この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます

バックナンバー

  • 2019年 6月28日(金)

    G20大阪サミット詳報・米中首脳は歩み寄るのかゲスト:柯隆(東京財団政策研究所 主席研究員)

    大阪市で始まったG20サミットを詳報。サミットの様子に加え、2国間の首脳会談などについて、現地から中継で伝えます。世界経済の先行きに影を落とす米中貿易戦争。米中首脳は歩み寄りを見せるのでしょうか。中国のマクロ経済分析や米中問題などに明るい柯隆氏(東京財団政策研究所主席研究員)をスタジオに迎え、今後の米中関係を展望 します。

  • 2019年 6月27日(木)

    G20開催直前!米中会談のウラ事情安倍外交の手腕は?ゲスト:ジョセフ・クラフト(経済アナリスト)

    世界経済、海洋プラスチック問題などの対策について話し合われるG20サミット。その裏の課題も山積している。トランプ政権の「米国第一」の姿勢に対して各国首脳は?また、米国と一触即発のイラン情勢について中国やロシアが米国に対抗する可能性も。中国の人権問題、海洋進出は?北方領土問題に進展はあるのか?議長国として安倍総理の外交手腕が試される。

  • 2019年 6月26日(水)

    中東緊迫 米がイラン包囲網 無人機撃墜の報復でサイバー攻撃ゲスト:田中浩一郎(慶応義塾大学 教授)

    トランプ米大統領がイランへの追加制裁を科す大統領令に署名しました。米国の圧力にイランは反発を強めており、中東の緊張はさらに高まりそうです。気になる原油価格への影響なども分析します。

  • 2019年 6月25日(火)

    揺れる日産・成長シナリオ描けるか?ゲスト:中西孝樹(ナカニシ自動車産業リサーチ 代表)西條都夫(日本経済新聞 編集委員)

    25日に日産自動車の株主総会が開かれる。土壇場の合意でルノーによる「投票棄権」は回避できたものの、緊張の火種はくすぶったままだ。経営の独立性を守りつつ、調達や生産など幅広い分野で融合が進んだルノーとの関係をどう修復するのか?北米や新興国での販売低迷をテコ入れし、成長力を取り戻せるのか?専門家とともに「日産再生」の行方を占う。

  • 2019年 6月24日(月)

    プラスチックごみ問題 日本の対応は「ガラパゴス化」!?ゲスト:松本津奈子(環境コンサルタント)

    深刻化する「プラスチックごみ問題」を特集する。欧州などの多くの国ではレジ袋の有料化をはじめとする取り組みが本格化しているが、日本の対応は鈍い。国連によれば、日本の1人あたりの使い捨てプラスチックの使用量は米国に次いで世界2位だ。海外の動きと日本の現状を「日本はガラパゴス化している」と主張する専門家に聞く。

  • 2019年 6月21日(金)

    G20、東京五輪…拡大を続ける防犯カメラ市場最新事情ゲスト:梅本正行(防犯アナリスト)

    特集は「拡大を続ける防犯カメラ市場の最新事情」。G20(20カ国・地域首脳会議)や東京五輪など国際的なイベント開催に向けた需要増加が見込まれている。安価な海外製品が流入し価格競争が激しくなる中、Ai(人工知能)や画像解析技術との融合などシステム開発も進んでいる。このほか最新ニュースやマーケット情報を速報する。

  • 2019年 6月20日(木)

    パウエルFRB議長発言、市場が注目する“利下げ”は?ゲスト:矢嶋康次(ニッセイ基礎研究所)  清水功哉(日本経済新聞編集委員)

    金融政策を決める米連邦公開市場委員会(FOMC)が開かれる。投資家の関心は米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の会見だ。今回は金融緩和への転換を見送るとみられているが、利下げの可能性や期待をどこまで示唆するか?FRBは2015年12月に利上げを再開したが、株価下落などで去年12月を最後に政策金利の引き上げを停止している。投資家は年内に金融緩和に転じると織り込んでいるよう。利下げ局面となった場合、市場はいつまで好感するのか。そして、トランプ大統領の政策介入はどこまで・・・?

  • 2019年 6月19日(水)

    あす当選者発表「五輪チケット」もし当選したら気をつけたい点ゲスト:福井健策(骨董通り法律事務所 弁護士)

    東京五輪の観戦チケット申し込みの抽選結果が20日発表される。チケット不正転売禁止法施行で規制が強化されたが、チケット入手に伴うリスクがなくなったわけではない。特集では不正転売や詐欺行為を避けるポイントを解説する。

  • 2019年 6月18日(火)

    老後2000万円は本当か? 50代からの資産防衛ゲスト:山中伸枝(アセット・アドバンテージ代表取締役) 畠中雅子(フィナンシャルプランナー)

    老後資金「2000万円」問題が世間の注目を集めているが、ゆとりある老後を過ごすためには一体いくら必要なのか?フィナンシャルプランナーを招き、所得や生活スタイルごとに実際の必要額を試算。そのうえで資産の目減りを防ぐ「資産防衛」や、資産を増やすための運用戦略について考える。

  • 2019年 6月17日(月)

    必見!市場関係者が考える令和時代の新相場格言ゲスト:木野内栄治(大和証券 )井出真吾(ニッセイ基礎研究所)窪田朋一郎(松井証券)

    時代が令和に変わって1か月半が経つ。株式市場はトランプ大統領の発言や貿易摩擦、アルゴリズム取引、外国人投資家などの影響を一層強く受け、その動向が読みづらくなっている。困った時の拠り所となってきた相場格言も、「今」に対応する必要があるのではないか?特集では市場関係者の協力を仰ぎ「令和時代の新相場格言」を考える。

