この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます

バックナンバー

  • 2017年 6月30日(金)

    人間よりも優秀!? 急拡大する“AI投資”の実力ゲスト:桜井豊(RPテック 取締役)

    「人工知能(AI)」が投資の世界にも変化をもたらしています。膨大なデータを手掛かりに“運用”するAIに、もはや人間は勝てないのでしょうか。

    企業が「脱英国」 金融都市ロンドンに未来は!?ゲスト:FT パトリック・ジェンキンズ 金融エディター 日経ビジネス 蛯谷敏 ロンドン支局長

    欧州金融の中心地、ロンドンのシティから、金融機関が離れる動きを見せ始めている。 「ブレグジット」の交渉は始まったばかりだが、金融都市ロンドンは、その力を失ってしまうのか。

  • 2017年 6月29日(木)

    ワインとチーズどれだけ安くなる?日欧EPAゲスト:菅原淳一(みずほ総合研究所 主席研究員)

    日本とEUの事務方協議が大詰めを迎えている。ワインやチーズ、パスタなどはどれだけ安くなるのか?自動車輸出の関税はどうなるのか?日欧EPA交渉の行方を読み解く。

    「カールショック」が映すコンビニと物流ゲスト:田中陽(日本経済新聞 編集委員)

    菓子大手の明治が先月、ロングセラーの「カール」の 東日本での販売を終了すると発表しました。 発売開始からおよそ50年、なぜ、 このような事態になったのか解説します。

  • 2017年 6月28日(水)

    東芝株主総会 半導体事業売却へのハードル 経営再建は可能か!?ゲスト:松永伸也(東京商工リサーチ 情報本部情報部部長)

    東芝が株主総会。半導体事業の「日米韓連合」への売却はうまくいくのか。経営再建を果たすことができるのか。そのための課題は何なのか。検証します。

  • 2017年 6月27日(火)

    米中安保 北朝鮮の政策に溝!米の求めに中国猛反発ゲスト:ケビン・メア(元米国務省 日本部長)

    北朝鮮に拘束され昏睡状態で解放された米学生が19日に死亡した。トランプ大統領は北朝鮮を強く非難。そんな中、米中の閣僚級による外交安全保障対話の初会合が行われたが・・・。

    「こども保険」急浮上で見えた、子育て支援策の課題 ゲスト:石塚由紀夫(日本経済新聞 編集委員)

    小泉氏をはじめとした若手議員によって提言された「こども保険」。 幼児教育・保育を無償化するとした構想が 今年急浮上した背景を解説する。

  • 2017年 6月26日(月)

    農業改革は進むのかゲスト:奥野長衛(全国農業協同組合中央会 会長)  

    日本の農業の競争力強化を促す法律が相次ぎ成立しました。農業改革は進むのか。JA全中会長に聞きます。

    アマゾン本社でみえた次世代の企業経営ゲスト:村山恵一(日本経済新聞 コメンテーター)

    通販で世界最大手アマゾンのアメリカ本社の取材から見えた 次世代の企業経営について伝える。

  • 2017年 6月23日(金)

    優待もいいけど…知って得する「株主還元」ゲスト:海津政信(野村証券金融経済研究所 シニア・リサーチ・フェロー兼アドバイザー)

    日本企業が最近力を入れている「株主還元」。投資家にとってのメリットと、銘柄選定のポイントを専門家に聞きます。

    BREXITから1年 英国の混乱とマクロン旋風ゲスト:赤川省吾(日本経済新聞 欧州編集総局編集委員)

    イギリスのEU離脱を問う国民投票から1年がたつ。 激動の1年となったヨーロッパ政治の今後を予測する。

  • 2017年 6月22日(木)

    加計問題から考える私大の助成費依存体質事情と受験すべき大学とは?ゲスト:安田賢治(大学通信 常務)

    なぜ私大は学部を新設しようとするのか?背景には助成費をあてにする依存体質が。人口減で経営が厳しい私大。受験生はどの大学を選択すべきか?

    東芝問題ゲスト:小笠原啓(日経ビジネス 副編集長)

    かつて名門企業と呼ばれた東芝の失敗。 日本企業はそこから何を学ぶべきか解説する。

  • 2017年 6月21日(水)

    「イスラム国」最高指導者が死亡!? まだ続くテロの恐怖ゲスト:青山弘之(東京外国語大学 教授)

    過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討作戦が最終段階に。ロシアがISの最高指導者を殺害したといいますが、情報の真意は?テロのリスクは?

