この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます

バックナンバー

  • 2019年 1月21日(月)

    北方領土問題の行方は・日露首脳会談を大胆に展望ゲスト:河東哲夫(外交評論家、元駐露公使、元駐ウズベキスタン大使)

    目前に迫った日露首脳会談で、長年の懸案、北方領土問題は前進するのでしょうか。ロシア情勢に詳しい外交評論家、河東哲夫氏をスタジオに招き、大胆に展望します。

  • 2019年 1月18日(金)

    おつりやポイントを運用! 新しい投資術ゲスト:鈴木さや子(ファイナンシャルプランナー)

    特集では「おつり投資」「ポイント投資」といった新しい資産運用術に迫ります。

  • 2019年 1月16日(水)

    混迷ブレグジットと欧州経済の行方ゲスト:山崎加津子(大和総研 主席研究員)

    3月末の予定通りに英国の欧州連合(EU)離脱は実現するのでしょうか?漂流の危機にあるブレグジットの最新交渉状況を解説します。欧州経済についても分析します。

  • 2019年 1月15日(火)

    乳がん発見の切り札か・微弱電波マンモグラフィに注目ゲスト:木村建次郎(神戸大学 数理・データサイエンスセンター教授)

    死亡リスクが高いとされる乳がん。早期発見の可能性が高まるという最新の検診技術に注目します。弱い電波を用いた技術を開発した専門家と受診率向上への道筋を考えます。

  • 2019年 1月14日(月)

    韓国経済はピンチか!? 朝鮮半島情勢どうなる? ゲスト:向山英彦(日本総研)コメンテーター:峯岸博(日本経済新聞 編集委員)

    韓国経済の減速が鮮明だ。半導体や自動車などの主要産業が低迷し、今年の成長率は2%台半ばに低下する見通しだ。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日の記者会見で、これまでの分配重視の経済政策で成果が出ていないことは認めたものの、方針転換は否定した。韓国経済減速の元凶は何か、また、日本への影響は。専門家に聞く。

  • 2019年 1月11日(金)

    冬物衣料セール本格化・値下げの“からくり”に迫るゲスト:染原睦美(日経BP 記者)

    年明けから冬物衣料のバーゲンセールが本格化。半額以下になるケースもあり、大手百貨店などは賑わいを見せています。果たして衣類はどのように値付けされているのか。売れかった服は廃棄されるのか。消費者が知らない「アパレル業界の常識」に迫ります

  • 2019年 1月10日(木)

    キャッシュレス時代到来!得する使い方とは?ゲスト:風呂内亜矢(ファイナンシャルプランナー)

    経産省によると日本のキャシュレス決済比率は2016年で20%で韓国や中国が50%を超えている中、まだ少ないのが現状。どう使うのか、何が得なのか、どんな種類があるのか等、分かりにくいという声も。自分の生活にあったモノとは、支払いのタイミングや操作方法が分かりやすいモノなど専門家がアドバイス。

  • 2019年 1月9日(水)

    番組30分拡大で激論!今年の相場ゲスト:広木隆(マネックス証券 チーフ・ストラテジスト)窪田朋一郎(松井証券 シニアマーケットアナリスト)井出真吾(ニッセイ基礎研究所 チーフ株式ストラテジスト)

    2019年株式相場を3人のアナリストが多角的に予想します。

    日欧EPAで食品は安くなるかゲスト:田中陽(日本経済新聞 編集委員)

    2月1日に発効する日本と欧州の経済連携協定(EPA)で、ワインやチーズの値下げの動きが出ています。私たちの生活への影響を考えます。

  • 2019年 1月8日(火)

    どうなるマンション市況・19年動向を多角的視点で展望ゲスト:井出武(東京カンテイ 上席主任研究員)

    内外で景気にじわりと不透明感が漂い始める中、不動産相場に暗雲か。専門家とともに今年のマンション市況を多角的な視点から展望します。

  • 2019年 1月7日(月)

    ヒット予測2019!! 今年は黒船が襲来!?SFが正夢に!? ゲスト:佐藤央明(日経トレンディ 編集長)

    特集は「ヒット予測2019」。今年は5月の改元や9月のラグビーワールドカップ、10月の消費増税など、消費にインパクトのあるできごとが相次ぐ。どんなモノやサービスが流行し、それは私たちの生活をどう変えるのか。「黒船が襲来」し、「SFが正夢」になると予測する「日経トレンディ」の編集長に聞く。

  • 2019年 1月4日(金)

    2019年の世界を大予測

    新年初回の「日経プラス10」は、独自視点で2019年を大胆予測!番組コメンテーターの日本経済新聞編集委員や、英フィナンシャル・タイムズが考える2019年の予測とは…!?