オリンピックに関する放送局の【偽サイト】が確認されています。アクセスされますと被害を受ける恐れがありますのでご注意ください。 この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます

バックナンバー

  • 2020年 6月30日(火)

    中国「核心的的利益」を追求 習主席の野望とは?ゲスト:小原凡司(笹川平和財団 上席研究員)*VTR収録

    中国政府が香港で統制を強める「香港国家安全維持法」が全国人民代表大会(全人代)常務委員会で採択される方針だ。国際社会から批難の声も上がっているが、「香港は中国の核心的利益」と主張。また、尖閣諸島や領有権を争う南シナ海の南沙諸島についても核心的利益の対象という見方もある。中国・習近平国家主席の野望・狙いについて考える。

  • 2020年 6月29日(月)

    香港はどこに向かうのか・米中対立の背後で何がゲスト:興梠一郎(神田外語大学 教授)

    香港はどこに向かうのか。中国の香港統制を強める「国会安全法」をめぐり、米中が対立。香港問題だけでなく、ウイグル人権問題など火種を抱える米中関係。政治・経済が不可分となる中、世界経済や日本経済への影響は。米中関係に精通する専門家と青写真を描きます。

  • 2020年 6月26日(金)

    「スポーツプラス」コロナに負けない!サッカーチーム経営ゲスト:小泉文明(メルカリ会長・鹿島アントラーズFC 社長)

    近年、プロスポーツチームの経営権を持つIT企業が増えている。ゲストにフリマアプリ大手メルカリの会長でサッカーJ1、鹿島アントラーズFCの社長を務める小泉文明氏を迎える。コロナ禍で集客が難しいなか、ITを活用したスポーツビジネスの真価が問われそうだ。転換期を迎えるチーム経営のあり方とは。

  • 2020年 6月25日(木)

    SDGsへの道~農業人口減少!注目を集める生産者支援ビジネスとはゲスト:森雅俊(プラネット・テーブル)

    農業就業人口は年々減り続け人手不足が深刻化している中、新型コロナウイルスの感染拡大が追い打ちをかけている。そんな中、農業生産者を支援するビジネスが注目を集めている。生産者と飲食店舗などの間で直接取引を可能にし、農家の収入をアップさせるなど農家を支える企業の取り組みについて伝える。

  • 2020年 6月24日(水)

    「コロナ敏感相場」の謎を徹底解明!ゲスト:高田創(岡三証券 グローバル・リサーチ・センター理事長)壁谷洋和(大和証券 チーフグローバルストラテジスト)

    新型コロナウイルスの感染拡大の一服後、経済再開への期待を背景に上昇が続いていた株式相場だが、足元は一転して不安定に。強気と弱気が目まぐるしく入れ替わる相場の背景には果たして何があるのか。専門家を招いて買い手と売り手の需給、経済情勢、市場心理などの各テーマを分析し、不安定相場の謎に迫る。

  • 2020年 6月23日(火)

    米大統領選!勝敗を握る人種差別問題ゲスト:渡瀬裕哉 (早稲田大学 公共政策研究所招聘研究員)

    中西部ミネソタ州で起きた白人警官による黒人暴行死事件から3週間あまり。全米各地で人種差別への抗議デモが相次いでいる。新型コロナウイルスの第2波が懸念される中、トランプ米大統領は11月の大統領選に向けて3ヵ月半ぶりとなる選挙集会を開いた。経済回復への道、人種差別問題など勝敗を握るポイントについて検証する。

  • 2020年 6月22日(月)

    ベールに包まれる北朝鮮情勢・金与正氏動向を詳しく分析ゲスト:礒敦仁(慶應義塾大学 准教授)鈴木壮太郎(日本経済新聞 ソウル支局長)

    北朝鮮の挑発が止まりません。相次ぐ挑発行為によって南北の融和ムードは一気に後退。 軍との連携を誇示し、存在感を増す北朝鮮のナンバー2、金与正氏の動向に注目が集まっています。金正恩委員長の妹、金与正氏は北朝鮮指導部の中でどこまで影響力を発揮しているのか。今、何を考えているのか。ベールに包まれる北朝鮮の内実を外交専門家と検証します。

