この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます

バックナンバー

  • 2016年 4月29日(金)

    【ゲスト】
    高英起(デイリーNKジャパン編集長)
    【トークテーマ】
    「北朝鮮が36年ぶり党大会 金正恩氏の狙いは?」
    北朝鮮の朝鮮労働党が36年ぶりの党大会を5月6日に平壌で開く。なぜこのタイミングなのか。そして、金正恩第1書記の狙いは何か。

    「パナマ文書」広がる波紋

  • 2016年 4月28日(木)

    【ゲスト】
    宮田亮平(東京芸大学長/文化庁長官)
    【トークテーマ】
    「ついにエンブレム決定!選考の舞台裏で何があったのか!?」
    東京2020東京五輪の大会エンブレム委員長である宮田亮平氏が生出演!選考の舞台裏で何があったのかを聞く!

    日銀 追加緩和見送りの背景は

  • 2016年 4月27日(水)

    【ゲスト】
    鶴原吉郎(オートインサイト代表・技術ジャーナリスト)
    【トークテーマ】
    「三菱自動車 燃費偽装62万台 経営への影響は?」
    三菱自動車はなぜ燃費を偽装したのか。燃費を決める測定方法の盲点をついたとも言える不正は、どのように行われていたのか。不正に手を染めた背景には何があったのか?

    多剤耐性菌 懸念の背景と対策

  • 2016年 4月26日(火)

    【ゲスト】
    坂口孝則(未来調達研究所)
    【トークテーマ】
    「熊本地震 サプライヤー寸断が再び 企業のリスクと対策」
    熊本を襲った地震の影響がサプライチェーンにも。
    自然災害の多い日本で企業はどの様なリスクを負い、その対策はどうすればいいのか?

    補選結果の読み方と今後の政局展望

  • 2016年 4月25日(月)

    【ゲスト】
    松浦寿雄(野村證券シニアストラテジスト) 棚瀬順哉(JPモルガン・チェース銀行チーフFXストラテジスト)
    【トークテーマ】
    「日銀の次の一手は?株と為替はどう動く」
    27日からの決定会合で日銀はどう動くのか。円高とデフレの流れは止められるのか。株と為替の専門家が金融政策とマーケットの今後を大胆予測。

    地方創生に新たな動き

  • 2016年 4月22日(金)

    【ゲスト】
    進藤奈邦子(世界保健機関 健康安全局流行感染症部 調整官)
    【トークテーマ】
    「エボラやジカ熱どう克服!? 感染症対策 インバウンドのリスク」
    エボラ出血熱やジカ熱など国際的な脅威である感染症に日本はどう対応するのか。世界保健機関(WHO)の職員として世界の最前線で活躍する日本人調整官に聞く。

    中国の家電見本市 市場の潜在力は

  • 2016年 4月21日(木)

    【ゲスト】
    西原博史(早稲田大学社会科学部教授)
    【トークテーマ】
    「もはやプライバシーは存在しない?増殖する防犯カメラと監視社会」
    全国で300万台以上と言われる防犯カメラ。主に犯罪抑止や、警察捜査などに役立てられているが、設置や運用に関するルールが曖昧なため、本来の目的ではない別の用途で利用されたり、撮られる側のプライバシーを巡ってトラブルも起きているという。増殖を続ける防犯カメラの問題点を早稲田大学の西原博史教授に聞く。

    ブランド力にみる「勝ち組の法則」

  • 2016年 4月20日(水)

    【ゲスト】
    勝見明(経済ジャーナリスト)
    【トークテーマ】
    「セブン&アイ新人事決定 鈴木会長引退表明の真相」
    19日に決定するセブン&アイ・ホールディングスの新しい経営体制。創業家との対立があったと言われているが本当にそうなのか?今後のセブン&アイHDの行方は?

    ミャンマー新政権の課題

  • 2016年 4月19日(火)

    【ゲスト】
    岩瀬昇(エネルギーアナリスト)
    【トークテーマ】
    「産油国会合「増産凍結」見送り 各国の思惑と市場の行方」
    主要産油国が17日にカタールで開かれた増産凍結に向けた協議は合意に至らなかった。各国の思惑は何なのか?そして、今後の市場の行方は?専門家を招き徹底検証!一時は今回の会合で「増産凍結」合意という声もあったが、原油増産を掲げるイランの不参加、サウジアラビアとロシアの利害関係なども絡み、各国の意見が平行線。市場では失望感が広がり、需給の緩みが長引くとの見方から失望売りが広がっている。

    鈴木会長引退後のセブン&アイ

  • 2016年 4月18日(月)

    【ゲスト】
    倉都康行(RPテック代表取締役 国際金融アナリスト)
    【トークテーマ】
    「欧州リスクに注意!英EU離脱で世界はどうなる」
    英国のEU離脱を問う国民投票まであと2か月。離脱が決まった場合、欧州や世界にどう影響するのか。日本は大丈夫なのか。徹底検証します。

    「熊本地震」今後の注意点

  • 2016年 4月15日(金)

    【ゲスト】
    安永竜夫(三井物産社長)
    【トークテーマ】
    「32人抜き商社社長 逆境をどう乗り越えるか!?」
    資源価格の下落によって、総合商社の資源ビジネスが曲がり角を迎えている。資源の依存度が高い三井物産や三菱商事は史上初の赤字決算となる見込みだ。この危機をどう乗り越えるのか。去年、32人抜きで社長に就任した安永竜夫社長に戦略を聞く。

  • 2016年 4月14日(木)