  • 2019年 6月14日(金)

    中国はレアアースを“切り札”にできるか?ゲスト:平沼 光(東京財団政策研究所 研究員)山田 周平(日本経済新聞)

    貿易戦争の相手国・米国への対抗策として、中国が世界生産の7割を握るレアアース(希土類)の輸出規制をちらつかせている。しかし、この策はかつて世界貿易機関(WTO)によって「違反」と断じられた禁じ手だ。レアアースは中国の切り札となるのか。中国の思惑と輸出規制の損得を解説する。

  • 2019年 6月13日(木)

    相続制度が変わる!争いも回避?嫁も介護で請求権ゲスト:天野隆(税理士法人レガシィ 代表)

    特に大きく変わるのは、「特別寄与料」が新設される。例えば長男の嫁が夫の両親を生前に介護をしても嫁は対象外だった。今回からは嫁も遺産を受け取る権利が発生する。寄与に応じた額の支払いを請求することができるようになる。そのために準備すべき事とは?また、遺産分割協議が終了するまで故人の銀行口座は凍結されていたが、凍結前に葬儀費用など引き出せる制度など。

  • 2019年 6月12日(水)

    経済も外交も八方ふさがり韓国・文大統領ゲスト:武田淳(伊藤忠総研 チーフエコノミスト)峯岸博(日本経済新聞 編集委員)

    米朝首脳会談から1年。成果は乏しく、米朝仲介役を自認する韓国の文在寅大統領に就任時の勢いはない。経済でも若年失業率が高水準。外交・経済を立て直せるのでしょうか。

  • 2019年 6月11日(火)

    ビットコインなど上昇傾向・仮想通貨「冬の時代」は終わったのかゲスト:大槻奈那(マネックス証券)

    今年に入ってビットコインなど仮想通貨(暗号資産)の相場が持ち直しの動きを見せています。一時は大きく崩れした仮想通貨。しかし、欧米の中央銀行が金融緩和にかじを切る姿勢を示唆したことなどを背景に、 高リスク資産にマネーが流入。仮想通貨の相場を押し上げているもようです。今後の相場の行方は。果たして、仮想通貨は健全な投資対象なのでしょうか。専門家と考えます。

  • 2019年 6月10日(月)

    値上げラッシュの真実…家計への影響を緊急試算!ゲスト:永濱利廣(第一生命経済研究所 首席エコノミスト)

    原材料費や人件費の高騰を理由に、様々な商品の値上げが続いています。この値上げはいつまで続くのでしょうか。また今後どのような商品に値上げが予定されているのでしょうか。10月に予定されている消費税率引き上げと合わせ、家計へどの程度影響が及ぶのでしょうか。専門家が試算を行い、値上げの実態を解説します。

  • 2019年 6月7日(金)

    令和時代の住まい選び・不動産市場で「パワーシニア」が存在感ゲスト:井出武(東京カンテイ)  野尻哲史(フィデリティ「退職・投資教育研究所」所長)

    今、不動産市場で「パワーシニア」と呼ばれる高齢者が存在感を高めています。一定の貯蓄を保有するなど購買力を維持する「パワーシニア」はどのような住宅を選んでいるのか。「パワーシニア」動向が不動産市場にどの程度の影響を及ぼしているのか。令和時代の住まい選びを考えます。

  • 2019年 6月6日(木)

    英メイ首相辞任へ!後任は誰に 合意なき離脱が加速?ゲスト:山崎加津子(大和総研 経済調査部 主席研究員)

    次期首相を選ぶ保守党党首選が事実上スタート。欧州連合(EU)離脱の迷走ぶりで失った党勢は回復することはできるのか。10人以上の候補者の中で半分近くが「強硬離脱派」が顔を揃える。中でも支持率が高いボリス・ジョンソン前外相は「合意があろうとなかろうと、10月末には離脱する。」と明言している。しかし、後任が誰になっても離脱方針をまとめるのは至難の業と言われている。果たして・・・。

  • 2019年 6月5日(水)

    いま買うべき車はどれか? 自動運転に向けた安全装備に注目!ゲスト:小川計介(日経Automotive編集長)

    車選びは燃費、価格だけでなく、安全へのこだわりが増しています。トヨタ自動車、SUBARUの開発者のこだわりは? そしてゲスト注目は、日産が投入したあの技術です。

  • 2019年 6月4日(火)

    携帯新料金プラン開始!本当にお得な選び方とは?ゲスト:三上洋(ITジャーナリスト)

    料金プランやファーウェイをめぐる端末販売方針など、携帯電話を取り巻く環境が大きく変わりつつある。端末と通信の料金を分けた新しいプランは、ユーザーにとって本当にお得な制度となっているのか。現在販売、使用されているファーウェイ製の端末を使う際、今後どのような点に注意が必要となるか。最新事情と合わせ、専門家に聞く。

  • 2019年 6月3日(月)

    米中貿易戦争が一段と激化!それでも上がる株・下がる株はゲスト:大木将充(ファイブスター投信 投資顧問)井出真吾(ニッセイ基礎研究所)

    米中貿易戦争が一段と激化する方向だ。アメリカはファーウェイ締め出しをてこに中国をゆさぶり、中国側も引き下がる気配はない。 摩擦が長期化する中で、個別株に目を凝らせば逆境をばねに収益を伸ばしたり「漁夫の利」を得る企業もある。市場のプロたちをゲストに招き、貿易戦争下でも上がる株、下がる株を考える。