この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます

バックナンバー

  • 2015年 11月30日(月)

    【ゲスト】
    青山幸恭(ALSOK社長)
    【トークテーマ】
    「ここまで来た!ニッポンの「守る」ビジネス」
    常駐警備にはじまり、ビートルズ、上野のパンダ、モナリザなどあらゆるものを守り続けてきたALSOK。オフィスや家庭のセキュリティーだけにとどまらず、高齢者の見守りから空き家の見回りまで、時代に合わせた新しいサービスを次々と生み出しています。広がる「守る」ビジネス、青山幸恭社長に次の一手を聞きます。

    「ストレスチェック」で社員の健康促進へ

  • 2015年 11月27日(金)

    【ゲスト】
    牧野知弘(オラガHSC社長)
    【トークテーマ】
    「マンションが崩壊の危機!? 高齢化する管理組合の実態」
    今、日本に600万戸以上あるといわれるマンション。その存続が危ぶまれているという。原因のひとつが高齢化だ。住民の高齢化によって管理組合が機能不全に陥り、管理費や修繕積立金の滞納も増加しているという。また、住人の死去後、放置されて空き家状態の住戸も増えているという。空き家が増えればマンション自体の資産価値も目減りするといわれ、住人とその家族だけの問題にはとどまらない。マンションの資産価値を維持するためにはどうすればよいのか。

    ロシアのドーピング問題の波紋

  • 2015年 11月26日(木)

    【ゲスト】
    吉岡逸夫 (JOCA青年海外協力協会理事) 小川登志夫(JICA青年海外協力隊事務局長)
    【トークテーマ】
    「青年海外協力隊発足50周年 真のグローバル人材と国際協力の未来」
    グローバル化が求められる日本企業。自社のビジネスを優位に進めることができる人材確保は急務。 そうした人材を確保する方策の一つが「青年海外協力隊」の経験者の採用。 しかし一方で、若者の内向き志向などで、近年協力隊への応募者数が減少している。

    「1億総活躍社会」実現 子育て支援策

  • 2015年 11月25日(水)

    【ゲスト】
    渡邉光一郎(第一生命保険社長)
    【トークテーマ】
    「人口減の日本でなぜ成長出来るのか? 総資産50兆円の巨大生保 未来への布石」
     株式会社化し、機動力を増す第一生命。総人口や労働人口が減少していく日本で、増収増益を続けている。最大ではなく最良の保険会社を目指し、需要を掘り起こしてきた結果というが、企業の何を変えたのか。さらに大手生命保険会社が海外の保険会社を買収する動きがあるが、第一生命がアメリカでM&Aで成長を続けるプロテクティブ社を買収した真の狙いはなにか。トップの渡邉光一郎社長に聞く。

    TPP大綱 「攻め」の農業はどこに?

  • 2015年 11月24日(火)

    【ゲスト】
    福田充 (日本大学教授) 和田大樹(清和大学非常勤講師)
    【トークテーマ】
    「国際的課題「テロ問題」と日本はどう向き合うべきか」
    ~日本が無差別テロの“標的”になる可能性はあるのか/東京五輪・伊勢志摩サミット…相次ぐ大イベントでリスクは増大!?/日本の入国管理の思わぬ「盲点」/急増するホームグロウン・テロの恐怖とは~

    安保新法制と日米同盟

  • 2015年 11月23日(月)

    【ゲスト】
    ジェームズ・スタインバーグ(元米国務副長官)
    【トークテーマ】
    「中国の台頭と南シナ海問題の本質」
    日米関係、中国問題、安全保障をテーマに日米の政府関係者や研究者が対話を深める国際会議「富士山会合」(11月21~23日,日本経済研究センターなどの主催)。中国が南シナ海で「人口島」を造成している問題をめぐり、米中はどうすれば衝突を回避できるでしょうか。その時の日本の役割は、そして新しい日米関係をどう構築していくべきでしょうか。米国で国家安全保障担当の大統領副補佐官など外交・安保の要職を歴任してきたスタインバーグ元国務副長官に考えを聞きます。

    投信コスト革命の時代

  • 2015年 11月20日(金)

    【ゲスト】
    冨安徳久(ティア社長)
    【トークテーマ】
    「明朗会計で「激安」に? 変わる葬儀業界」
    高齢化に伴い死亡する人が増え、2030年には年間約160万人に達すると見られている。葬儀市場はいまや2兆円規模に拡大、業界の競争は激しさを増している。こうした中、名古屋を拠点にサービス網を拡大し、東証1部上場を果たした企業が「ティア」だ。不透明になりがちな葬儀料金を明朗会計にして低価格を実現。局地的に営業所を開設するなどの戦略で、周辺住民の支持を勝ち得ている。葬儀は今後、どのように変わっていくのか。冨安徳久社長に聞く。

    東芝 会計不祥事問題の深層

  • 2015年 11月19日(木)

