この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます

バックナンバー

  • 2017年 4月28日(金)

    北朝鮮問題、共同経済活動……日ロ首脳会談で進展は?ゲスト:河東哲夫(元在ロシア大使館公使)

    北朝鮮情勢の緊迫が続く中で開かれた日ロ首脳会談。北方領土問題解決への一歩と期待される共同経済活動などで進展はみられるのか。

    政治を揺さぶる「偽ニュース」ゲスト:蛯谷敏(日経BP ロンドン支局長)

    大きな選挙が続く欧州で政府やメディアが 偽ニュースへの対応に追われています。 IT大手企業も責任が問われるなか、 偽ニュースは撲滅できるのでしょうか。

  • 2017年 4月27日(木)

    トランプ大統領企業減税発表 本当に歴史的?ゲスト:黒瀬浩一(りそな銀行 チーフ・マーケット・ストラテジスト) 井出真吾(ニッセイ基礎研究所 チーフ株式ストラテジスト)

    トランプ大統領自身が歴史的な税制改革を行なうと発表。連邦法人税率を35%から15%にする案になる見込み。財政は大丈夫なのか?アメリカ経済はさらに好調となるのか?

    日銀金融政策決定会合と展望リポートを分析ゲスト:清水功哉(日本経済新聞 編集委員)

    日銀は経済・物価の見通しを示す「展望リポート」を公表した。景気の見通しを9年ぶりに「拡大」としたいっぽう、 物価見通しは下方修正した。この見通しから透けて見える日銀の思惑を解説する。

  • 2017年 4月26日(水)

    北朝鮮の核・ミサイル開発 最悪のシナリオは?ゲスト:古川勝久(国連安保理北朝鮮制裁委員会・元専門家パネル委員)

    米政権が核・ミサイル開発をやめない北朝鮮へ軍事的な圧力を強めています。北朝鮮がトランプ大統領の考えるレッドライン(越えてはならない一線)を越えて、大規模な軍事衝突に突入するリスクはあるのでしょうか、検証します。

    家電最前線 カギは「性能」より「スマートさ」!?ゲスト:関口和一(日本経済新聞 編集委員)

    リスボンで開催された家電見本市「IFA」 現地で取材した記者が、家電の新潮流を解説します。

  • 2017年 4月25日(火)

    朝鮮半島危機!軍創建85年で核実験?ゲスト:小川 和久(静岡県立大学 特任教授)

    25日は朝鮮人民軍創建85年。この記念日に6回目の核実験が行われる可能性も。アメリカが朝鮮半島に展開している原子力空母カールビンソンで圧力をかける中、北朝鮮の動きは?

    「デジタルカルテルの挑戦状」ゲスト:瀬川奈都子(日本経済新聞 編集委員)

    AIなどの新技術がモノやサービスの価格を高止まりさせる「カルテル」につながる懸念があるという。 米ウーバーテクノロジーズの事例などから、デジタル時代の矛盾を解説する。

  • 2017年 4月24日(月)

    フランス大統領選結果を徹底分析ゲスト:倉都康行(RPテック 代表) 吉田健一郎(みずほ総合研究所 上席主任エコノミスト)

    大接戦の状態で突入したフランス大統領選。23日の投票結果から見えるフランス、そして欧州の今後の課題をゲストとともに徹底検証します。

    政府主導の東電改革 その狙いは?ゲスト:飯山辰之介(日経ビジネス 記者)

    今月、東京電力は再建計画の骨子をまとめ、6月には経営陣を刷新します。 この東電の再建計画はどんな意味を持つのか解説します。

  • 2017年 4月21日(金)

    長寿化で新たなリスク 「相続」どう備える?ゲスト:浅野恵理(税理士)

    多くの人がいつかは直面する相続。長寿・高齢化に伴い新たなリスクが生じている。「争族」にならないための備えとは。

    英議会で解散総選挙 Brexitの行方は?ゲスト:フィナンシャルタイムズ セバスチャン・ペイン

    今週、イギリスのメイ首相が議会の解散総選挙を突然の表明は世界に驚きを与えました。 この決断は、「ブレグジット」の行方にどう影響するのか、ロンドンから報告します。

  • 2017年 4月20日(木)

    朝鮮半島緊迫で円高も続く?米金利引き上げ先送りも?ゲスト:豊島逸夫(豊島逸夫事務所 代表)

    朝鮮半島やシリアで緊張状態が続き、じわじわ円高が進行している。ヘッジファンドはなぜ有事の円買いをするのか?