    米 温暖化防止パリ協定離脱へゲスト:安藤淳(日本経済新聞 論説委員)

    6月1日 米トランプ大統領が地球温暖化対策の 国際的な枠組み「パリ協定」からの離脱を宣言。 温暖化対策への影響を解説する。

  • 2017年 6月20日(火)

    大詰め!豊洲市場への移転問題 小池知事の判断は?ゲスト:北川正恭(元三重県知事/早稲田大学 名誉教授)

    豊洲市場の移転問題をめぐり小池都知事は豊洲市場の土壌汚染を「無害化」できていないことを築地市場関係者に謝罪した。そして、水質改善を図っていくなど今後の対応策を進めていく理由とは。

  • 2017年 6月19日(月)

    人手不足なのになぜ賃金が上がらないの?ゲスト:玄田有史(東京大学社会科学研究所 教授)

    人手不足なのに賃金が上がらないのはなぜか。経済統計データだけでは見えてこない素朴で複雑な問題を、専門家と分析します。

    VIVAテクノロジー(仏)報告ゲスト:関口和一(日本経済新聞 編集委員)

    フランスでスタートアップと呼ばれる、創業間もないベンチャー企業が 注目を集めている。なぜ、いまフランスなのか、解説する。

  • 2017年 6月16日(金)

    健康長寿は「健脚」から!股関節治療最前線ゲスト:石部基実(石部基実クリニック院長 医学博士)

    足の付け根にある股関節は全身の要。「歩ける体」を一生キープする股関節の“鍛え方”や、最新の治療法について専門家に聞きます。

    いよいよ開始!? 「弱い英国」のEU離脱戦略とはゲスト:ジャナン・ガネス (フィナンシャル・タイムズ 政治担当記者) 高井 広章 (日本経済新聞 欧州編集総局デスク)

    来週から英国とEUとの離脱交渉が開始される。 総選挙での与党・保守党の敗北によって混乱が続く 英国は交渉を進めることはできるのか、現地から報告する。

  • 2017年 6月15日(木)

    アメリカFOMC利上げ決定!?しかし為替は円安には動かない?ゲスト:馬渕治好(ブーケ・ド・フルーレット 代表) 井出真吾(ニッセイ基礎研究所 チーフ株式ストラテジスト) コメンテーター:清水功哉(日本経済新聞 編集委員)

    アメリカ連邦公開市場委員会(FOMC)が14日、利上げの決定が確実視されている。為替はどう動くのか?イエレン議場は資産縮小を発表するのか?そして景気の行方は?

  • 2017年 6月14日(水)

    高値更新3000ドル台 ビットコインの今後ゲスト:加納裕三(ビットフライヤー 社長)

    仮想通貨ビットコインの人気が高まっています。使える店やサービスが増えて、投資対象としての魅力も増しています。どこまで広がっていくのでしょうか。可能性やリスクを検証します。

    骨太の方針 ポイント解説ゲスト:小栗太 (日経ヴェリタス 編集長)

    5年目に入った安倍政権によって閣議決定された「骨太の方針」。 経済財政運営の基本方針を指し示すその内容の、ポイントと問題点を解説する。

  • 2017年 6月13日(火)

    英総選挙と仏国民投票、明暗分かれたリーダーの今後ゲスト:田中理(第一生命経済研究所)

    フランス・マクロン大統領にとって初めての国政選挙となった議会下院選挙の1回目。マクロン新党の圧勝に。一方、イギリス総選挙では圧勝と思われたメイ首相の保守党が過半数割れ、リーダーの明暗を検証する。

    安倍一強に逆風 終盤国会の行方ゲスト:坂本英二 (日本経済新聞 論説委員)

    加計学園の問題で、安倍政権に逆風が吹いている。 通常国会の会期末まで一週間。重要法案の行方を読み解く。

  • 2017年 6月12日(月)

    絶好調!半導体が株価けん引ゲスト:石野雅彦(東海東京調査センター 企業調査部シニアアナリスト) コメンテーター:小栗太(日経ヴェリタス 編集長)

    需要拡大が続く半導体産業の動向を分析します。「IoT」による新規需要も見込まれ、株価の力強いけん引役になるか。

    英国 異例の事態に EU離脱の行方は?ゲスト:FT ロバート・シュリムズリー エディトリアルディレクター テレビ東京/BSジャパン 豊島晋作 ロンドン支局長

    先週8日の総選挙で「ハングパーラメント=宙づり議会」となった英議会。 異例の事態に陥るなか、EU離脱交渉はどのように進むのか。

  • 2017年 6月9日(金)

