この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます

バックナンバー

  • 2019年 10月31日(木)

    キャッシュレスは日本に根付くのかゲスト:福田好郎(キャッシュレス推進協議会 事務局長・常務理事)

    消費税率アップに伴い始まったキャッシュレス決済のポイント還元策。 導入から約1カ月が経過した今、還元策、そしてキャッシュレス決済の課題を専門家と検証します。キャッシュレス決済は欧米並みに定着するのでしょうか。普及のカギは。

  • 2019年 10月30日(水)

    急成長クルーズ船市場!横浜「新港」も拡大後押しゲスト:坂本深(日本外航客船協会 会長)田中三郎(みなと総合研究財団)

    日本でクルーズ船の市場が急拡大している。 短期型でお手頃な価格の商品が出てきたことで国内旅客の需要が伸び、国内クルーズ人口は直近3年で5割近く増えた。訪日客の利用も増えており、今月末に開業する横浜の新ターミナルも市場拡大に寄与しそうだ。 クルーズ船市場の課題と今後を専門家とともに考える。

  • 2019年 10月29日(火)

    逆風に負けない!‶消費増税銘柄”とは?ゲスト:小川佳紀(岡三証券 シニアストラテジスト)

    10月1日から消費税率が10%に引き上げられた後、家計への影響はあまりないというが、企業の業績にはどう影響しているのか。消費増税の逆風に負けない企業とは。特集では、消費増税をビジネスチャンスとして見出す企業を取材し”消費増税銘柄”を徹底分析する。また、今週から本格化している3月期決算企業の決算を解説する。

  • 2019年 10月28日(月)

    米FOMC最後の利下げとなるか?日銀はどう動くゲスト:小野亮(みずほ総研研究所 欧米調査部・主席エコノミスト)

    景気減速を未然に防ぐ異例ともいえる「予防的利下げ」を再び決断するのか?相変わらず好調が続いてるとみられるアメリカ経済だが、「予防的利下げ」に下支えされた一面もある。今回で利下げ打ち止めとなれば先行きはどうなっていくのか?そして、日銀は「マイナス金利の深堀」が噂されているが、打つ手はあるのか?

  • 2019年 10月25日(金)

    「ビジネス闘論」日本企業なぜ負ける!?夢の材料実用化ゲスト:テン飛(シーワン・テクノロジー 董事長)

    経営者と熱く議論を闘わせる「ビジネス闘論」。2回目ゲストはシーワン・テクノロジーの鄧飛董事長です。都内にあるカーボンナノチューブの試作設備を榎戸教子キャスターが取材しました。日本企業に先駆けて量産できた秘密とは。

  • 2019年 10月24日(木)

    トランプ大統領の中東政策の本音・日本への影響は?ゲスト:高橋和夫(国際政治学者)

    トランプ大統領は「アメリカ人の血を一滴も流すことなく戦闘停止に合意した。」と自らの成果を強調。しかし、トランプ政権が米軍のシリア北部からの撤退をきっかけに始まったトルコの軍事作戦。5日間の停戦が終わると中東情勢はどうなるのか?「世界の警察」を放棄しつつあるトランプ政権。中東だけでなく、日本にも影響はあるのか?

  • 2019年 10月23日(水)

    東京モーターショー見どころを詳しくゲスト:奥山清行(工業デザイナー)田嶋伸博(タジマモーターコーポレーション 会長兼社長)田中暁人(日本経済新聞 編集委員)

    東京モーターショーが開幕します。 空飛ぶ自動車・二輪車など「超次世代型」の乗り物が登場。また、自動車メーカー以外の異業種からの出展に注目します。クルマ離れが広がっているといわれる中、加速する技術革新。著名工業デザイナー、奥山清行氏らをゲストに迎え、未来の移動手段の姿を大胆に予見します。

  • 2019年 10月22日(火)

    老眼・スマホ老眼など眼の老化を考えるゲスト:平松類(眼科専門医・二本松眼科病院)

