この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます

バックナンバー

  • 2014年 1月31日(金)

    【ゲスト】
    染野 憲治(東京財団研究員)
    【トークテーマ】
    航空機も着陸不可能なほど深刻な中国の大気汚染。ようやく政府も大気汚染防止計画を発表した。中国の大気汚染は今後日本企業にどのような影響を与えるのか?そしてビジネスチャンスは?

    FOMC声明の意図は?

  • 2014年 1月30日(木)

    【ゲスト】
    染野 憲治(東京財団研究員)
    【トークテーマ】
    航空機も着陸不可能なほど深刻な中国の大気汚染。ようやく政府も大気汚染防止計画を発表した。中国の大気汚染は今後日本企業にどのような影響を与えるのか?そしてビジネスチャンスは?

    「アルゼンチン・ショック」でも潮目は変わらず?

  • 2014年 1月29日(水)

    【ゲスト】
    森田 隼人(シャボン玉石けん社長)
    【トークテーマ】
    「地方に活気を!社員70人の世界企業」
    規模は小さくとも、独自のセールスポイントを持ちキラリと光る中小企業がある。その一つが北九州市のシャボン玉石けん。「無添加」を武器に根強いファンを持ち、韓国を始め東南アジアにもマーケットを拡大している。創業100年を超す老舗企業ながら、社員の多くは地元出身の20~30代という“若い企業”が貫く「地域とともに発展する経営」とは?37歳の若き社長に聞く。

    米大統領 今年は内政を重視

  • 2014年 1月28日(火)

    【ゲスト】
    小林 喜光(三菱ケミカルHD社長)
    【トークテーマ】
    財界のリーダーに聞く!アベノミクスの次なる課題
    ~ダボス会議で実感した日本経済の評価/政冷経熱から政冷経冷に?中国・韓国との経済の行方~

    注目の賃上げ交渉 いま必要な視点は?

  • 2014年 1月27日(月)

    【ゲスト】
    川口 清史(立命館 総長)
    【トークテーマ】
    「グローバル人材育成のための教育改革」
    今後の成長戦略のためグローバル化を図る日本企業。それを担うグローバル人材教育の要請が、産業界から大学側へ強く出されている。そんな中、立命館はおよそ10年前からグローバル人材教育に力を入れてきた。その一つは、小中高校から大学までつながる、英語教育を中心とした一貫教育の実践。それは「立命館モデル」として一目置かれている。また、学生の半数が海外留学生で構成される「立命館アジア太平洋大学」も2000年に立ち上げ、数十か国の外国人留学生と日頃密接に交流ができる土壌を整えた。その卒業生たちは、日本企業や出身国で期待を超える活躍を見せ、教育成果に注目が集まっている。立命館川口総長に「 グローバル人材育成のための 教育改革 」を伺う。

    世界を動かす「サロン外交」

  • 2014年 1月24日(金)

    【ゲスト】
    亀井 智英(tokyo otakumode CEO)
    【トークテーマ】
    フェイスブックやHPを通じて日本の”オタク”情報を世界に英語で発信している亀井智英氏。クールジャパンの最先端を走る亀井氏に無限の可能性を秘めた新たなビジネスモデルを伺います。

    安倍総理はリーダーシップを発揮できるか

  • 2014年 1月23日(木)

    【ゲスト】
    立花 陽三(東北楽天ゴールデンイーグルス社長)
    【トークテーマ】
    去年、球団創設9年目で初のリーグ優勝と日本一を成し遂げた東北楽天ゴールデンイーグルス。就任から1年でチーム勝つ集団に変えたチームマネジメントについて立花社長に聞く。

    混迷するシリア情勢 欧米の本音は?

