この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます

バックナンバー

  • 2015年 10月30日(金)

    【ゲスト】
    川瀬剛志(上智大学法学部教授)
    【トークテーマ】
    「TPP大筋合意 世界はそして日本はどう変わる?」
    日米など12カ国による環太平洋経済連携協定(TPP)交渉の締結で、世界経済の景色が変わり、自由貿易圏は拡大していくのか。また、日本企業はTPPのもとでどのように世界に挑むべきなのか。交渉現場の取材を重ねてきた日本経済新聞の編集委員が、通商政策の専門家と分析する。

    日銀 展望リポート公表 追加緩和の行方は?

  • 2015年 10月29日(木)

    【ゲスト】
    島田裕巳(宗教学者)
    【トークテーマ】
    「なぜここまで熱狂するのか?拡大するハロウィン市場と日本人の宗教観」
    日本でハロウィンの市場規模は、いまやバレンタインを抜き、年間1220億円(記念日文化研究所調べ2015年推計)。 2011年の市場規模 560億円からわずか4年間で2倍以上に急拡大したのはなぜか? そもそも欧米とは異なる宗教観をもつ日本で、古代ケルトに由来する祭りが独自に進化した理由は何か? 宗教学者で作家の島田裕巳さんに聞く。

    FOMC 米利上げの時期は?

  • 2015年 10月28日(水)

    【ゲスト】
    中村道治(科学技術振興機構 顧問)
    【トークテーマ】
    「ノーベル賞受賞 20年後の受賞も可能?」
     2015年ノーベル生理学・医学賞と物理学賞を受賞した日本。日本の科学技術研究力は高いレベルと言えるかもしれないが、本当にそうなのか?かつては欧米に追い付け追い越せで、様々な工夫をしながら独自の研究を行っていたので、現在のノーベル賞の受賞が続いているという声もある。また近年、ノーベル賞受賞者が、基礎研究も重視して欲しいという声をあげている。日本の科学技術研究で、何が起こっているのか?専門家に聞く。

    「東京モーターショー」みどころは?

  • 2015年 10月27日(火)

    【ゲスト】
    矢部智仁 (ハイアス総研主席研究員)
    【トークテーマ】
    「衝撃走った「マンション傾斜問題」資産価値が下がらない見極め方とは」
    ~なぜ改ざんは起きた?背景にある業界の問題点を検証/これから買う人はここに注意!住宅メーカーを見極めるチェックポイント/住宅業界のエキスパートが教える、建物と地盤の“意外な関係”/マンションだけじゃない!?戸建てを購入する際の要注意点とは~

    米国の利上げが世界にもたらすもの

  • 2015年 10月26日(月)

    【ゲスト】
    山村俊夫(エームサービス社長)
    【トークテーマ】
    「業績が上がる社員食堂 仕掛ける企業はカープ人気にも一役」
     プロ野球・広島東洋カープの本拠地、マツダスタジアムの観客動員が200万人の大台を突破しました。昔からのファンだけでなく、女性や家族連れが集うボールパークとしてにぎわう施設にするための仕掛けづくりに貢献した企業があります。社員食堂や病院、介護施設、学校、そしてスポーツ施設まで、1日に120万食を提供するエームサービスです。社員食堂の受託では、地域や企業の個性を重視した独自のメニューを提供しています。山村俊夫社長に人が喜ぶサービスの極意を聞きます。

    10月に考える投資の教訓

  • 2015年 10月23日(金)

    【ゲスト】
    西浜徹(第一生命経済研究所 主席エコノミスト)
    【トークテーマ】
    「日本はなぜ中国に負けるのか 「インフラで稼ぐ」の理想と現実」
    インドネシア高速鉄道をめぐる受注合戦は、最終的に中国に軍配が上がった。出し抜かれた形となった日本は中国、インドネシアを痛烈に批判したが、それで決定が覆るわけでも、世界の同情を買うわけでもない。“ニッポンが負けた”という事実だけが世界を駆け巡る。「2020年に30兆円のインフラ輸出」を目標に掲げる日本。世界の熾烈な競争の中で本当に「インフラで稼ぐ」ことはできるのか。検証する。

    イギリスと中国の「蜜月経済」

  • 2015年 10月22日(木)

    【ゲスト】
    橋本英樹(東京大学大学院医学系研究科 教授)
    【トークテーマ】
    「日本の子供の6人に1人。深刻化する“相対的貧困”問題」
    安倍政権の「新三本の矢」にも盛り込まれた「子供の貧困問題」。経済協力開発機構(OECD)の定義では いま日本の子供の6人に1人が一般的な社会生活を送るためのお金が足りない“相対的貧困”状態にあるとされている。 相対的な貧困は、子供の健康に大きな影響を及ぼし、成長し社会に参加する機会を奪われることにもつながり、 将来を大きく左右することにもなるという。 果たして、日本における貧困の実態は?問題解決のための方策は?専門家に詳しく聞く。

    コンビニ再編の行方

  • 2015年 10月21日(水)

