この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます

バックナンバー

  • 2015年 12月25日(金)

    【ゲスト】
    豊島逸夫(経済アナリスト・豊島逸夫事務所代表)
    【トークテーマ】
    「2016年 マーケット予想 ニッポンを脅かす世界3大リスクとは?」
    2016年の株式、為替はどう動くのか。また、日本の成長を脅かす世界のリスクは何か。経済アナリストの豊島逸夫氏が想定される3つの具体例を挙げ、備えや対策について考える。

    COP21 現場取材で見えた裏側

  • 2015年 12月24日(木)

    【ゲスト】
    松本泰明(電通総研 主任研究員)/竹内謙礼(経営コンサルタント)
    【トークテーマ】
    「ヒットのキーワードは何か?2016年消費動向大胆予測」
    北陸新幹線開業による「北陸ブーム」や、訪日客による「爆買い」「インバウンド」」などが話題となった2015年。 今後の景気が不透明な中、2016年はどんなモノ・場所・サービスがヒットするのか? 消費傾向を読み解くのキーワ-ドは何か?トレンド分析の第一人者をゲストに迎え、徹底トーク。

    安倍政権発足4年目 2016年の展望

  • 2015年 12月23日(水)

    【ゲスト】
    後藤厚宏(情報セキュリティ大学院大学教授・内閣府プログラムディレクター)
    【トークテーマ】
    「サイバーテロはこう防げ! インフラを守るリアルな話」
    東京オリンピック・パラリンピックを迎えるにあたってのもう一つの課題が「サイバーセキュリティー」対策。今年4月中東の過激派組織「イスラム国」がフランスのTV局をサイバー攻撃し、放送不能の状態に。過去にもロンドン五輪で、サイバー攻撃を受け、開会式が停電する寸前だったという。サイバー攻撃は貧者の武器と言われるように、今後テロリストが社会混乱を招くために用いる可能性が高まっている。これに対して、日本はどのような対策を取ろうとしているのか。内閣府で戦略的イノベーションプログラムのサイバーセキュリティーに関するプログラム・ディレクターを務める後藤厚宏氏に聞く。

    止まらない?原油安

  • 2015年 12月22日(火)

    【ゲスト】
    森山高至 (建築エコノミスト)
    【トークテーマ】
    「新国立競技場決定の決め手とは?」
    ~前代未聞の“白紙撤回”に追い込まれた旧計画の反省は生かされるのか/コスト・工期・強度…AB両提案の明暗を分けるものは何か/デザインだけじゃない!?専門家が指摘する工事の“意外なポイント”/本当に大変なのは正式決定後!?2020年に向けた課題は~

    「官邸一強」に死角は?

  • 2015年 12月21日(月)

    【ゲスト】
    髙橋広行(JTB社長)
    【トークテーマ】
    「冬は北陸でカニ!旅の新たなゴールデンルート」
    北陸新幹線の開業や、インバウンドの爆買いに沸いた2015年。旅行大手、JTBの髙橋広行社長は新幹線で冬の北陸へカニを食べに行く旅行商品を仕掛けました。来年は3月の北海道新幹線の開業や5月の伊勢志摩サミットなど、観光需要を押し上げるイベントが続きます。どんな年になるのでしょうか? 髙橋社長に語ってもらいます。

    産業スパイ 技術流出の実態

  • 2015年 12月18日(金)

    【ゲスト】
    須永珠代(トラストバンク 社長)
    【トークテーマ】
    「「ふるさと納税」ブームの立役者 ビジネス成功の秘密」
    「ふるさと納税」がブームだ。自治体に寄付をすると、寄付額のうち2000円を超える金額は所得税と住民税が還付・控除され、自治体によって返礼品が用意されている制度。このブームの立役者が、全国初のふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」を立ち上げた須永珠代氏。今年1年、目覚ましい活躍をした女性に贈られる「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2016」の大賞に選ばれた。須永氏のビジネスモデルは。また、ふるさと納税で地方はどう変わるのか。議論する。

    金融緩和「補強」の狙いは

  • 2015年 12月17日(木)

    【ゲスト】
    片岡剛士(三菱UFJリサーチ&コンサルティング主任研究員)/壁谷洋和(大和証券チーフグローバルストラテジスト) 
    【トークテーマ】
    「ついに米利上げか…世界経済 新興国経済の行方を展望」
    日本時間12月 17日早朝 4 時、米連邦公開市場委員会(FOMC)が9 年半ぶりとなる政策金利引上げの発表することが ほぼ確実視されている。原油安や新興国の景気後退がくすぶるなかで「利上げ」が行われると、、 世界経済はどう動くのか?日本市場への影響は?2人の専門家に今後の展望を聞く。