  • 2014年 1月22日(水)

    【ゲスト】
    佐藤 大吾(ジャスト・ギビング・ジャパン代表)
    【トークテーマ】
    「クラウドファンディングで日本経済はどう変わる?」
    不特定多数の個人から少額の寄付金を募り、インターネットを通じて資金を調達する「クラウドファンディング」。米国などではベンチャー企業が事業を立ち上げる際の資金調達にも利用されているという。このクラウドファンデシングの手法を用いて、3年間で総額10億円の寄付金を集めたのが、NPO法人ジャスト・ギビング・ジャパン代表の佐藤大吾氏。そのユニークな集め方とは?さらに「クラウドファンディングは日本経済を変える」とも語る佐藤氏。その真意とは?

    2%物価目標 導入1年の成果と課題

  • 2014年 1月21日(火)

    【ゲスト】
    黒岩 祐治(神奈川県知事)/上田 清司(埼玉県知事)
    【トークテーマ】
    過熱する首都決戦!東京都知事選を分析!
    ~最大の争点は「脱原発」か?「都政全般」か?/安倍政権に与える影響は?/山積する“東京”の課題を徹底討論~

    いつまで続く?好調なマンション市場

  • 2014年 1月20日(月)

    【ゲスト】
    晝馬 明(浜松ホトニクス社長)
    【トークテーマ】
     「人類の未知に挑戦 光技術でノーベル賞を支える」 
    光の技術を追求する「浜松ホトニクス」。光電子増倍管の世界シェア90%。売上規模1000億円。世界最高水準の性能を誇る各種光センサーを生産する特出した地方の優良企業である。東大の小柴昌俊教授が素粒子ニュートリノを発見した「スーパーカミオカンデ」の心臓部に光電子増倍管を提供。また世紀の発見と言われたヒッグス粒子の検出では、半導体検出器と光電子増倍管を提供。これら二つのノーベル賞受賞の中核技術を支えた。こうした高水準の技術は、売上高の10%を注ぎこむ同社の研究開発費や、需要を追わず創造性を重視する経営姿勢から生まれている。晝馬明(ひるま あきら)社長に「人類の未知に挑戦 光技術でノーベル賞を支える」を伺う。

    移設反対派の勝利 沖縄基地問題の今後

  • 2014年 1月17日(金)

    【ゲスト】
    世界のパソコン市場でシェア1位となったレノボ。スマホやタブレット端末などが増える中、パソコンは今後どうなっていくのか。NECPCのトップも勤めるラピン社長に国内外の販売戦略を伺う。
    【トークテーマ】
    ロードリック・ラピン(NECパーソナルコンピュータ社長、レノボ・ジャパン社長)

    電子書籍 普及のカギは?

  • 2014年 1月16日(木)

    【ゲスト】
    冨田哲郎(JR東日本社長)
    【トークテーマ】
    世界随一のシステムを誇る日本の鉄道。実は今、アジア各国など新興国向けに都市型鉄道システムの輸出を始める動きが高まっている。日本の鉄道会社の海外事業戦略に迫る!

    縮小するビール市場 メーカー成長のカギは?

  • 2014年 1月15日(水)

    【ゲスト】
    辻本春弘(カプコン社長)
    【トークテーマ】
    「スマホに勝つ?家庭用ゲームの逆襲戦略」
    日本の家庭用ゲームメーカーが苦しんでいる。かつては家庭用の専用機で遊ぶのが主流だったのが、今やスマホを始めとした携帯端末で遊ぶ時代となり、加えて北米の大手資本に押されて、ヒット作が出ない状況になっているからだ。そんな中「モンスターハンター」シリーズが好調のカプコンは、この先のゲーム市場をどう捉えているのか?世界市場を勝ち抜く戦略を辻本社長に聞く。

    「NISA効果」で株式相場に変化

  • 2014年 1月14日(火)

    【ゲスト】
    猪口邦子(自民党参議院議員)/辻元清美(民主党衆議院議員)/小室淑恵(ワーク・ライフバランス社長)
    【トークテーマ】
    国会議員VS文化人
    女性たちが少子化問題&社会進出について徹底討論
    ~成長戦略「女性の活躍」は実現するのか!出生率改善に向けた国の対策は?~

