙いがある。そして、トランプ米大統領が新型コロナウイルスに感染したことで対中強化路線を強化する見方もある。中国を巡る各国の対応について検証する。

  • 2020年 10月5日(月)

    菅発言で地銀再編が加速?ゲスト:阿部敬(フロンティア・マネジメント)玉木淳(日本経済新聞 経済部デスク)

    菅義偉首相が先月2日の会見で「(地方銀行は)将来的には数が多すぎるのではないかと思う」と発言したことをきっかけに地銀再編が加速するか、注目が集まっている。地銀が地方経済活性化の役割を果たすための処方箋とは。福島銀行の社外取締役で、元金融庁長官の五味広文氏へのインタビュー取材を交え、専門家と今後を展望する。

  • 2020年 10月2日(金)

    東京五輪は本当に開催できるのか?ゲスト:北川和徳(日本経済新聞 編集委員 )

    国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が「(新型コロナの)制限下でも安全に大会を組織できる」と述べたことを機に、東京五輪の「開催ムード」が高まる。大会の簡素化案や感染対策を検証る。また、1日に起きた東京証券取引所のシステムトラブルの影響を伝えるほか「ワーケーション」について小泉進次郎環境相に単独インタビュー。

  • 2020年 10月1日(木)

    SDGsへの道~エコカーが住宅電源に!次世代電池の開発競争ゲスト:田中暁人(日本経済新聞 編集委員)トラウデン直美

    自動車業界に「脱ガソリン」を求める動きが世界で本格化してきている。米カリフォルニア州でガソリン車の販売を禁止する方針を明らかにした。そして、次世代電池を巡り、日本でも開発競争が過熱している。ハイブリッド車(HV)などから住宅へ電力を直接供給できる開発が進んでいる。「電池」の今後をトラウデン直美が取材する。