バックナンバー

2012年 9月28日(金)
高座に広がる無限の世界 落語を生で楽しもう!
ゲスト:
伊集院光(タレント)
柳家花緑 (落語家)
2012年 9月27日(木)
昭和の薫り漂う喫茶店
昭和の空気を保ちつづける個人経営の喫茶店について話します。
ゲストは東京を中心に30年以上続く喫茶店を精力的に取材している塩沢槙さん。
昔ながらの喫茶業態の店は減少の一途をたどっています。
そんな中、生き残ってきた店にはそれぞれの理由があります。
商品・サービス・調度などの創意工夫に注目しつつ、店の人たちが1杯のコーヒーにかける思いを伝えます。
ゲスト:
塩沢槙(文筆家・写真家)
2012年 9月26日(水)
目指せ9016!健康な歯
今回は、「歯」…歯周病や噛む事、について学びます。
歯周病が脳梗塞や心筋梗塞、糖尿病や胃潰瘍、更には骨粗しょう症など、様々な病気の引き金となる事が指摘されていますが、30歳以上の80%が発症していると知っていましたか?
 また“噛む”という事が、ボケの予防、記憶力・集中力のUPに効果がある事も分かってきています。
 そこで、2003年に「患者が決めた!いい病院・関東版」で100点満点を獲得した村岡先生に、歯周病にならないための歯のケアから、歯磨きやガムなどの素朴な疑問まで色々と教えて頂きます。
 8020はもう古い、目指せ9016!健康な歯で、健康を手に入れましょう!
ゲスト:
麻丘めぐみ
村岡正弘(医学博士 東上野歯科クリニック 院長)
2012年 9月25日(火)
高まる中国リスク!日本企業の対中戦略見直し必要か?
大規模デモで多くの日本企業が破壊され、中国リスクはかつて無い程高まっている。日本企業は対中戦略の見直しが必要か?
ゲスト:
沈才彬(中国ビジネス研究所代表)
秋田浩之(日経新聞 論説委員)
2012年 9月24日(月)
認知症の介護とお金

介護を必要とする認知症の高齢者が、全国でおよそ300万人となることが先月、厚生労働省の推計で分かりました。これは10年前の実に2倍にあたり、65歳以上の10人に1人が認知症を患っていることになります。

では、家族が認知症になったら、もしくは、もしかして認知症?という疑いがある場合、まず誰に相談すればいいのでしょうか。

また、要介護認定を受けるときや介護保険を利用するときの注意点、家計の負担にかかわるケアプランの選択などについても、専門家にじっくり聞きます。
ゲスト:
上田浩美(ケアマネージャー・看護師)
平林亮子(公認会計士)

2012年 9月21日(金)
秋の空に広がる天体劇場 星空を写真におさめよう
ゲスト:
上坂浩光(映画監督・天体写真家)
西田信一郎(JAXA ロボティクス研究グループ グループ長)
2012年 9月20日(木)
航空ファンの世界
旅客機の愛で方、乗り方、マイレージサービスのポイントの貯め方などを専門家と航空通にききます。
ゲスト:
パラダイス山元(ラテン・ミュージシャン、旅客機愛好家)
青木謙知(航空評論家)
2012年 9月19日(水)
お茶
今回は、知ってそうで意外に知らない“お茶”をテーマに1時間お送りします。誰もが何となく、「健康に良い」「インフルエンザ予防に効果的」等々、お茶が体に良い事は認識していると思いますが、お茶にはまだまだ私たちの知らない、良い事がたくさんあるんです。
 スタジオに、日本茶道普及協会理事長でもある大妻女子大学の大森教授をお招きして、お茶の基礎知識から、美味しい入れ方、更には徹底的にお茶を味わい尽くす“お茶のフルコース”まで教えて頂きます。もちろん、症状・効果別のお茶の入れ方・味わい方も紹介しますので、普段あまりお茶を飲まれないという方も、ぜひこの機会にお茶の魅力に触れて頂きたいと思います。
ゲスト:
とよた真帆
大森正司(大妻女子大学教授 日本茶道普及協会理事長)
2012年 9月18日(火)
大婚活時代!ネット婚活とカトチャン現象に見る男女の狙い
なぜ結婚したくてもできないのか、その原因を徹底トーク。そして晩婚化で増えるネット婚活。そこから見える男女の狙いとは?
ゲスト:
山田昌弘(『「婚活」時代』著者、中央大学教授)
中川二博(リクルート執行役員 ブライダル事業本部本部長)
2012年 9月17日(月)
変わりゆくシニアの住宅事情
9月17日(月)マンデーマネーは変わりゆくシニアの住宅事情です。

住宅ローンの借り換えや、繰り上げ返済、また傷んだ箇所のリフォーム費用。
また、思い切って住み替える時に、自宅を売るか、貸すかなど50歳を超えた方は、長年住み続けた自宅について考えることが多いのではないでしょうか?