    【ゲスト】
    松本哲哉(東京医科大学 微生物学講座主任教授)
    【トークテーマ】
    「今冬大流行の恐れも…新型ノロウイルス 予防法と職場の対策」
    毎年冬に流行する2015~2016年にかけてノロウイルスの遺伝子が新型に変異し、大流行する危険性があるという。 従来のウイルスと何が違うのか?新型ノロウイルスの予防するための効果的な方法と、もし家庭、学校、職場に ノロウイルスに感染している疑いがある人がいたらどう対応すればいいのか?専門家に詳しく聞く。

    ASEAN経済共同体 発足へ課題山積

  • 2015年 11月18日(水)

    【ゲスト】
    家次恒氏(シスメックス社長)
    【トークテーマ】
    「15期連続増収企業 日本が出遅れた医療機器市場の攻め方」
    15期連続増収、14期連続増配の医療機器メーカーのシスメックスの社長家次恒氏がゲスト。血球計測などの血液検査装置を主力に、様々な装置・サービスを手掛ける。実は日本は、医療機器分野では貿易赤字国。しかし、社長の家次氏はモノづくり立国日本なら黒字にすることは可能であるという。世界金融危機の中でも増収増益を続けたシスメックスのビジネスモデルはどのようなものなのか?個別化医療が進む中で、未来への布石について伺う。

    ボージョレ解禁 ワインと気象の関係

  • 2015年 11月17日(火)

    【ゲスト】
    片岡剛士 (UFJリサーチ&コンサルティング主任研究員) 熊野英生(第一生命経済研究所首席エコノミスト)
    【トークテーマ】
    「GDP速報値から読み解くアベノミクスの今後」
    ~2四半期連続でのマイナス成長、今後の見通しは/2017年4月の「再増税」は予定通り行われるのか/アメリカ利上げ・中国経済不安・TPP…日本経済に与える影響とは/専門家2人が提言!経済再生の秘策~

    G20 テロと闘う決意表明

  • 2015年 11月16日(月)

    【ゲスト】
    志賀俊之(産業革新機構会長兼CEO)
    【トークテーマ】
    「日産リバイバルの功労者 日本のベンチャー育成を語る」
     日産自動車CEOのカルロス・ゴーン氏のもと、大規模なリストラを断行してきた現副会長の志賀俊之氏が官民ファンド、産業革新機構のCEOとしてスタジオに登場します。「日本のイーロン・マスク((米テスラ・モーターズCEO)を育てたい」と語る志賀氏が投資先として期待するベンチャー企業とは。緩まないというねじを発明したNejiLaw(ネジロウ)をはじめ、産業革新機構の有望投資先を取材しました。

    パリ同時テロ 欧・米・露はどう動く

  • 2015年 11月13日(金)

    【ゲスト】
    丁 宗鐵(日本薬科大学教授・漢方専門医)
    【トークテーマ】
    「病気の予兆を見逃すな!第2弾 病のサインは「顔」に出る」
    感情や性格は「顔に出る」というが、実は病気も予兆として顔に出る。漢方医は、まずは輪郭・肌の色・目・舌などの「見た目」で患者の身体の状態を判断する。たとえば、目の下のクマは脳梗塞、舌の変形は肝臓の機能低下の予兆で、見た目が実年齢より若く見える人は、大病を患う可能性が高いという。顔の変化はどんな病気の予兆なのか。また、顔のどんな変化に気をつければよいのか。専門医に聞く。

    東芝 米子会社で巨額減損処理

  • 2015年 11月12日(木)

    【ゲスト】
    高草木陽光(夫婦問題カウンセラー)
    【トークテーマ】
    「離婚・親子関係崩壊の恐れも・・・社会問題化する妻の“実家依存症”の実態と克服法」
    2014年の離婚件数は22 万 2000 組。夫婦問題カウンセラーの高草木陽光さんは、離婚原因の一つとして 近年「妻の実家依存」というケースが増えていると指摘する。 結婚してからも自分の実家に精神的、経済的に依存し、夫をないがしろにしてしまう妻が増加している背景は何か? 夫婦関係、親子関係にどんな悪影響をもたらすのか?「実家依存」の問題点と、その克服法について聞く。

    消費税に苦しむ大病院

  • 2015年 11月11日(水)

    【ゲスト】
    岩重佳治(全国奨学金問題対策全国会議事務局長・弁護士)
    【トークテーマ】
    「奨学金が生む貧困社会 延滞金利5%は適正?」
    全国に約170万人いる奨学生。大学生の約3人に1人が奨学金を受給している。日本に独特な奨学金制度が有利子貸付型の奨学金制度。日本学生支援機構の場合、延滞をすると金利は5%にもなり、返済に困窮する人が年々増加しているのである。奨学金返済で困窮する社会的背景は何か?制度に問題はないか?奨学金問題対策全国会議事務局長の岩重佳治弁護士に聞く。

