バックナンバー

第36話 奇跡のエンゲージリング

2016.12.13

真夜中の百貨店のおもてなしは、人生を少しだけ好転させることができたのか?バイヤー(梨衣名)は「人生は綺麗ごとではない」とコンシェルジュを問いただすが、スタイリスト(南明奈)はバイヤーの意見に反論する。
そこに以前、兄妹で来たことのある男性客が一人で百貨店にやってくる。人生に行き詰った男性客は、コンシェルジュに最後の願いを依頼する…。

<ドラマで紹介された商品> <ISETAN MITSUKOSHI BRIDAL JEWELRY> ソリティアエンゲージメントリング
シンプルながらも永遠の定番として愛され続ける、一石のソリティアタイプのエンゲージメントリングです。
中心石のダイヤモンドは小ぶりながらも控えめに輝く0.15ctをセッティングしました。

<ISETAN MITSUKOSHI BRIDAL JEWELRY> SHIBORI
中心に向かってやわらかなカーブを描くデザインのマリッジリングです。
女性用のリングは、繊細で華奢なダイヤが、まるでリングをつないでいるかのようなデザインです。

<ISETAN MITSUKOSHI BRIDAL JEWELRY> 甲丸
もっともシンプルで指馴染みの良い、普遍的なデザインのマリッジリングです。
おふたりの個性を最大限引き立たせます。

<ブランド説明> <ISETAN MITSUKOSHI BRIDAL JEWELRY/ミツコシ イセタン ブライダル ジュエリー>
永遠に色あせない輝きを求めて。
ISETAN MITSUKOSHI BRIDAL JEWELRYはおふたりの永い人生を彩り続けるハイクオリティなブライダルジュエリーです。
毎日身に着けるブライダルリングだからこそ、デザインと着け心地にこだわりました。
いつも肌身離さず身に着け続けるものだから。
おふたりのこれからに寄り添うブライダルリングです。