バックナンバー

第26話 郷愁のウイスキー

2016.09.27

真夜中の百貨店に精霊界のトップがやってきた!
トップは、ヨーロッパの百貨店でおもてなしをする精霊を探しに来たという。その申し出にコンシェルジュが異動の希望を出すが、バイヤーは自分が異動したいとコンシェルジュに「おもてなし勝負」を挑む。
今宵のお客様は、贈り物用のウイスキーを探していた…。

<ドラマで紹介された商品> <KAVALAN> カバラン ソリスト シェリーシングルカスクストレングス カスクNo.S090624015B (700ml/57.4度)
マスターブレンダーが特別に厳選したスペインのオロロソシェリー樽で熟成させたシングルカスクウイスキー。
シングルモルトのシングルバレルで、ボトルNo.の入った限定品。
重厚な深みのある美味しいレーズンの色で、ドライフルーツ、ナッツ、スパイスの香りを放ち、情熱的で艶やかな味わいが広がり続け、ほのかに良質なコーヒーの香りを帯びている。
※アルコール度数は樽から出す前の度数です。実際の商品と異なる場合がございます。

<ブランド説明>
<KAVALAN>
ウイスキーの常識を覆す亜熱帯熟成が特徴の製造メーカー。
ウイスキーの熟成は寒冷な地域で時間をかけて・・・それがこれまでの常識でした。2008年に誕生した<KAVALAN>の蒸溜所は、亜熱帯の台湾・雪山(せつざん)山脈のふもと。スコットランド製の蒸留器、澄んだ空気と清流、そして亜熱帯の熱気と湿度により早期熟成を実現しています。