    新事実は…?世界が注目 前FBI長官の議会証言を検証ゲスト:中山俊宏(慶応義塾大学 教授)

    トランプ大統領に解任された前FBI長官が議会公聴会で証言。ロシア疑惑の捜査に対しどのような「司法妨害」があったのか検証します。

    英総選挙結果解説ゲスト:大林尚(日本経済新聞 上級論説委員)

    下院議員選挙で敗北を喫したイギリスのメイ首相。 欧州連合の離脱交渉も本格化するなか、今後の展開を分析する。

  • 2017年 6月8日(木)

    イギリス総選挙 野党を急伸させたメイ首相2つの嘘 日本何を学ぶ?ゲスト:細谷雄一(慶応義塾大学 法学部政治学科教授)

    この日、投票日のイギリス下院総選挙。メイ首相の誤算の原因は何か?第2のブリグレットが起き市場を揺るがすのか?日本も無視出来ない経済自由化と民主主義の転換点とは?

    次世代モビリティゲスト:菅原透(日経ビジネス 副編集長)

    いま世界中で空飛ぶクルマの開発競争が熱気を帯びている。 移動の自由度が格段に高まり、交通渋滞とは無縁。 そんな夢のような社会が実現するのか。

  • 2017年 6月7日(水)

    人材投資と生産性向上 岩盤規制のここを崩せ!ゲスト:大田弘子(政策研究大学院大学 教授)

    今年も成長戦略がまとめられますが、力不足は否めません。成長の阻害要因となる規制を切り崩すことはできないのでしょうか。ゲストと検証します。

    金投資、広がる選択肢ゲスト:松澤巌(日本経済新聞 商品部シニア・エディター)

    6日、金が7か月ぶりの高値をつけた。何故今金が買われるのか、解説する。 個人投資家が気軽に始められる金投資法も紹介する。

  • 2017年 6月6日(火)

    トランプ大統領、パリ協定離脱の波紋!政権内に溝?ゲスト:渡辺靖(慶應義塾大学 教授)

    「アメリカファースト」のトランプ大統領がパリ協定離脱を表明。各国から批判の声が上がり波紋を呼んでいる。そして、愛娘イバンカさんも批判し・・・。トランプ政権内でも意見が分かれ、溝が。

    アジアの未来総括 ゲスト:太田泰彦(日本経済新聞 論説委員)

    安倍総理が協力姿勢を示した中国の「一帯一路」構想に アジアの国々も積極的な姿勢を示している。 TPPに代わる新たな経済圏になるのか検証する。

  • 2017年 6月5日(月)

    消費に浸透「eコマース」最前線ゲスト:コメンテーター:玉置亮太(日経コンピュータ 副編集長)

    ネット上で商品などを売買する「eコマース」の多様化が進んでいます。シニアも魅了するサービスの最前線を紹介します。

    第2のブレグジット危機? 迫る英選挙ゲスト:マルコム・ムーア(英国ニュースエディター)

    イギリスの総選挙が8日に迫る中、最大野党の労働党が保守党との差を急激に縮めている。 一体なぜなのか。FTのニュースエディターが分析する。

  • 2017年 6月2日(金)

    親が元気なうちに… 知っておくべき「介護とお金」ゲスト:松下知己(三菱総研ヘルスケア・データ戦略グループリーダー)

    介護を理由に会社を辞める「介護離職者」は年間10万人に上ります。そうならないためにはどう備えたらよいか、専門家が解説します。

    安倍総理「改憲発言」の矛盾とはゲスト:清水真人(日本経済新聞 編集委員)

    安倍総理による改憲時期の表明からおよそ1ヵ月。 改憲を巡る議論に矛盾はないのか検証し、憲法改正論議に必要な「3つの原則」を解説する。

  • 2017年 6月1日(木)

    小池知事 都民F代表で都議選は自民vs小池!?豊洲市場結論は選挙後?ゲスト:池上正樹(ジャーナリスト)

    この日、初の党大会を行なう都民ファーストはどこまで議席を伸ばすのか?日本中が注目する市場移転問題。今後、市民の合意をどう形成するのか?

    「トランプ失脚」 可能性は?時期は?ゲスト:大石格(日本経済新聞 編集委員)

    米トランプ大統領のロシアとの不透明な関係をめぐる「ロシアゲート」疑惑の捜査が本格化している。 弾劾の可能性が取りざたされる中、トランプ氏失脚の「現実味」と「時期」を、米政界に通じるベテラン記者が予測する。