    【ゲスト】
    森雅彦(DMG森精機社長)
    【トークテーマ】
    「世界最大の工作機メーカー 近未来の工場はこう変わる!」
     工作機械では日本以上に歴史を持つドイツのDMG社。2009年に資本提携、今年5月に子会社にし、世界最大の工作機械メーカーとなったDMG森精機。誇り高いドイツ人とどのように協業を進めているのか。また、世界の工場を知る森氏に、日本の工場はどう変わらなければならないか、最新の工作機械、金属の3Dプリンターとはどのようなものかを聞く。

    脱・貿易赤字国へ

  • 2015年 10月20日(火)

    【ゲスト】
    前泊博盛 (沖縄国際大学教授)
    【トークテーマ】
    「辺野古埋め立て承認取り消しで基地問題の今後はどうなる」
    ~政府と法廷闘争も!?沖縄はどこへ向かうのか/アメリカ、中国は今回の動きをどう見ているのか/普天間以外に“飛び火”する可能性は?専門家が徹底検証/政府が進める安保法制整備にいかなる影響を与えるのか~

    「中央アジア」で絡み合う日中露の思惑

  • 2015年 10月19日(月)

    【ゲスト】
    小泉光臣(JT=日本たばこ産業社長)
    【トークテーマ】
    「JTのM&Aに学ぶ買収成功の方程式」
    RJRナビスコ、ギャラハーと大型買収により世界市場で着実に存在感を増している日本たばこ産業(JT)。スタジオでは小泉光臣社長に買収を成功させる要諦を聞きます。マイルドセブンをメビウスにするなど思い切ったブランド戦略や、飲料事業の売却に至ったトップの重い決断についても聞いてみます。

    本格化する決算発表の注目点

  • 2015年 10月16日(金)

    【ゲスト】
    小谷みどり(第一生命経済研究所 主席研究員)
    【トークテーマ】
    「シニアの婚活 多様化する幸せのカタチ」
    生涯未婚者や熟年離婚の増加を背景に、新たなパートナーを求めるシニアが増えている。それに伴い、結婚情報サービスやサークル活動など、出会いの場を提供するビジネスも活況だ。シニアがパートナーに求めるのは、通い婚、週末婚、同居など様々で、必ずしも入籍にはこだわらないという。シニアが求めている“幸せ”とはどんなものか。シニアの婚活の実態を探る。

    インドネシア高速鉄道 受注逃した理由は

  • 2015年 10月15日(木)

    【ゲスト】
    川上憲人(東京大学大学院精神保健学 教授)
    【トークテーマ】
    「うつ病早期発見につながるか?12月より義務化される「ストレスチェック制度」徹底解説」
    12月から従業員50人以上の企業に対し、従業員の心理的負担の程度を測定する「ストレスチェック」が義務化される。 職場でのうつ病などの早期発見することが目的とされているが、チェックを受けるビジネスパーソンの立場からすると 「うつ病などの兆候が会社に知られ、不利益な扱いを受けるかも知れない」など心配な点がいくつかある。 従業員のプライバシーはきちんとに守られるのか? また企業はこのストレスチェックをどう活用し、職場環境の改善につなげればいいのか? 企業のメンタルヘルスの専門家に詳しく聞く。

    揺れる沖縄 基地移設問題

  • 2015年 10月14日(水)

    【ゲスト】
    矢島洋子(三菱UFJリサーチ&コンサルティング 主席研究員)
    上田浩美(有限会社ぽけっと 代表)
    【トークテーマ】
    「シリーズ 点検「新三本の矢」(3) 介護離職ゼロの可能性」
    3回目のシリーズは三本目の矢の「安心につながる社会保障 介護保障ゼロ」について読み解きます。一億総活躍社会のために、なぜ介護離職ゼロなのか。介護離職だけではなく、隠れ介護をする人はどれだけいるのか。また、介護離職ゼロを実現するために、どのような方策があるのか。そもそも在宅介護を提唱してきた政府が、なぜ特別養護老人ホームなどの施設を充実しようとしているのか。介護政策を長年分析してきた三菱UFJリサーチ&コンサルティングの矢島洋子さんと、介護の現場をよく知る上田浩美さんに聞く。

    中国と東南アジア 対立は新局面

  • 2015年 10月13日(火)

    【ゲスト】
    中村紀子(ポピンズ代表取締役CEO 日本女性エグゼクティブ協会代表)
    【トークテーマ】
    「シリーズ 点検「新三本の矢」(2) 出生率1.8j実現への道のり」
    ~“高齢化ニッポン”に秘策はあるのか?人口回復実現へのシナリオ/出口が見えない待機児童問題…解決を阻む“規制の壁”/「育休制度」の充実は進んでいるのか、現場が抱える課題と苦悩/「子育て支援」に本当に必要なものとは?保育業界のパイオニアが大胆提言!~

    インド「モディノミクス」に異変

  • 2015年 10月12日(月)

    【ゲスト】
    本田悦朗(内閣官房参与)
    【トークテーマ】
    「シリーズ 点検「新三本の矢」(1) GDP600兆円の実現性を問う」
    安倍総理大臣が打ち出した新しい3本の矢を点検します。3回シリーズの初回は、名目GDP600兆円について。「アベノミクスは第2ステージに移る」と宣言し、今までの3本の矢の検証もそこそこに、新しい3本の矢を発表した安倍総理。2014年度490兆円のGDPを20年度に600兆円に増やすというが、一体どうやって?

