オリンピックに関する放送局の【偽サイト】が確認されています。アクセスされますと被害を受ける恐れがありますのでご注意ください。 この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます

バックナンバー

  • 2020年 3月31日(火)

    「激動の時代」のマネー運用術ゲスト:深野康彦(ファイナンシャルリサーチ 代表)

    世界経済の先行きが見通せない中、株価が乱高下。企業決算は厳しい内容が予想されています。こうした「激動の時代」に家計をどう防衛すべきなのか。また、老後の資金を確保するため、どのような運用が適しているのか。著名フィナンシャルプランナーをスタジオに招き、中長期的な視野からマネーの運用法を考えます。

  • 2020年 3月30日(月)

    新型コロナとの戦い 「分断」から真のグローバル経済へゲスト:北川正恭(早稲田大学 名誉教授)梶原誠(日本経済新聞 コメンテーター)

    新型コロナウイルスの感染拡大で、国境を越えるヒトやモノの流れが止まった。今できることは何か。地方自治のプロと市場を通じて世界を読む日経新聞コメンテーターに聞く。

  • 2020年 3月27日(金)

    五輪やスポーツ誰のもの?ゲスト:フローラン・ダバディ(ジャーナリスト)

    東京五輪・パラリンピック開催が1年程度延期されます。選手、観客、スポンサーにはどのような影響があるのでしょうか。大規模に商業化するスポーツ大会の開催意義とは。

  • 2020年 3月26日(木)

    スマホ5G競争スタート!携帯各社サービス比較ゲスト:石川温(ITジャーナリスト)

    5Gで何ができるようなるのか、便利になることとは?そして、料金設定は?携帯各社のサービスなどを徹底検証する。5Gの活用で高精細な動画視聴など大容量データが発生する物もストレスなく楽しむことができる。しかし、5Gサービスの通信エリアが狭く、各社場所も異なり課題も多い。

  • 2020年 3月25日(水)

    新型コロナ感染拡大を抑える台湾に学ぶことゲスト:松田康博(東京大学 教授)

    台湾やシンガポールなどはSARS(重症急性呼吸器症侯群)の経験から体制を構築したことや台湾ではマスクが人々にいきわたるよう台湾当局が機械メーカーになどに協力を要請し、生産ラインを増やしアプリでどこで購入することができるかわかるようにしている。日本も学ぶべきことを専門家が伝える。

  • 2020年 3月24日(火)

    新型コロナ業績不振リストラ?シニアの人生設計ゲスト:山田周右(マイナビミドルシニア 編集長)

    業績が黒字でも早期・希望退職を募集する「黒字リストラ」を実施するする企業が増加していたが、新型コロナが企業を直撃し「業績不振リストラ」が広がる可能性も・・・。「人生100年時代」シニア層が現役で働くためにはどうすればいいのか、定年を前に転職した人はどのような働き方をしているのか。シニア層の転職のポイントを考える。

  • 2020年 3月23日(月)

    新型コロナで経営危機 支援広げるネットサービス続々ゲスト:藤野英人(レオス・キャピタルワークス 社長)

    世界を揺るがす新型コロナウイルス。人の流れが止まることなどで経済的な損失が膨れ上がり、世界経済の急減速が現実味を増してきました。経済活動を止めないためには何が必要なのか。もとに戻すために今、求められる消費行動とは。著名ファンドマネージャーとともに新型コロナウイルスに負けない経済・社会のあり方を考えます。

  • 2020年 3月20日(金)

    コロナ感染拡大 東京五輪・パラリンピック開催の是非ゲスト:北川和徳(日本経済新聞 編集委員)田中陽(日本経済新聞 編集委員)

    東京五輪・パラリンピックは予定通り開かれるのでしょうか、それとも中止、無観客、延期などの措置をとらないといけなくなるのでしょうか。コロナウイルスの感染拡大が世界に広がるなか、五輪開催の是非を考えます。

  • 2020年 3月19日(木)

    動揺収まらぬ市場・不安の連鎖どう断ち切る?ゲスト:木内登英(野村総研 エグゼクティブ・エコノミスト)窪田真之(楽天証券)

    異例ともいえる日米協調の金融緩和にもかかわらず、動揺がおさまらない株式市場。度重なる米緊急利下げが、かえって市場の疑心暗鬼を招く構図が鮮明になっている。不安が増幅する悪循環を断つには何が必要か。金融や財政政策に詳しい専門家を招いて考える。

  • 2020年 3月18日(水)

    コロナショック 中国経済は危機を乗り越えられるか?ゲスト:関辰一(日本総合研究所 主任研究員)

    新型コロナウイルスの影響で深い傷を負っている中国経済。16日に発表になった1~2月の工業生産、小売売上高、固定資産投資は軒並み大幅マイナスでした。世界経済に大きな影響を与える中国の行方を専門家に聞きます。

  • 2020年 3月17日(火)

    敵対的買収がやってきた!M&A新潮流・日本に根付くかゲスト:西山賢吾(野村資本市場研究所)藤田和明(日本経済新聞 編集委員)

    2019年以降、相手先企業の同意を得ないでTOB(株式公開買い付け)などを仕掛ける敵対的買収が相次いでいる。日本では長らく「禁じ手」とされてきた手法だが、ここに来て急激に増えた背景には何があるのか。またM&A(合併・買収)の新手法として日本に根付くのか。日本経済新聞の編集委員や専門家を招いてその行方を占う。

  • 2020年 3月16日(月)

    新型コロナで経済減速 世界の中央銀行に打つ手ある?ゲスト:早川英男(富士通総研経済研究所 エグゼクティブ・フェロー)山口真弘(SMBC信託銀行 シニアマーケットアナリスト)

    17、18日に米連邦公開市場委員会(FOMC)、18、19日に日銀の金融政策決定会合があります。新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受ける世界経済と振り回されるマーケット。機動力が持ち味の金融政策ですが、厳しい状況を打開できるのでしょうか?