  • 2020年 6月19日(金)

    「スポーツプラス」コロナで揺れるチームの収益モデルゲスト:フローラン・ダバディ(ジャーナリスト)日置貴之(スポーツブランディングジャパン マネジングディレクター)

    無観客で開幕を迎える日本のプロ野球。コロナ禍をきっかけに転換を迫られるスポーツチームの「収益モデル」を再考する。チケット販売収入の減少が避けられない中、既存の放映権料やスポンサー収入以外の新たな収入の柱を見つける必要が出てきた。ジャーナリストのフローラン・ダバディ氏と日本のスポーツの未来を展望する。

  • 2020年 6月18日(木)

    SDGsへの道~海洋ゴミをファッションに!脱プラの現状と課題ゲスト:道田豊(東京大学 大気海洋研究所 国際連携研究センター長)トラウデン直美

    SDGsへの道では海洋プラスチックごみは今、世界中で問題視されており、海を汚すだけでなく、そこに住む生き物にも大きな影響を与えている。そんな中、アパレル業界では使用済みのペットボトルを再利用して洋服などを作る取り組みを行っている。回収されたペットボトルからどのよう洋服となるのか、今後の課題などトラウデン直美がリポートする。

  • 2020年 6月17日(水)

    コロナで揺れる航空業界!需要蒸発「全治5年」の声もゲスト:姫野良太(JPモルガン証券 シニアアナリスト)

    新型コロナによる人とモノの移動制限の影響を最も強く受ける航空業界。世界では需要蒸発で破綻も相次ぐ。今後、需要は回復するのか。生き残りに何が必要か。

  • 2020年 6月16日(火)

    文政権対日強硬姿勢再燃!南北関係緊張高まるゲスト:原田武夫(国際戦略情報研究所 代表)

    韓国・文在寅政権が再び日本に対し強硬路線を踏み出している。韓国国内では慰安婦支援団体の不正資金疑惑が大きな社会問題となっている。また、南北統一を目指す文大統領だが、北朝鮮は脱北者団体が体制批判のビラをまいたことをキッカケに連日報復措置が行われている。対日強硬姿勢の文政権と緊張高まる南北関係について。

  • 2020年 6月15日(月)

    米中が「デジタル通貨」で覇権争い・日本の進むべき道とはゲスト:山岡浩巳(フューチャー経済・金融研究所 所長、前日銀決済機構 局長)

    「デジタル通貨」をめぐる覇権争いが激しさを増しています。国境を越えた新たな決済網が視野に入る中、米中対立が通商分野だけでなく、「デジタル通貨」にも波及。 中国では官民二人三脚で人民元を核にするデジタル通貨構想が浮上しています。こうした中、日本の進むべき道とは。デジタル通貨に精通する専門家を招き、今後を大胆に展望します。

  • 2020年 6月12日(金)

    「スポーツプラス」コロナ時代のスポンサー企業は?

    ゲストコメンテーターはワーク・ライフバランス 社長の小室淑恵氏。毎週金曜日「スポーツプラス」でスポンサー企業のあり方を展望する。コロナ禍で入場料に加えスポンサー収入も減少し、窮地に立たされているチームが出てきた。そんな中、スポンサー企業の中にはPR戦略の枠を超えて、新たな支援のカタチとして取り組む動きも。

  • 2020年 6月11日(木)

    SDGsへの道~水の未来を創る!汚れた水をキレイにして再利用ゲスト:前田瑶介(WOTA代表)

    日本だけでなく世界中で増加し続ける自然災害。避難所生活を余儀なくされることも。断水などでシャワーが浴びられない時も水循環の技術によって使った水をキレイにして何回も使えるようにする装置についてトラウデン直美がレポートする。

  • 2020年 6月10日(水)

