バックナンバー

第5話 未来を歩む靴

2016.05.03

今宵もシークレットルームに特別なお客様がやってくる。
今回は、若い男女のカップル。
彼氏は彼女のために有り金をはたいて買い物をしようとするが、彼女のほうは夢を追う彼氏にある思いを抱いていた。
彼女の話を聞いて、コンシェルジュはかつての自分の夢を思い出す…。

<ドラマで紹介された商品> <アディダス オリジナルス> ZX 700 KTC
伊勢丹×アディダスとの初の共同開発プロジェクトとなる本作は、クラシック ランニングシューズ「ZX 700」がベース。
アッパーをブラックで統一し、ヌバックレザーとリフレクター素材のマテリアルミックス。
ワックス加工のシューレースが上品さをより一層引き立てます。

*1984年に誕生したZXシリーズは、「ZX 500」を皮切りに長距離トレイルランナーに向けて開発されました。
ランナーのレベルにあわせて硬さを変えたソールユニット、安定性を高めるヒールのプラパーツなど画期的なディテールの数々で当時のランニングシーンに衝撃を与えたシリーズです。 本モデルは、「ZX500」の翌年に登場した「ZX700」です。

1920年、西ドイツ・ニュルンベルク近郊のヘルツォーゲンアウラッハで、ダスラー兄弟が、靴製造の会社「ダスラー兄弟商会」を設立。
しかし1948年アドルフが「ADIDAS」社を設立。「ADIDAS」とはアドルフの愛称「Adi」とセカンドネームの「Dasser」を繋げたものです。
1965年、テニスシューズ「ハイレット」を発表。
1970年、オールレザーのバスケットシューズ「スーパースター」発表し、世界的スポーツカンパニーとして不動の地位を確立。
当時皮で作られていたスポーツシューズの補強のために編み出された3本のバンテージが、現在「ADIDAS」の象徴となった「スリーストライプライン」となっています。