    老眼だけでなく、若者の間でも広がっている「スマホ老眼」に注目。目の老化を防ぐにはどのような対処が必要なのか。また、どのような生活習慣が望ましいのか。専門医に聞きます。

  • 2019年 10月21日(月)

    ニッポン大停電時代 知られざる真実ゲスト:瀧口信一郎(日本総研 創発戦略センターシニアスペシャリスト)栗本優(日本経済新聞 企業報道部記者)

    東日本各地で甚大な被害をもたらした台風19号。9月の台風15号は千葉県で大規模停電を引き起こしたが、原因は送電線や鉄塔の老朽化だけではないという。背景にあるのは16年の電力の全面自由化だというのだ。日本に大停電時代が訪れるリスクが高まる中、意外な事実が浮き彫りになってきた。電力をどう確保するか、対策を探る。

  • 2019年 10月18日(金)

    韓国人観光客激減“その先”国境の島・対馬の試練ゲスト:向山英彦(日本総研)

    特集は「韓国のリアル」の2回目。訪日韓国人旅行者の急減で、その影響が最も大きいといわれる長崎県対馬市と、日本へ向かうフェリーのターミナルがある釜山を取材する。旅行者急減で韓国内では何が起きているのか。

  • 2019年 10月17日(木)

    韓国のリアル!反日から反文在寅へ韓国経済の行方ゲスト:金明中(ニッセイ基礎研究所 准主任研究員)

    最新の文政権の支持率は41.4%と就任以来最低を記録した。支持率低下のきっかけのひとつがチョ・グク氏の一連のスキャンダル。さらに韓国経済の低迷。経済政策の失敗による収入格差で労働者の不満が溜まっているという。「三放世代」という言葉も・・・。「恋愛・結婚・出産」を諦めた世代。若者たちの不満も溜まっているという。韓国経済の行方について。

  • 2019年 10月16日(水)

    2020変わる東京1 観光立国へ・カギ握る羽田国際線増便ゲスト:竹内健蔵(東京女子大教授)森山浩行(みずほ総研)

    2020年は東京五輪を始め、日本の産業や社会が一変する転機の年となる可能性がある。 20年に向け、動き出す変化の波をシリーズで伝える。初回は来春、国際線の発着数が1.6倍に増える羽田空港を取り上げる。周辺も含めた羽田の機能強化は20年に4000万人を目指す政府の訪日客受け入れ計画のカギを握る。

  • 2019年 10月15日(火)

    香港デモ!知られざる実態に迫るゲスト:倉田徹(立教大学 教授)

    香港各地にある中国系の銀行が破壊されているだけでなく、「スターバックスコーヒー」や「元気寿司」「吉野家」までも襲撃されている。なぜ「スターバックス」や「吉野家」なのか?そして香港現地の報道はどのような目線で報じているのか。現地からのリポートと香港デモの実態について。

  • 2019年 10月14日(月)

    IT見本市に異変!タクシーや自治体も出展…狙いは?ゲスト:関口和一(日本経済新聞 客員編集委員)

    国内最大規模のIT(情報技術)見本市「シーテック」に異変が起きている。ソニーが6年ぶり復帰し注目が集まっている。家電メーカーが減少する一方でANAの初出展やタクシーや自治体など異業種が目立つ。その狙いとは?

  • 2019年 10月11日(金)

    京都大学を追い抜け!永守流大学経営の真髄に迫るゲスト:永守重信(日本電産 会長兼CEO)中山淳史(日本経済新聞 コメンテーター)

    経営者と熱く議論を闘わせる「ビジネス闘論」。初回のゲストは日本電産の創業者で会長兼CEO(最高経営責任者)の永守重信氏。京都先端科学大学を運営する法人の理事長として取り組む、永守流のヒトづくりの真髄に迫ります。

  • 2019年 10月10日(木)

    イギリス人もわかっていない!?"難解”ブレグジットの真実ゲスト:山下一仁(キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹)