    【ゲスト】
    秋元哲夫(国立がん研究センター東病院 放射線治療科長)
    【トークテーマ】
    「4月から先進医療の一部が保険適用に!日本のがん治療どう変わる」
    これまで先進医療として行われていた、がんの粒子線治療のうち「小児がんの陽子線治療」と、 手術が難しいとされる「骨や筋肉にできた腫瘍の重粒子線治療」が今月から保険適用になった。 約300万円という高額な治療費を、これまで患者が全額自己負担していたものが大幅に軽減される。 粒子線治療の最前線と、今後、保険適用となるがんの種類の展望について専門医に詳しく聞く。

    G20開幕 株価と為替の行方は

  • 2016年 4月13日(水)

    【ゲスト】
    李鍾元(早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授)
    【トークテーマ】
    「韓国総選挙の投開票 朴政権3年の評価 日韓関係にどう響く」
     与党も、野党も内部分裂し、総選挙が行われる韓国。朴槿恵(パク・クネ)政権は安定した基盤をつくれるのか。慰安婦問題に関する日韓合意で、関係が改善しいるが、ブレーキがかかることはないのか?総選挙の開票状況をお伝えしつつ、日韓関係の政治、経済の行方を早稲田大学の李鐘元教授に伺います。

    ビットコイン 現状と普及への課題

  • 2016年 4月12日(火)

    【ゲスト】
    柯隆 (富士通総研主席研究員)
    【トークテーマ】
    「中国・習近平体制で何が起きているのか」
    ~盤石に見える政権運営の一方で浮かび上がってきた“歪み”とは/「腐敗撲滅」が進む一方でなぜ?不正が暴露された「パナマ文書」が与える影響/情報統制から垣間見える習近平国家主席の“焦り”とは/すでに「ポスト習」をめぐる動きも!?チャイナ・セブンが水面下で繰り広げる権力闘争の行方は~

    対ロシア外交 日本の思惑は?

  • 2016年 4月11日(月)

    【ゲスト】
    木野内栄治(大和証券チーフテクニカルアナリスト) 三浦豊(みずほ証券シニアテクニカルアナリスト)
    【トークテーマ】
    「どうなる日本株? トップアナリストが大胆予測」
     円高ドル安の進行で、日経平均株価は3月末から大きく下げました。決算発表シーズンをひかえ、頼みの企業業績にも不透明感が漂っています。1年後にはどうなっているのか。回復に向かう条件とは。日本を代表する2人のアナリストが徹底解説します。

    住宅ローン借り換え術

  • 2016年 4月8日(金)

    【ゲスト】
    奥野祐次(江戸川病院運動器カテーテルセンター長)
    【トークテーマ】
    「肩 腰 膝 長引く痛みの原因は血管が9割!?」
    肩や腰、膝などの長引く痛みは、その9割が血管の異常が原因だという。その痛みをカテーテルを用いて治療する医師に、痛みのメカニズムと治療法を聞く。

    ビール市場 生存競争は最終局面へ

  • 2016年 4月7日(木)

    【ゲスト】
    萩原栄幸(日本セキュリティ・マネジメント学会 常任理事)
    【トークテーマ】
    「“デジタル遺品”トラブルを防ぐための上手なパスワード管理法」
    「デジタル遺品」とは、PCやスマホに残された故人のあらゆるデータのこと。 例えば、パスワードが分からないため、故人のPCを遺族が放置していると、 深刻な金銭トラブルに発展してしまうというケースもあるという。 そうならないための生前整理やパスワード管理の上手な方法を詳しく聞く。

  • 2016年 4月6日(水)

    【ゲスト】
    山崎元(楽天証券経済研究所 客員研究員)
    【トークテーマ】
    「タンス預金急増!マイナス金利の今 本当にお得? 」
     マイナス金利の現在、金庫が売れている。銀行に預けていても普通用金金利は0.001%。100万円預けても、1年で10円しか増えない。マイナンバー制の導入もあるが、マイナス金利を決定後、現金の流通量も上昇。タンス預金が急増していると考えられる。しかし、タンス預金は本当に得なのか。経済やマーケット、資産運用にも詳しい楽天証券経済研究所の山崎元氏に聞く。

    「イスラム国」 ヨーロッパでテロ相次ぐ

  • 2016年 4月5日(火)

    【ゲスト】
    片岡剛士 (UFJリサーチ&コンサルティング主任研究員)
    熊野英生(第一生命経済研究所首席エコノミスト)
    【トークテーマ】
    「判断時期が近づく「消費増税」 取るべき選択は!?」
    来年4月、消費税10%への再増税をするべきか、しないべきか―。予定どおり増税した場合、景気の行方は?

    日中関係の行方

  • 2016年 4月4日(月)

    【ゲスト】
    石澤卓志(みずほ証券上級研究員)
    【トークテーマ】
    「住宅は買い時か? 検証!マイナス金利の副作用」
     日経ヴェリタスとの連動企画。マイナス金利政策により住宅ローン金利下がっていますが、今、家を買う人たちにとってプラスなのでしょうか?不動産価格が上昇しており、 バブルを引き起こす懸念はないのでしょうか。マイナス金利の副作用を警戒するみずほ証券の石澤卓志氏をゲストに招き、検証します。

    「ウーバー」と規制緩和を巡る問題

  • 2016年 4月1日(金)

    【ゲスト】
    山田能伸(ドイツ証券 シニアアナリスト)
    【トークテーマ】
    「地銀再編今後3年で数が半減!? あなたの町の銀行は?」
    4月1日、経営統合した3つの地方銀行が誕生する。地銀再編の動きは今後さらに加速するといわれ、ドイツ証券の山田能伸氏は「今後3年間で半減する」と断言する。なぜか。また、再編によって銀行のサービスはどう変わるのか。検証する。

    日米韓首脳会談から北朝鮮問題を分析