    世界経営者会議 トップが語る成長戦略

  • 2015年 11月10日(火)

    【ゲスト】
    渡部恒雄 (東京財団上席研究員)
    【トークテーマ】
    「南シナ海をめぐる「米中攻防」の行方」
    ~米軍戦艦の哨戒活動で南シナ海緊張…アメリカの「次なる一手」とは/APEC・ASEANを舞台に加熱する“東南アジア取り込み合戦”の行方/分断後初の首脳会談“中台接近”が及ぼす影響は/米大統領選後の対中政策はどうなる~

    南シナ海 米中攻防の行方

  • 2015年 11月9日(月)

    【ゲスト】
    小川理子(パナソニック役員)
    【トークテーマ】
    「高級オーディオ復活 推進役は女性ジャズピアニスト」
    パナソニックの高級オーディオ「テクニクス」復活の立役者でジャズピアニストの小川理子役員に音へのこだわりを聞きます。ブランドを統一する「ワンパナソニック」の戦略を見直してのテクニクス復活。その狙いは何でしょうか。彼女による名曲、枯葉のピアノ演奏に答えがあるかもしれません。 

    サイバーセキュリティーの現状と課題

  • 2015年 11月6日(金)

    【ゲスト】
    沢木敬介(ラグビー日本代表 コーチングコーディネーター)
    【トークテーマ】
    「ラグビー日本代表の快進撃に学ぶ 勝つための組織論」
    歴史的勝利に日本中が湧いたラグビー日本代表。チームを率いたヘッド―コーチ、エディー・ジョーンズ氏は、世界一の練習量と言われる、過酷を極めたトレーニングを選手に課した。目指したのは日本人の短所を見極め“JAPAN WAY”という日本人の特性を活かした世界で戦えるチーム作りだ。同氏を支えたのがチーム唯一の日本人コーチ、沢木敬介氏。選手に対しての指導はもちろん、多人種部隊とも言える日本代表チームを結束させる要として活躍した。勝つためにラグビー日本代表は何をしたのか。組織論を聞く。

    加速するASEAN企業のグローバル化

  • 2015年 11月5日(木)

    【ゲスト】
    河野太郎(行政改革担当大臣)
    【トークテーマ】
    「河野太郎大臣に聞く!訪日客を取り込む“民泊”の規制改革」
    政府の規制改革会議で今期審議される重要テーマの1つに含まれている「民泊サービス」などの「シェアリングエコノミーの推進」。 訪日客の増加で宿泊施設が不足している中、個人が自宅などに旅行客を泊める「民泊」の規制改革は進むのか? またそこにはどのような課題があるのか?規制改革を担当する河野太郎大臣に聞く。

    傾斜マンション 再発どう防ぐ?

  • 2015年 11月4日(水)

    【ゲスト】
    森山高至(建築エコノミスト・建築士)
    瀬戸仲男(弁護士・アルティ法律事務所 所長)
    【トークテーマ】
    「マンション傾斜問題 建築業界の闇・住民合意を導く補償とは」
    真実が次々と明るみにになる横浜のマンション傾斜問題。工期に間に合わせるために、きちんとした施工を行わなかったことが要因の一つとされている。そこには、日本独特の建築業界の事情があるという。またここ数年、建築物価が高騰しているが、分譲価格での買い取りは十分なのか。また、5分の4の合意に達しない場合の補償は、どう行われるべきなのか。建築士でもあり建築エコノミストの森山高至さんと、建築問題に詳しい瀬戸仲男弁護士に聞く。

    郵政3社上場 順調スタートも死角は?

  • 2015年 11月3日(火)

    【ゲスト】
    柯隆 (富士通総研主席研究員)
    【トークテーマ】
    「首脳会談と「5ヵ年計画」から読み解く中国の行方」
    ~日中首脳会談から見えてきたこれからの対日外交姿勢/国営企業改革・大気汚染対策…正念場迎える“大国”が描く成長戦略は/欧州首脳と次々会談、習近平国家主席が切り拓く「新外交路線」/南シナ海の「緊張」は経済にどういう影響を与えるのか~

    野球国際大会「プレミア12」の狙い

  • 2015年 11月2日(月)

    【ゲスト】
    広木隆(マネックス証券チーフ・ストラテジスト)、窪田朋一郎(松井証券シニアマーケットアナリスト)
    【トークテーマ】
    「企業業績 郵政上場 気になる中国 個人投資家どう動く?」
    今週は企業の4~9月期の決算発表がピークを迎えます。4日には個人マネーを株式市場に向かわせる郵政株の上場とイベントが相次ぎます。中国経済の減速もあって個人投資家にとって株式相場は先が見えにくくなっています。ネット証券の人気アナリスト2人に大胆予測してもらいます。

    日中韓首脳 それぞれの思惑