この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます

プロデューサーの目

  • 2019年4月12日(金)
    深圳と新橋 武田仁

     「東京の新橋と中国の深圳を比べたらわかるでしょ。深圳の人は目がギラギラしていますが、新橋のサラリーマンはもう疲れ切っていますよ」。先月、中国のイノベーション都市、深圳を訪れると、ある中国人の経営者が日本の元気のなさを嘆いていました。この経営者は、日本は技術力が世界有数なのに「何もやろうとしない。も...

    続きはこちら

  • 2019年4月5日(金)
    経済の面白さ「現場」から 榎戸教子

     みなさまこんにちは。4月から日経プラス10のキャスターを務めることになりました榎戸教子です。新しい年度を迎え、気持ちを新たにされている方も多いと思いますが、わたくしもそのひとりです。経済の面白さをみなさんと一緒に感じていく番組にしていきたいと思っております。  さて「はじめまして」の方もいらっし...

    続きはこちら

  • 2019年3月29日(金)
    日経プラス10新起動 内海元裕

     全国で最も早く桜が満開となった今週の東京では、袴姿の女子大生やネイビースーツを着た男子学生が数多く見かけられました。新年度が迫ってきたことを実感させられます。  日経プラス10でも27日、水原恵理アナウンサーが最終出演日を迎えました。「プラス10は私にとって世界経済の先生でした。来週から伸び盛り...

    続きはこちら

  • 2019年3月22日(金)
    3万個の石 関嗣明

     堀の外をゆっくりと歩いていると、所々、大きな石が集められていました。よくみると表面には数字と記号が書かれています。「崩れ落ちた石垣の石です。震災前の写真と照合しながら、ひとつひとつ、元の位置に戻していく予定です」  先月、熊本市へ出張し、地震で大きな被害を受けた熊本城にも足を運びました。案内して...

    続きはこちら

  • 2019年3月15日(金)
    "絶滅危惧種"マニュアル車が人気 影山秀伸

     昭和生まれで未だにバブル全盛期の"栄華"を回顧してしまうバブル世代。そのバブル世代の車好きにとって、マニュアルシフトを備えたスポーツカーはある種の「憧れの存在」です。  世のトレンドは「電動車」「自動運転」「MaaS(マース)」......。車は物凄いスピードで進化を続けていますが、その一方で、ア...

    続きはこちら

  • 2019年3月8日(金)
    日韓「胸と頭の間」の葛藤 岸本好正

     先月末から今月初めにかけて、韓国に行ってきました。3月1日に現地から生中継でお伝えしたように、日本の植民地統治時代に独立を訴えた1919年の「三・一運動」から 100年を記念して、韓国内では様々な行事が繰り広げられました。ソウル中心部の光化門(グワンファムン)広場で行われた政府記念式典の会場付近...

    続きはこちら

  • 2019年3月1日(金)
    小谷キャスター"卒業" 新キャスターは榎戸教子 内海元裕

     昨日、メーンキャスターの小谷真生子の番組卒業が発表になりました。小谷さんはテレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」で16年間、BSテレ東の「日経プラス10」で5年間メーンキャスターを務めた夜の経済ニュースの「顔」。「日米を飛び回る新しい仕事したい」という強い希望を受け入れる形で送り出すことにな...

    続きはこちら

  • 2019年2月22日(金)
    ホンダだけではなさそうだ 武田仁

     3月29日の英国の欧州連合(EU)離脱までまもなく1ヵ月となります。グローバル企業の英国での事業見直しがニュースとして続々と飛び込んできます。ホンダが英国工場での生産終了を発表し、メイ首相が「失望した」とホンダ首脳に伝えたのはそのひとつ。日産自動車は英国生産を計画していた多目的スポーツ車(SUV...

    続きはこちら

  • 2019年2月15日(金)
    「きっと、ハッと」するマーケ論 関 嗣明

     神戸に出張した際、あるチョコレート菓子を買いました。火山島で育てた希少なカカオ豆を使っているらしく、サインペンぐらいのサイズで1本あたり400円。安くはありませんが、独特の果実味や酸味を味わえるとあって、バレンタイン商戦でも人気ということでした。  買ったのは、ネスレ日本が手がける「キットカット...

    続きはこちら

  • 2019年2月8日(金)
    「上乗せ」の売買は要注意! 関 嗣明

     アマゾンで買い物をしていると、たまに品切れに遭遇します。その場合、「こちらからもご購入できます」を確認すると、驚くような高い価格で売られているケースが......。品薄につけこんだ、いわゆる高額転売です。  1年半ほど前にターゲットになったのが任天堂のゲーム機「スイッチ」でした。2017年3月の...

    続きはこちら

  • 2019年2月1日(金)
    米金利に注目「円高時代」到来も? 影山 秀伸

     アメリカの中央銀行にあたる連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は今週開いた記者会見で、利上げを棚上げする可能性に言及しました。「リスク管理の観点から金融政策をじっと様子見することが重要になった」と述べたパウエル議長。前回会見で利上げにこだわる考えを示しましたが、一転、世界経済の動向を不安視...

    続きはこちら

  • 2019年1月25日(金)
    中国の危うい「灰色のサイ」 岸本好正

     今年に入ってから、中国経済の異変を物語る統計データが相次いで発表されています。去年の実質GDP(国内総生産)の伸び率は28年ぶりの低水準となりました。もっとも前年比6.6%増というのは日本よりはるかに高い水準です。「決して低い数字ではない」とダボス会議に出席した中国のナンバー2、王岐山国家副主席...

    続きはこちら

  • 2019年1月18日(金)
    トランプ欠席 小谷は出席 武田仁

     来週22日から25日まで、スイスのダボスで世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)が開かれます。ダボス会議は世界中から3000人を超える政治家、企業経営者、各界のオピニオンリーダーが集まり、地球規模の課題を議論する「世界会議」です。  トランプ米大統領がツイッターでダボス会議に欠席すると明らか...

    続きはこちら

  • 2019年1月10日(木)
    1度でいいから「凶」を引きたい 関嗣明

     正月休みに自宅近くの祐天寺(東京・目黒)に立ち寄り、おみくじを引きました。結果は「大吉」でした。うれしいといえば、うれしいですが、ちょっとだけ残念な気持ちに......。実は、1度でいいから「凶」を引いてみたいと思っていたんです。今年もダメでした。  「日本おみくじ紀行」(島武史著/ちくま文庫)...

    続きはこちら

  • 2019年1月4日(金)
    2019年に何が「くる」のか 内海元裕

     新年おめでとうございます。日経プラス10は 4日(金)からの放送です。初日は30分遅れのスタートですが、目玉は日経新聞のレギュラーコメンテーター4人が勢ぞろいする「2019年大予測」。英フィナンシャル・タイムズなどの予測も紹介しながら、コメンテーターがそれぞれの得意分野で今年何が起きるのか「予言」...

    続きはこちら