    「GINZA SIX」開業が導く銀座の‟新ステージ”ゲスト:石鍋仁美(日本経済新聞 論説委員)

    最大級の商業施設「GINZA SIX」が20日にオープンした。 銀座は今後その姿をどのように変えていくのか?銀座の成り立ちを振り返りながら考えます。

  • 2017年 4月19日(水)

    弾まない日米経済対話 トランプ側のお家の事情ゲスト:安井明彦(みずほ総合研究所 欧米調査部長)

    日米経済対話の初会合が開かれました。突っ込んだ議論にならなかったのは、トランプ政権内の人事がうまく決まらない米国側の事情があるようです。

    米トランプ政権と地球温暖化ゲスト:安藤淳(日本経済新聞 編集委員)

    トランプ政権が温暖化政策の歩みを止める政策を次々に打ち出しています 今後の世界の温暖化対策はどんな影響を受けるでしょうか?

  • 2017年 4月18日(火)

    日米経済対話初会合 米国第一主義にどう立ち向かう?ゲスト:中島厚志(経済産業研究所 理事長)

    日米経済対話の初会合が18日、都内で開かれる。 麻生財務大臣とペンス副大統領をトップに、財政・金融などマクロ経済政策の連携やインフラ、エネルギーなど2国間の貿易に関する枠組みを交渉。

    後半国会の焦点と解散総選挙の行方ゲスト:坂本英二(日本経済新聞 論説委員)

    「共謀罪」などの重要法案や森友学園問題など 課題山積の後半国会の焦点と 再び吹き始めた解散風の行方を解説

  • 2017年 4月17日(月)

    世界のリスクを語る! イアン・ブレマー氏vs.小谷真生子ゲスト:イアン・ブレマー(ユーラシア・グループ 社長)

    トランプ米大統領の就任から3カ月。北朝鮮やシリア情勢など世界のリスクについて、小谷真生子キャスターが国際政治学者イアン・ブレマー氏にインタビュー。不確実な国際社会の今をわかりやすく分析してもらいます。

    トルコ国民投票の結果とシリア情勢の見通しゲスト:中西俊裕(日本経済新聞 編集委員)

    16日のトルコ国民投票はエルドアン大統領の悲願である大統領権限を大幅に強化する憲法改正を僅差で承認した。その結果、トルコ国内はどう変化し、シリア情勢にどう影響を与えるのか解説する

  • 2017年 4月14日(金)

    老後赤字は「年金+月8万円」で防ぐゲスト:大江英樹(経済コラムニスト)

    高齢世帯の家計は基本的に赤字。長寿リスクが高まる中、リタイア後も老後資金をできるだけ減らさずに暮らすヒントを探る。

    「エルドアン独裁」へ? トルコ国民投票でシリア情勢はゲスト:サム・ジョーンズ(フィナンシャル・タイムズ)

    トルコでエルドアン大統領の権限強化を狙った憲法改正案の是非を問う国民投票が16日に行われる。 その結果とシリア情勢に与える影響を解説する

  • 2017年 4月13日(木)

    米空母派遣 北朝鮮をけん制  しかし金正恩委員長には効果なし!?ゲスト:高英起(デイリーNKジャパン 編集長)

    朝鮮半島近海で米海軍の空母打撃群と海上自衛隊が共同訓練を行なう。北朝鮮はこの状況でミサイル発射や核実験を行うのか?

    デジタル革命の「新・聖地」 深センで起きていることゲスト:太田泰彦(日本経済新聞 論説委員)

    いま、新たなイノベーションの聖地になりつつあるのが中国・深センです。現地取材を通じてみえた、ヒト・モノ・情報を集める力の源を分析します。

  • 2017年 4月12日(水)

    米軍のシリア攻撃と北朝鮮への圧力ゲスト:青山弘之(東京外国語大学 教授)

    米軍のシリアへのミサイル攻撃で、米国とロシアの対立は深まりそうです。米国のシリア攻撃は北朝鮮を揺さぶる思惑もあるとみられます。緊迫する国際情勢を読み解きます。

    対立か融和か?トランプ政権での米中関係は?ゲスト:秋田浩之(日本経済新聞 コメンテーター)

    首脳会談を終えトランプ政権での米中関係はどう変わって行くのでしょうか?長年米中の外交を取材してきたベテラン記者が解説します。

  • 2017年 4月11日(火)

    混迷深まる東芝 決算発表 再々延期か?ゲスト:松永伸也(東京商工リサーチ 情報本部 情報部部長)

    米原子力子会社を巡る巨額損失問題に揺れる東芝。11日の決算発表が再度延期する方向で上場廃止の可能性は?