    米利上げ 来年の見通しは

  • 2015年 12月16日(水)

    【ゲスト】
    山下一仁(キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹・農学博士)
    【トークテーマ】
    「TPP日本の農業に影響は無し!ということが大問題?」
     来年批准される予定のTPP。日本の農業が大きな影響を受けるという声もあるが、ほとんと影響は無いと語る農政アナリストの山下一仁氏。11月に発表されたTPP政策大綱については、攻め政策の一つの農地の集約は従来からやっていることで大きく進展はせず、守りの農家の保護策も従来の政策の延長線で行うので、行き過ぎた保護になってしまうという。なぜTPPが日本の農業に影響が無いのか、どうすれば強く攻めの農業がつくれるのか。そして消費者は安く安心・安全な農産物を手に入れることができるのか。キヤノングローバル戦略研究所のアナリストの山下一仁氏に伺う。

    「夫婦別姓」訴訟 最高裁が初判断

  • 2015年 12月15日(火)

    【ゲスト】
    朴一(大阪市立大学大学院教授)
    【トークテーマ】
    「日韓を分かつ「慰安婦問題」その“落としどころ”は」
    ~1カ月ぶりに局長級協議開催“歩み寄り”はあったのか/日韓首脳会談で合意した「早期妥結」とはいつなのか/過去には慰安婦問題「解決のチャンス」もあった!?流れを変えた“ある選択”とは/両国が目指すべき“妥結点”は…独自目線で大胆提言~

    ドローンビジネス 日本の強みと弱み

  • 2015年 12月14日(月)

    【ゲスト】
    木野内栄治(大和証券チーフテクニカルアナリスト)
    【トークテーマ】
    「アメリカ利上げ後に世界が注目! 株価を大予測!!」
     米国の利上げ後の世界経済はどうなるのでしょうか? 中国経済の減速や原油価格の下落など、読みにくい材料が多いなか、株価は期待通りに上昇するのでしょうか? 人気アナリストと日本経済新聞編集委員が「トークプラス」のコーナーで激論を交わします。

    日銀短観から見えた内需の底堅さ

  • 2015年 12月11日(金)

    【ゲスト】
    蝶名林直彦(聖路加国際病院 呼吸器センター長)
    【トークテーマ】
    「長引く咳は重い病気の予兆!? たんの色や音で判別!」
    発熱、くしゃみ、鼻水、咳など、風邪の症状は様々だが、咳はありふれた症状でありながら、咳ぜんそく、アトピー咳、肺炎、結核、肺がんなどの予兆である場合もあるという。咳はどうやって鎮めたらよいのか。また、風邪の症状としての咳と重篤な病気の予兆の咳はどう見分ければよいのか。健康・医療総合サイト「日経グッデイ」との連動でおくる。

    マーケットでも存在感増すアジア企業

  • 2015年 12月10日(木)

    【ゲスト】
    中室牧子(慶応義塾大学准教授)
    【トークテーマ】
    「欧米ではすでに常識!?科学的根拠が日本の教育を変える」
    ゲストは15万部を超えるベストセラー「『学力』の経済学」の著者・慶応義塾大学准教授の中室牧子さん。 これまで個人の経験や思い込みなどに基づき語られることが多かった日本の「教育」に科学的根拠を持ち込む必要があると訴えています。 「子どもをご褒美で釣ってもよい」「ほめ育てはしてはいけない」「ゲームをしても暴力的にはならない」など客観的なデータを分析して 導き出された答えは、どれも興味深いものばかりです。 これからの日本の教育をどう変えるべきか?欧米ではすでに常識だという科学的根拠に基づく教育の必要性について聞きます。

    下落続く原油価格 先行きは?

  • 2015年 12月9日(水)

    【ゲスト】
    鶴原吉郎(技術ジャーナリスト/オートインサイト代表)
    【トークテーマ】
    「VWは早期に復活?トヨタ新プリウスは世界シェア争いの決定打!?」
    不正問題で揺れるフォルクスワーゲン。11月前年同期比で日本は3割減であったが、欧州市場は0.8%減。早期に復活するのか?本日発売のトヨタ新型プリウスは現行モデルの燃費を23%上回り、1L当たり40kmを超えるという。ボディ剛性も高くし、長距離ドライブをする欧州市場も狙える戦略車と言われている。世界シェア1位に返り咲いたトヨタはしばらくその地位を守ることができるのか?2兆6千億円を銀行団のつなぎ融資で調達するフォルクスワーゲン。欧州市場や中国市場で日本ほど売り上げが落ちない理由はなぜか?自動車ジャーナリスト鶴原吉郎氏に聞く。

    飛び火するテロの脅威 日本の備えは?