    イギリスのブレグジットが今月末に迫る。離脱の発端は移民問題だが、ここにきて北アイルランドとアイルランドの国境問題が表面化。複雑化するブレグジットだが、イギリス人もよくわかっていないという。"難解”ブレグジットの真実を解説する。

  • 2019年 10月9日(水)

    進化するタクシー・IT活用で「快走」なるかゲスト:貝瀬斉(ローランド・ベルガー パートナー )

    長らく低迷が続いたタクシー業界が進化中だ。データ収集を狙った異業種の参入もあって配車アプリが続々と登場。待ち時間やルート検索、決済も格段に便利になった。アプリへの加盟で業績が上向くタクシー会社も出てきた。中長期的には次世代の交通サービス「MaaS(マース)」普及などをにらんだ構造変化への対応について専門家と考える。

  • 2019年 10月8日(火)

    米大統領選の裏側に迫る!ウクライナ疑惑の真相ゲスト:グレン・S・フクシマ(米先端政策研究所 上級研究員)

    トランプ大統領がウクライナ政府に野党・民主党バイデン前副大統領の調査を働きかけた問題が波紋を広げている。2人目の内部告発者が現れたことにより、事態はどう展開していくのか?来年の11月に迫る米大統領選にどう影響していくのか?元アメリカ通商代表部で政権内部の事情に詳しいグレン・S・フクシマ氏にトランプ政権の裏事情を聞く!

  • 2019年 10月7日(月)

    残業は“感染”する!?減らすカギは…ゲスト:小林祐児(パーソル総合研究所 主任研究員)

    残業がなぜ減らないのかを様々な視点で紐解く。専門家によると残業は「感染」し「遺伝」するという。残業が増えるメカニズムを明らかにして減らすためにはどうすればいいのか、明日から出来るその対策を紹介する。

  • 2019年 10月4日(金)

    緩和頼みの株高“宴”は終わりか?ゲスト:若生寿一(野村証券)三浦豊(みずほ証券)

    株高の「宴」は終わりなのか。米国の経済指標が低調なことなどを受け、景気後退入りへの懸念が一段と高まっている。今後、株式市場はどう動くのか。「強気派」「弱気派」それぞれの市場のプロに聞く。

  • 2019年 10月3日(木)

    ドローン無人機で変わる戦争!各国開発競争ゲスト:小泉悠(東京大学先端科学技術研究センター特任助教)

    先月、サウジアラビアの石油施設が攻撃された際にも数十機の自爆ドローンとミサイルだといわれている。アメリカやロシア、そして中国が開発に力を入れており、軍事用のドローンは手に乗るような小さなものから翼の幅がボーイング737旅客機と同じくらいの大きさで48時間連続して飛行できるものまである。 今後の戦争の在り方が一変する可能性があるドローン無人機について専門家が検証する。

  • 2019年 10月2日(水)

    5G元年、新技術を使いこなし勝者となるには?ゲスト:亀井卓也(野村総合研究所)田中暁人(日本経済新聞)

    次世代移動通信システム、5G。これまで以上に大容量の動画をやり取りすることが可能になり、開催中のラグビーW杯日本大会では臨場感あふれる高精細な映像を提供し、パブリックビューイングを支えています。莫大な経済効果も期待される中、2020年の商用化に向けて動きを本格化させる新技術の普及への課題を探ります。

  • 2019年 10月1日(火)

    日本経済の行方に暗雲・西村大臣に聞く景気刺激の処方箋ゲスト:西村康稔(内閣府特命担当大臣 経済財政政策)

    米中貿易戦争の先行きが見通せない中、日本経済にも暗雲が立ち込めてきました。消費増税に踏み切った日本に何が待ち受けているのでしょうか。世界で「金融緩和競争」が加速する中、日銀の対は。今夜の放送では日銀短観を詳報。また、西村康稔経済財政・再生大臣をスタジオに招き、消費増税の景気への影響や景気下支え策、成長戦略の行方について詳しく聞きます。