バックナンバー

2022年4月4日(月)夜10時 「科学の甲子園…理数系生徒達の頭脳とは?」

今回の名門校は、滋賀県立膳所高校。創立124年の伝統校。文科省からスーパーサイエンスハイスクールの指定をうけ今年で16年目。学校が力を入れているのが高大連携。京都大学や滋賀医科大学と連携し、生徒が大学に赴き、大学生と同程度の科学の授業を体験する。科学教育が充実しているためなのか生徒の7割は理系だ。膳所高校は、年に一度開催される「科学の甲子園」の強豪校としても知られている。今年、出場チームのキャプテンを務めるのが、2年生の扇幸太郎くん。
子どもの頃から数学や物理が好きで、科学教育に力を入れている膳所高校に憧れ、入学をした。昨年は出場チームの選考から漏れてしまった扇くん。この一年間、大会のために勉強会に参加するなど努力を重ね、今年は晴れてキャプテンとしてチームを率いる。科学に魅せられ、そこに青春を捧げる高校生たちに密着した。

続きを読む

バックナンバー

/pages
ページトップに戻る