バックナンバー

2022年4月25日(月)夜10時 「東京・広尾学園…200人以上が合格!海外の大学に強い秘密」

今回の名門校は、200人以上が海外の大学に合格している広尾学園中学校・高等学校。かつては順心女子学園という女子校だったが、2007年に共学化するとともに現在の校名に。注目の進学校に変貌した。広尾学園があるのは都心の広尾駅から徒歩1分。9階建ての校舎にはエレベーターやおしゃれなカフェも。中庭から光が差す開放的な空間で生徒たちは生き生きと過ごしている。ダンス部やチアリーディング部は全国大会常連だ。そんな広尾学園は、3つのコースに分かれている。東大を始めとした国公立大や早慶上智など国内の難関大学を目指す「本科コース」。第一線で活躍できる医師や研究者の育成を目指す「医進・サイエンスコース」。そして海外の有名大学に多数の合格者を出す「インターナショナルコース」だ。このコースでは高校生になると全て英語で授業が行われる。また、海外の大学で重視される社会活動にも生徒自ら積極的に取り組んでいる。そんな中、カメラはこの春、インターナショナルコースの高校2年生になったばかりの女子生徒に注目。在籍しているダンス部では、振り付け担当として部員みんなを引っ張っているが、元々はシャイな性格。高2になって、そろそろ進学先を決める時期。海外の大学に進んで本当にやっていけるのか不安を覚え始めたという。そんな彼女に両親や卒業生がかけた言葉とは?悩める青春と挑戦に密着した。

続きを読む

バックナンバー

/pages
ページトップに戻る