奇跡の晩餐~ダイニングアウト物語~ 沖縄 南城篇

BSテレ東BSテレ東
2019年1月27日(日)放送終了
  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークにブックマークする

次回放送告知

 

番組内容

2018年11月23日(金・祝)、24日(土) に、沖縄県南城市にて、「DINING OUT RYUKYU-NANJO with LEXUS」が開催されました。
今回の舞台は、琉球を創成した女神「アマミキヨ」ゆかりの地で、琉球のはじまりの土地、沖縄県南城市。
「アマミキヨ」が創ったと伝えられる琉球の神々を祀る7つの御嶽(うたき)のうち、その4つが南城市に集中しており、DINING OUT史上最も神聖なる場所での開催となりました。

奇跡の晩餐~ダイニングアウト物語~ 沖縄 南城篇

料理に挑むのは、DINING OUT初の女性シェフ志摩観光ホテル総料理長の樋口宏江氏。 樋口シェフは、2016年5月に行われた伊勢志摩サミットで、各国の首相陣をうならせる料理を提供し話題に。その後、農林水産省料理人顕彰制度「料理マスターズ」のブロンズ賞を女性ではじめて受賞。日本を代表する女性料理人となった樋口シェフが、琉球を創成した女神「アマミキヨ」ゆかりの地を女性ならではの視点で表現します。

ホスト役は、過去6回のDINING OUTに出演し、「世界ベストレストラン50」の日本評議委員長でもある、食やカルチャーなどをテーマに活躍するコラムニスト、中村孝則氏を迎えました。

奇跡の晩餐~ダイニングアウト物語~ 沖縄 南城篇

そして、DINING OUTの成功には、調理やサーブを中心とした地元スタッフの協力が欠かせません。南城市や周辺の地域から約100名の地元スタッフが参加し、DINING OUTを盛り上げていきます。

沖縄の人々の生活や心にはいつも、自然へそして神への祈りと感謝があります。
それは、私たちは自然と神により生かされている存在であり、今生きていることは自然や神からの恵みそのものなのであるという気持ちの表れ。
また食べ物をいただくときも自然と神への感謝を忘れません。

そこで、今回のDINING OUTのテーマを「Origin いのちへの感謝と祈り」といたしました。

奇跡の晩餐~ダイニングアウト物語~ 沖縄 南城篇

出演者

奇跡の晩餐~ダイニングアウト物語~ 沖縄 南城篇
樋口 宏江
「志摩観光ホテル」
総料理長
三重県四日市市生まれ。1991年、志摩観光ホテルに入社。その後、23歳の若さでホテル志摩スペイン村のフランス料理「アルカサル」シェフに抜擢された。
2014年には、同ホテルで初めての女性総料理長に就任。
2016年に、「G7 伊勢志摩サミット」のディナーを担当し、各国首脳から称賛を受けた。翌年、第8回農林水産省料理人顕彰制度「料理マスターズ」のブロンズ賞を、女性として初めて受賞。今、最も世界から注目を集めている女性シェフである。
奇跡の晩餐~ダイニングアウト物語~ 沖縄 南城篇
中村 孝則
コラムニスト
神奈川県葉山生まれ。ファッションやカルチャーやグルメ、旅やホテルなどラグジュアリー・ライフをテーマに、雑誌や新聞、TVにて活躍中。2007年に、フランス・シャンパーニュ騎士団のシュバリエ(騎士爵位)の称号を授勲。2010年には、スペインよりカヴァ騎士の称号も授勲。(カヴァはスペインのスパークリングワインの呼称)2013年からは、世界のレストランの人気ランキングを決める「世界ベストレストラン50」の日本評議委員長も務める。剣道教士七段。大日本茶道学会茶道教授。
主な著書に「名店レシピの巡礼修業」(世界文化社)がある。

バックナンバー