バックナンバー

第45話 世界に羽ばたく者へ贈る靴

2017.02.14

入口に“親愛なる精霊の皆様へ”と書かれた封筒が置かれていた。バイヤー(梨衣名)とスタイリスト(秦佐和子)はコンシェルジュ(大塚明夫)に報告。中には『世界に誇るべき国内産の靴を用意されたし』という内容の手紙と紙幣が入っていた。しかも『靴は玄関先に置いておくように』と。依頼主の顔がわからぬまま品物を選び、玄関先に置く3人。コンシェルジュは客が来るのを確認するため監視するが、いつの間にか眠ってしまい…。

<ドラマで紹介された商品> <スピングルムーヴ ダブル> カジュアルシューズ(SPMW019)
<スピングルムーヴ>の定番デザインであるspm-110を基にアップデート。
デザインの上質さを出すために、しじら織の布地とともに、部分的にスエードを採用し、上品な雰囲気を演出しました。

<スピングルムーヴ ダブル> カジュアルシューズ(SPMW022)
ブランドデビューからある定番デザインを基にアップデート。
しじら織の特徴を最大限生かしたしたシンプルなデザインで上品な雰囲気に仕上げました。

<スピングルムーヴ ダブル> カジュアルシューズ(SPMW024)
<スピングルムーヴ ダブル>のメインモデル。
毎シーズン素材を変えて提案。
2017春夏のコンセプトであるしじら織の布地を採用し、カジュアルな雰囲気と上品さを兼ね備えたデザインです。

<スピングルムーヴ ダブル> カジュアルシューズ(SPMW028)
<スピングルムーヴ ダブル>の2017春夏ニューモデル。
SPMW019同様のアッパーデザインをよりカジュアル要素の高いスニーカーのエッセンスを取り入れたデザイン。
しじら織特有の生地感と色合いを生かし、パーツによって配色を変えてあるところもポイントのひとつ。

<ブランド説明> <SPINGLE MOVE W / スピングルムーヴ ダブル>
<スピングルムーヴ>のハイエンドラインとしてこれまで築き上げたベースを軸にロンドン在住デザイナーのエッセンスを加え、メインラインでは表現をしていない細部にまで上質にこだわったモデルを提案。
素材もJAPAN MADEに拘り、「工場の背景」+「素材の特性」を生かした、海外のみの展示会で発表し、世界に向けて発信するライン。
ブランド名の中の「W」は
①W(ダブル)・・・デザイナーとの共同作業
②WEST(ウエスト)・・・西洋・広島・西日本
③WORLD(ワールド)・・・世界に向けたモデル
の3つの意味が込められている。