  • 2015年 12月8日(火)

    【ゲスト】
    袴田茂樹(新潟県立大学教授)
    【トークテーマ】
    「混迷する中東情勢のカギ握るロシア“次の一手”は」
    ~膠着状態が続くロシアvsトルコ、和解への道を見出せるのか/アサド政権支援の裏側に見え隠れする「思惑」とは/各国乱れる足並み…「対テロ作戦」に与える影響は/真の狙いはウクライナ問題での“見返り”!?欧米を揺さぶるロシアの巧みな外交戦略を分析~

    軽減税率とインボイス

  • 2015年 12月7日(月)

    【ゲスト】
    星野佳路(星野リゾート代表)
    【トークテーマ】
    「不動産も爆買い!? 中国資本によるトマム買収でどうなる」
    中国の商業施設運営会社、上海豫園旅游商城が北海道のスキー場、星野リゾートトマム(占冠村)の全株式を買収する契約を結びました。取得額は183億円に上ります。中国人観光客だけでなく、日本でも人気が高いリゾートの買収により、収益を拡大できると判断したようです。施設が中国資本になることで、この観光地はどう変わるのでしょうか?運営に特化するという星野リゾートの星野佳路代表に聞きます。

    就活ルール 再見直しの課題

  • 2015年 12月4日(金)

    【ゲスト】
    西浦三郎(ヒューリック社長)
    【トークテーマ】
    「狙いは3K!? 急成長 不動産会社の戦略は」
    時価総額が増えた企業、平均年収が増えた企業などのランキングの上位に名を連ね、注目を集めている企業がある。不動産開発のヒューリックだ。“駅から3分以内”の立地にこだわり、銀座など都心を中心に約200の物件を展開している。大規模なビルや分譲マンションは扱わず、事業の柱を3K(高齢者、環境、観光)に置くなど、独特な経営で成長を続けるヒューリック。西浦三郎社長に戦略を聞く。

    緊迫する南シナ海

  • 2015年 12月3日(木)

    【ゲスト】
    馳 浩(文部科学大臣)
    【トークテーマ】
    「馳浩大臣に聞く!2020年東京五輪に向けた選手強化策」
    政府は11月27日の閣議で2020年東京オリンピック・パラリンピックの基本方針を決定し、 1964年の東京オリンピックで獲得した16個の金メダルを上回るために、戦略的に選手強化に努める ことなどを盛り込んだ。開幕まで5年を切り、新国立競技場の建設計画、公式エンブレムの白紙撤回など、 運営面での迷走が目立っている2020年東京オリンピック・パラリンピック。 選手強化の体制はどうなっているのか?10月に発足したスポーツ庁はどんな役割を果たすのか? 自らもオリンピック代表経験がある馳浩文部科学大臣に、戦略的選手強化の具体策について聞く。

    日本の年末商戦の動向

  • 2015年 12月2日(水)

    【ゲスト】
    水田正道(テンプホールディングス社長)
    【トークテーマ】
    「改正派遣法施行 派遣社員・派遣元・派遣先企業はどう備える?」
    派遣社員の7割が反対しているというアンケート結果もある改正労働者派遣法。施行から2ヵ月が経ちましたが、影響が現れるのは、3年後。専門26業種という枠が取り除かれ、分かりやすくなったように見えますが、具体的な改正内容が世間に知られていないという実態も。派遣社員と派遣元企業だけではなく、派遣先の企業も対応が迫られています。日本人材派遣協会の会長も務めるテンプホールディングスの水田社長を招き、改正されたポイントと、テンプホールディングスが3年後に向けて備えている社内体制について伺います。
    【問合せ先】
    https://www.tempstaff.co.jp/inquiry/

    混迷続くシリア情勢

  • 2015年 12月1日(火)

    【ゲスト】
    真田幸光(愛知淑徳大学教授)
    【トークテーマ】
    「中国人民元の“野望”と“リスク”」
    ~国際金融分野で高まる中国の存在感、その野望とは/元が「基軸通貨」となれば日本経済への影響はあるのか/“親中国”欧米諸国の反応は/一方で減速する中国経済…どんなリスクをはらんでいるのか?専門家が検証~

    COP21開幕 温暖化防止へ結束