  • 2020年 3月13日(金)

    新型コロナでスポーツ打撃!自宅ジムで健康管理

    スポーツジムを利用していた感染者が相次いで確認され、スポーツジムの多くは臨時休業に追い込まれている。そんな中、新たなサービスを開始。感染拡大を防ぐため、自宅でもエクササイズができるようにと無料で動画の配信をしている。また、健康器具の人気も高まっているようで、巣ごもり消費の一つとして「自宅ジム」が加わりそうだ。

  • 2020年 3月12日(木)

    中小企業への影響は?新型コロナ拡大で日本経済の先行きはゲスト:松永伸也(東京商工リサーチ)

    新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、景気の先行きについて企業は慎重な見方を強めています。観光関連や小売り関連だけでなく、中国製部品の調達遅れなど背景に製造業にも暗雲が漂います。特集は中小企業への影響に注目。中小企業の経営環境に詳しい専門家と今後のシナリオを考えます。

  • 2020年 3月11日(水)

    変わる労使交渉・「日本型雇用システム」見直しへゲスト:井関隆明(リクルートマネジメントソリューションズ シニアコンサルタント)

    戦後、日本の高度経済成長を支えてきた日本型雇用システム「新卒一括採用」「終身雇用」「年功型賃金」の見直しが・・・。経済のグローバル化、海外企業との競争が激しくなった今、職務を明確にした「ジョブ型雇用」に企業の方針転換が進んでいる。雇用改革の今後を検証する。

  • 2020年 3月10日(火)

    産油国が大打撃!新型コロナが中東混迷に拍車ゲスト:新村直弘(マーケットリスクアドバイザリー 代表)

    先日行われたOPEC(石油輸出国機構)とロシアなど非加盟国の会合では減産強化めぐり協議されたが決裂。OPECと非加盟国の協力体制が崩壊の危機を迎えている。イランも感染者数が急増し、アメリカからの厳しい経済制裁受ける中、イラン国会選挙で反米を基調する保守強硬派が大勝した。今後、アメリカとの対立は?

  • 2020年 3月9日(月)

    新型コロナ「緊急事態宣言」でどうなる?“先手を打つ”経済対策とはゲスト:矢嶋康次(ニッセイ基礎研究所 チーフエコノミスト)

    新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、新型インフルエンザ対策特別措置法の改正法案が施行されれば、政府は緊急事態宣言を発令できる。臨時休校やイベント自粛に法的根拠を付与できるようになるが、経済活動の停止が懸念される。専門家によると「先手を打つ」経済対策が必要だという。企業への影響を最小限に抑えるための対策とは。

  • 2020年 3月6日(金)

    新型コロナで「リモート就活」に脚光!ゲスト:増本全(就職みらい研究所 所長)

    来春卒業予定の大学生に対する企業の採用活動が解禁されたが、いま就職活動に異変が起きている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ネットを使って説明会などを開く企業が相次いでいる。直接顔をあわせない「リモート就活」が新たな就活の形になるのか。学生、企業それぞれの視点でみた最前線を紹介する。またスポーツプラスではアーティスティックスイミングを取り上げる。

  • 2020年 3月5日(木)

    サイバー攻撃に標的にされる日本!ゲスト:吉野次郎(日経ビジネス 記者)

    サイバー攻撃の日本企業への被害が後を絶たない。三菱電機やNECなどがサイバー攻撃を受け企業秘密を知らない間に盗み取られていたことが今年に入り、相次いで報道された。中国当局の管理下にあるハッカー集団の関与が疑われているのが、警戒しなければならないのは友好国のサイバー部隊も日本を狙っているという。なぜ、日本は狙われるのか。

  • 2020年 3月4日(水)

    シリーズ「億り人」に聞く・先行き不安に負けない投資術ゲスト:テスタ(個人投資家)むらやん(個人投資家)

    株など金融商品の取引で1億円超の資産を築いた「億り人」に投資の極意を聞くシリーズの第2弾。今回はカリスマトレーダーとしてネット上で話題の「テスタ」「むらやん」の両氏をゲストに招いて新型コロナウイルスの感染拡大で不透明感を増す市場の見通しなどを聞く。先行き不安が根強い中でも負けない投資術とは。

  • 2020年 3月3日(火)

    天王山!米民主候補争い トランプ氏と戦うのは?ゲスト:前嶋和弘(上智大学 教授)

    14州の予備選などが集中するスーパーチューズデーは米民主候補指名争いの行方を大きく左右する。「改革派」のバーニー・サンダース上院議員が勢いを見せる中、「穏健派」ジョー・バイデン前副大統領の巻き返しはあるのか。さらに大富豪マイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長も参戦。トランプ氏と戦う相手と戦略を徹底検証する。

  • 2020年 3月2日(月)

    新型肺炎で日米緊急談話~景気・株価下振れ防げるかゲスト:高田創(岡三証券グローバル・リサーチ・センター 理事長)木野内栄治(大和証券 理事)

    新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、日米では中銀トップの緊急談話などを発表。週明けの市場では連鎖株安にいったんブレーキがかかった。しかし新型コロナによる生産や消費へのマイナス影響は日に日に深刻になりつつある。はたしてこれで世界景気や株価の下振れを防げるのか。専門家を招いて緊急点検する。