    米家電見本市で見えた今年のトレンド

  • 2014年 1月13日(月)

    【ゲスト】
    羅 怡文(ラオックス社長)
    【トークテーマ】
    「メイドインジャパンこそ グローバル化の鍵」
    昨年12月、日本を訪れた外国人が1000万人を超えた。観光立国日本を謳う政府は、今後の年間訪日外国人数を2500万人にまで増やそうとしている。2020年の東京オリンピックも追い風になる。ここに焦点を絞っているのがラオックス。家電製品のみならず、時計、カメラ、化粧品、伝統工芸品など精度と技術に秀でた日本製品を、中国人をメインに訪日外国人に販売している。いま国内にあるラオックスの店舗数は10。今後数年をかけて、全国の観光拠点へ更なる出店を計画中だ。中国でも、免税店ではないが12店舗を展開し、魅力ある日本製品を中心に販売している。ラオックスの羅怡文(ら いぶん)社長に「メイドインジャパンこそ グローバル化の鍵」を伺う。

    大人になったら変わること 20歳からのお金の話

  • 2014年 1月10日(金)

    【ゲスト】
    岩瀬 大輔(ライフネット生命社長)
    【トークテーマ】
    37歳で社長に就任した岩瀬さん。ライフネット生命は今年は初めて海外に進出し韓国でビジネスを始めます。ベンチャー企業の若手社長に次なるビジネス戦略と日本経済の見通しを聞きます。

    スマホ市場の新潮流 どうなる?日本の電機業界

  • 2014年 1月9日(木)

    【ゲスト】
    川淵 三郎(日本サッカー協会最高顧問)
    【トークテーマ】
    6月にブラジルで開催されるサッカーワールドカップの見どころと、ザックジャパンへの期待について日本サッカー協会の川淵三郎キャプテンに聞く!

    インフルエンザ対策の「常識」を疑え

  • 2014年 1月8日(水)

    【ゲスト】
    新家 義貴(第一生命経済研究所・主席アナリスト)
    【トークテーマ】
    「2014景気の行方は?トップアナリストがずばり予測!」
    アベノミクス効果などでデフレ脱却の道が見えてきた日本経済。しかし4月には消費増税が実施されるなど、まだまだ予断を許さない状況にある。果たして景気はこのまま回復へ向かうのか?日本経済研究センターが行っている「ESPフォーキャスト調査」の景気予測的中率で5年連続トップ5に入った新家義貴さんが、2014年の景気の行方をずばり予測する。

    「景気の好循環」実現のカギは?

  • 2014年 1月7日(火)

    【ゲスト】
    平沢 勝栄(自民党・衆議院議員)/片山 虎之助(日本維新の会・参議院議員)/小池 晃(共産党・参議院議員)
    【トークテーマ】
    新春バトル!2014安倍政権の未来を各党の重鎮が徹底討論!
    ~外交バトル!靖国参拝で中国・韓国との関係は?/憲法バトル!憲法改正に突き進む2014~

    日本・トルコ 経済連携のメリットは?

  • 2014年 1月6日(月)

    【ゲスト】
    坂根 正弘(コマツ相談役)
    【トークテーマ】
     「アベノミクスでチャンス到来 今日本企業が決断すべきこと」
    アベノミクスによりデフレ脱却の道筋が見え始めた日本。2014年は、経済成長の更なる飛躍に期待できる年となりそうだ。中国経済が調整期に入り、新興国が伸び悩む中、世界の投資マネーは日本に向かうと予想され、更に米国経済の復調もあと押しする。今後、アベノミクスが日本経済を上手くリードできれば必ず成長に結びつく。こうした中、日本企業のリーダーたちは今何を決断すべきか。財界の重鎮、コマツの坂根相談役に「アベノミクスでチャンス到来 今日本企業が決断すべきこと」を伺う。

    株式相場 けん引するのは「3つの主役」