    課題山積の東京五輪

  • 2015年 10月9日(金)

    【ゲスト】
    中村清吾(昭和大学病院医学部乳腺外科教授)
    【トークテーマ】
    「妻や恋人に乳がんが見つかったら―家族が知るべきこと」
    いま12人に1人の女性が患う乳がん。早期発見して適切な治療を受ければ高い確率で治癒するといわれているが、女性の社会進出や食生活の欧米化を背景に、患者数は急増している。こうしたなかで、社会や企業、そして家族は、女性をどうやってサポートすべきなのか。乳がん治療の第一人者に、心得と最新の治療技術を聞く。

    「秋の味覚」サンマ漁獲量激減

  • 2015年 10月8日(木)

    【ゲスト】
    五木寛之(作家)
    【トークテーマ】
    「作家・五木寛之が語る“嫌老社会”と高齢者が稼ぐ経済再生プラン」
    超高齢社会の日本。「下流老人」「老後破綻」といった不安がある一方で、「お金を貯めこんでいる」「医療費を使いすぎている」「年金で優遇されている」といった理由から 若者の高齢者への反発が広がっていると危惧している人物がいます。今年83歳の作家・五木寛之さんです。 現代日本の広がり始めているこの“嫌老感”をどう解決していけばいいのか?また高齢者たちは今後、社会においてどういう役割を担っていけばいいのか?

    CEATECでみる国内IT新技術

  • 2015年 10月7日(水)

    【ゲスト】 鶴原吉郎(技術ジャーナリスト/オートインサイト代表)
    【トークテーマ】 「何がフォルクスワーゲンを不正に走らせたのか?今後のエコカー市場を読みとく」
     フォルクスワーゲンのディーゼル乗用車の排ガス試験問題で世界が揺れている。プログラムの不正を一体どのように行ったのか。過去最大規模の1100万台のリコールでこの問題は収束となるのか。アメリカでの排ガス試験、さらにはトヨタやGM、日産ルノーとのエコカー競争などVWが不正に走った背景を、技術ジャーナリストの鶴原吉郎氏に聞く。ディーゼル車、電気自動車、水素自動車の業界地図に変化はあるのか?

    TPP交渉の舞台裏

  • 2015年 10月6日(火)

    【ゲスト】
    冨田和成 (ZUU社長兼CEO)
    【トークテーマ】
    「「課税強化時代」の富裕層生き残り術とは」
    ~なぜ?富裕層が“急増”するワケとは/ポイントは「圧縮」と「運用」…富裕層と相続税の意外な関係/儲けるためにローン組む?富裕層が熟知する“お金を生み出す”ための活用法/富裕層“狙い撃ち”の中海外資産をどう生かす~

    TPP大筋合意 日米にとっての意義

  • 2015年 10月5日(月)

    【ゲスト】
    田邊政行(田邊国際税務事務所代表)
    【トークテーマ】
    「国税が狙う富裕層 10項目の選定基準」
    「取れるところから取る」。国税当局が富裕層への課税を強化しています。お金持ちの選定基準は、所得が計1億円以上、株の年間配当4000万円以上など全部で10項目あるようです。さて、あなたはあてはまりませんか?

    いよいよ始動 マイナンバー制度の課題

  • 2015年 10月2日(金)

    【ゲスト】
    久保利英明(弁護士 日比谷パーク法律事務所代表)
    【トークテーマ】
    「東芝の暴走を厳しくチェック 会計不祥事の解明に第三者の目」
    東芝問題は日本企業全体の信頼低下につながる事態に発展した。9月30日水曜日に行われる東芝の臨時株主総会。 11人の取締役が選任されて新体制のもと信頼回復に取り組むが、道のりは平坦ではない。 企業統治に詳しい久保利英明弁護士は、東芝が発表した第三者委員会の報告書を“100点満点中30点で落第点”と評価する。 この先、何をどう改革するべきなのか。また、日本企業が信頼を回復するには―。

    「ヨドバシ」 通販強さの秘密

  • 2015年 10月1日(木)

    【ゲスト】
    蔡兆申(東京理科大学教授/理研チームリーダー)/竹内薫(サイエンスライター)
    【トークテーマ】
    「スパコンをはるかに凌ぐ計算スピード!量子コンピューターが開く未来」
    パソコンだと1兆年以上かかるインターネット用の通信暗号の解読を、わずか数分でこなすことが理論的に証明されていて、 現在のコンピューターとは全く異なる動作原理で動く「量子コンピューター」。米グーグルや米航空宇宙局がすでに導入しているという。 研究開発と実用化がもっと進めば、計り知れないビジネス上のインパクトをもたらすという量子コンピューターの可能性について 基礎技術開発の第一人者・蔡兆申さんと、サイエンスライターの竹内薫さんに聞く。

    景気の不透明感 企業心理の重しに