バックナンバー

2022年3月28日(月)夜10時 「自分で自分を教育する…千葉・市川の挑戦!」

今回の名門校は市川中学校・市川高等学校、千葉県屈指の進学校である。
この学校が最も重視するのが「第三教育」。第三教育とは家庭で親から受ける第一教育、学校で教師から学ぶ第二教育に対し、自分で自分を教育すること。その第三教育を生徒達が実践するのが「市川アカデミックディ」。中学1年生から高校2年生までの有志が環境問題、社会問題、歴史、日々の研究、課外活動で得た成果などを発表するというもの。自分達で行動し、自分達で研究を重ねた熱いプレゼンテーションが毎年3月に行われ、今年は5回目。その中心となる委員会に密着、委員長の村田航志君と寺田陸君らは先輩達から受け継いだ市川アカデミックディを成功させるため準備に追われていた。期末試験が終わり、疲れている彼らだが1つ1つこなし着々と進めていた。しかも2年前、コロナ禍で休校となった時ですらも実行、なぜ彼らは市川アカデミックディを継続させるのか?その訳を当時の先輩、この春卒業し東大工学部に進学が決まった大村慧君と海外の大学に進学する稲葉慎太郎君に聞き、市川アカデミックディで培うもの、市川中学校・市川高校で学ぶことは何かを探ってみた。

続きを読む

バックナンバー

/pages
ページトップに戻る