    工場デジタル化で到来 カイゼン4.0の時代ゲスト:池松由香(日経ビジネス 記者)

    ニッポン製造業のお家芸である工場の「カイゼン」。その概念が大きく変化し機械や部品、人の動きまであらゆるものを「「デジタル化」する動きが広がっているようです。日本の工場の最新動向を取材し、日本のメーカーがこれから何をすべきか解説する。

  • 2017年 4月10日(月)

    日本経済の新たなけん引役となる「イノベ株」に注目ゲスト: 金沢健博(エンジェルジャパン・アセットマネジメント シニアインベストメント・マネージャー)  コメンテーター:小栗太(日経ヴェリタス 編集長)

    新しい発想で既存の事業を再生するなど、イノベーションに果敢に挑み、収益向上実現をしている新興企業などの強さを検証します。

    てるみくらぶに見る 旅行業界の課題ゲスト:石鍋仁美(日本経済新聞 論説委員)

    旅行会社「てるみくらぶ」が経営破たんした。その背景には事業モデルの転換の遅れなどがあったようだ。破たんの背景と今後、格安航空会社を利用する際の 留意点を解説する

  • 2017年 4月7日(金)

    米中首脳会談 北朝鮮問題への対応に進展はゲスト:柯隆(富士通総研 主席研究員)

    6~7日にトランプ米大統領と中国の習近平国家主席の初めての首脳会談が開かれます。5日に弾道ミサイルを発射した北朝鮮への対応や、貿易不均衡問題について、どのような駆け引きがなされるのでしょうか。また、今回の首脳会談が日本に及ぼす影響についても考察します。

    「まさか」はあるのか? フランス大統領選の行方ゲスト:豊島晋作(テレビ東京ロンドン支局長)

    今月23日に今年最大の政治リスクとも言われる、フランス大統領選挙の第1回目が行われる。極右・国民戦線のルペン候補が決選投票に進んだ場合、どんな展開が予想されるのか? ブレグジット、トランプ大政権誕生に続く3つ目の「まさか」が起きるのか?フィナンシャルタイムズのエグゼクティブエディターに聞く。

  • 2017年 4月6日(木)

    ロシア発世界危機に!?日露関係には?ゲスト:袴田茂樹(新潟県立大学教授・政策研究センター)

    大規模なデモが起きているロシアで自爆テロと思われる爆発事故が発生。ロシアで何が?プーチン政権は大丈夫か?情勢に詳しい袴田氏が分析

    マンション投資の行方ゲスト:前野雅弥(日経産業新聞 企業報道部 シニア・エディター)

    2016年の金融機関による不動産向け融資が12兆円を超え、過去最高を記録しました。 マネーが流れ込んできた不動産市場はバブルに突入したのか?現状と今後の見通しを解説する

  • 2017年 4月5日(水)

    朴前大統領逮捕 新大統領でどうなる日韓関係ゲスト:武貞秀士(拓殖大学 特任教授)

    5月9日投開票の韓国大統領選で、革新系野党の文在寅(ムン・ジェイン)氏が支持率で大きくリードしています。文氏は日本に厳しく、北朝鮮には融和路線とみられています。同氏が大統領に就任すると、日韓関係やアジア情勢はどうなるでしょうか。

    年金 4月から0.1%減ゲスト:山口聡(日本経済新聞 経済部 シニア・エディター)

    4月から年給付額が0.1パーセント引き下げになる。 今後の年金制度は増えることはないのでしょうか?

  • 2017年 4月4日(火)

    米中首脳初の首脳会談へ「対北朝鮮」で連携は?ゲスト:宮家邦彦(キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹)

    今週開かれる米中首脳会談、今まで中国に対し過激な発言を続けてきたトランプ大統領。首脳会談でどこまで踏み込むのか?また、北朝鮮の不穏な動きに米中の対応は?

    人手不足解消に”企業が奨学金返済を肩代わり”ゲスト:田中陽(日本経済新聞 編集委員)

    人手不足解消のため、社員の奨学金返済を肩代わりする企業が増えてきています。 この動きは人材確保へと繋がるのでしょうか。

  • 2017年 4月3日(月)

    好業績で相場をけん引 新年度に期待の銘柄はゲスト:木野内栄治(大和証券 チーフテクニカルアナリスト) 井出真吾(ニッセイ基礎研究所 チーフ株式ストラテジスト)

    新年度を向かえて、株価上昇の潜在力がある銘柄を有力アナリストが独自の視点で分析します。

    冷え込む日韓関係 韓国の選択は?ゲスト:伊集院敦(日本経済研究センター 首席研究員)

    パク・クネ前大統領の罷免を受け、5月9日に実施される韓国大統領選挙。 冷え込む日韓関係の行方と北朝鮮情勢への影響を解説します。