バックナンバー

2022年5月30日(月)夜10時 「神奈川・栄光学園…3割が東大へ!英語討論日本一の頭脳も」

栄光学園中学高等学校。「神奈川御三家」のひとつに数えられる、創立75年の伝統校だ。毎年、約3分の1の卒業生が東京大学に合格することでも知られている。栄光学園があるのは神奈川県鎌倉市。大船駅から徒歩15分。山に囲まれた自然豊かな環境に建築家・隈研吾氏の監修で建てられた開放感あふれる校舎がそびえている。敷地面積は東京ドーム2個分以上というから驚きだ。校内に入ると、心落ち着く聖堂や蔵書数4万5000冊を誇る図書室、漫画コーナーもあるリラックススペースなど充実の環境が整っている。そして栄光学園らしさがにじみ出ているのが職員室。廊下と直結している部屋には文字通り壁がなく、生徒と教師が気軽に会話を交わしている。授業以外でも様々なアドバイスをしてくれる教師との近さが生徒の自主的な学びをサポートしているのだ。そんな中、カメラは英語ディベートの強豪として知られる英語部に注目。キャプテンは英検一級の資格を持つ、3年生の岡村隆聖くん(取材時は2年生)。栄光学園に入学したことで英語の面白さに目覚めたそうだ。目下の目標は高校生活最後の英語ディベート大会で、日本一になること。高1の時に別の全国大会で優勝したが、最近はチームが不調だという。その原因は?そして迎えた大会当日…、果たして結果は?

続きを読む

バックナンバー

/pages
ページトップに戻る