    点検・改正外為法「安保銘柄」500社超・なぜ宅配まで?ゲスト:石川正樹(前経産省貿易経済協力局長) 大塚博行(カーライル・ジャパン副代表)

    安全保障にかかわる企業への外資規制を強化する改正外為法。施行を前に政府は事前審査を求める500社超を公表したが、早くも波紋を呼んでいる。リストには日本を代表する企業が並ぶ一方、安保とは一見かかわりの薄そうな宅配サービスも入るなど不可解な選択も目立つ。透明性を高めて「投資と安保」を両立するには何が必要か。専門家を招いて考える。

  • 2020年 6月9日(火)

    米中対立 サイバー攻撃の実態ゲスト:土屋大洋(慶應義塾大学大学院政策メディア・研究科教授)

    米大統領選を戦う民主・共和両党の陣営に外国勢力によるサイバー攻撃があったことが米グーグルの分析で分かった。そして先月、連邦捜査局(FBI)は新型コロナウイルスのワクチンや治療法などに関する情報を中国のハッカーやスパイがサイバー攻撃を仕掛けている可能性があると公式に警告した。いま、世界で起きているサイバー攻撃の脅威。

  • 2020年 6月8日(月)

    「新デジタル社会」コロナで変わる未来を展望ゲスト:澤田純(NTT 社長)

    新型コロナの影響で激変する日常。デジタル技術の活用が加速することで、私たちの未来はどう変わるのでしょうか。ライブ配信の形で開催される「世界デジタルサミット2020」に注目。ゲストとしてNTTの澤田純社長を迎え、「新デジタル社会」のあり方について考えます。

  • 2020年 6月5日(金)

    出口治明が語る!コロナ時代、そして人生ゲスト:出口治明(ライフネット生命創業者・立命館アジア太平洋大学 学長)

    コロナ後に私たちは人生にどう向き合えばいいのか?ライフネット生命の創業者、出口治明をゲストコメンテーターに迎え、今の時代の働き方、生き方を考える。

  • 2020年 6月4日(木)

    SDGsへの道 産婦人科が目指すSDGs 女性が健康である社会ゲスト:佐藤雄一(産科婦人科 舘出張 佐藤病院 院長) トラウデン直美

    SDGsが掲げる17の目標のなかに全ての人に健康と福祉を」「質の高い教育を」「ジェンダー平等の実現」がある。これは、医療機関が中心となれる項目として群馬の産科婦人科舘出張・佐藤病院は積極的に取り組んでいる。また、教育機関での学生向けの講義や、地域での出前授業なども行い、地域と密着した活動も行っている。

  • 2020年 6月3日(水)

    「戦後最悪」でも堅調株価のワケはゲスト:嶋中雄二(エコノミスト)窪田朋一郎(松井証券)

    新型コロナウイルスの影響で「戦後最悪」ともされる景況感にもかかわらず、世界的に株高基調が続く。日経平均株価は3ヵ月ぶり高値圏で推移し、米国株も堅調だ。企業決算も減益や「未定」が相次ぐが、懸念されていた株価の「二番底」は来ない。経験則の効かない不況下の株高の理由は。今後も上昇は続くのか。専門家を招いて株高の行方を占う。

  • 2020年 6月2日(火)

    香港巡り米中対立激化!「一国二制度」崩壊?ゲスト:倉田徹(立教大学 法学部教授)

    トランプ米大統領は米国が香港に認めている経済的な優遇措置の廃止手続きを始めと表明。これに対し中国も対抗措置を辞さない構えだ。また、米国は「中国寄り」と批判を続けてきた世界保健機構(WHO)からの脱退する意向も表明した。香港では法制導入の撤回を求め抗議デモが行われている。各国を巻き込む米中対立の行方は?

  • 2020年 6月1日(月)

    ビッグデータで第2波に備え 接触検知アプリ普及?ゲスト:宮田裕章(慶応大学 教授)

    緊急事態宣言の解除で経済再開の模索が続くなか、新型コロナウイルスの感染第2波にどう備えたらよいのか。ビッグデータの活用や接触検知アプリの効果を考える。