いまの家に一生住み続ける場合と、新たな家に住み替える場合それぞれに掛かるお金と、知っておきたいポイントについてファイナンシャル・プランナーの藤川太さんと、不動産コンサルタントの長谷川高さんに聞きます。
ゲスト:
長谷川 高(不動産コンサルタント)
藤川 太(ファイナンシャル・プランナー)
2012年 9月14日(金)
世界一有名な探偵小説 シャーロック・ホームズを楽しもう
ゲスト:
大槻ケンヂ(ミュージシャン・作家)
日暮雅通(翻訳家)
2012年 9月13日(木)
読書の秋…ミステリー小説が止まらない
ミステリー小説というジャンルは幅が広く奥行きが深く作品は星の数ほどもあります。
そこで、さて何を読もうか…と迷う大人のみなさんに提案する本の読み方選び方。
登場人物の人生を深く感じさせる小説の書評に定評がある北上次郎が厳選。
秋の夜長を読書ですごすのにぴったりのミステリー小説についてトーク。
ゲスト:
北上次郎(書評家・エッセイスト)
2012年 9月12日(水)
健康太極拳
今回は、以前放送した「大人のラジオ体操」に続き、1時間みっちり体を動かすテーマの第2弾、老若男女誰もが簡単にできる「健康太極拳」をお送りします。
基本はもちろん“呼吸”にあります。深く長い呼吸をしながら、ゆっくりと体を動かす。これだけで、体の歪みを整え正しい姿勢になり、気や血の巡りが良くなり、新陳代謝も高まるそうです。筋肉や関節の痛みが改善するだけでなく、便秘や冷え症の改善、美肌効果も期待できます。もちろん基本的な体力UPやシェイプアップ効果も望めるので、是非一度試してみてはいかがでしょうか。
ゲスト:
磯山さやか
楊慧(ようけい) 日本健康太極拳協会 副理事長、楊名時太極拳 師範
有限会社 楊名時太極拳事務所
電話:03-3259-8590 FAX : 03-3259-8610
〒101-0054 千代田区神田錦町2-5-10-4F
(楊名時太極拳記念会館4階)
2012年 9月11日(火)
在宅か施設か人生の終盤どう過ごす
人生の終盤を老人ホームなどの施設で過ごす人も増えている。最近では新たに「サービス付き高齢者向け住宅」も登場。
はたしてどこを選べば良いのか?気になる終の棲家を議論する。
ゲスト:
橋本俊明(メッセージ会長)
山口聡(日経新聞 編集委員)
2012年 9月10日(月)
社会を変えるお金の使い方「寄付」を考える
日本ではNPOなど非営利組織に対する個人寄付額は年間約5000億円。
この額は“寄付先進国アメリカ”の40分の1に過ぎません。

欧米と比較して「寄付文化」がないといわれる日本ですがその理由は一体どこにあるのでしょうか。

また個人金融資産の6割を握るシニア層は、「寄付」という行為をどう捉えるべきなのでしょうか。

NPOの資金集めを支援する日本ファンドレイジング協会の鵜尾雅隆さんに聞きます。
ゲスト:
鵜尾雅隆(日本ファンドレイジング協会代表理事)
2012年 9月7日(金)
感動を再び!ロンドンオリンピック名場面集
ゲスト:
山口香(筑波大学大学院准教授 ソウルオリンピック銅メダリスト)
松本薫(柔道選手 ロンドンオリンピック金メダリスト)
2012年 9月6日(木)
銀座の品格

日本の文化と流行の発信地・銀座の魅力を銀座生まれ銀座育ちの演出家・宮本亜門さんに語ってもらいます。
宮本さんは、銀座には大人の遊び心をくすぐる品格があるといいます。
半世紀にわたりこの街を撮り続けた写真家・指山雅美さんの貴重な映像とともに、懐かしく、常に新しい銀座の姿を浮かびあがらせます。
ゲスト:
宮本亜門(演出家)

2012年 9月5日(水)
今やっておきたい肌の手入れ

今回は特別編として、特に女性の方必見!あの美肌の伝道師・佐伯チズさんにお越し頂き、夏にダメージを受けた肌のケアと、空気の乾燥するシーズン・秋に向けて、今やっておかないといけない肌の手入れについて、自宅で簡単にできる回復&予防術から、肌に関する疑問まで色々お答え頂きます。
もちろん男性の肌の悩み(テカリ、ベタつき、たるみ、毛穴が開く等)も、バッチリ対策できますので、夫婦そろってご覧下さい。
肌が若いと実年齢より若く・健康的に見え、肌がボロボロですと他人に与える印象も最悪になります。老若男女揃って、健康な肌を手に入れましょう!
ゲスト:
佐伯チズ(美肌師)
はしのえみ

2012年 9月4日(火)
進化するコンビニ高齢化時代の成長戦略

一時期は競合店舗も増え「飽和論」も出ていたコンビニエンスストアだが、最近高齢者にも客層を広げ売り上げも伸びている。買物弱者対策に宅配事業も強化しサービスも広げている。コンビニ最大手セブンイレブンの井阪隆一社長をゲストに迎え、その戦略と課題を聞く。
ゲスト:
井阪隆一(セブン-イレブン・ジャパン社長)
田中陽(日経新聞 編集委員)

2012年 9月3日(月)
病気とお金~がんになったらいくら掛かる?~

一生涯でがんになる確率は、男性では2人に1人、女性では3人に1人ともいわれています。

医学の進歩により、早期に発見すれば助かる時代ですが。検査や手術、退院後も通院して治療を行うなど、長期に渡り高額の治療費を支払うケースも多いといいます。

では、経済的な理由で断念する事なく、安心して治療を受け続けるには、いくらくらいお金の準備が必要なのでしょうか?

また、万が一に備え「がん保険」に加入する場合、どういう保障に注目するのがいいのでしょうか?

今回も、様々な疑問を解消し、詳しく、わかりやすくトークしていきます。
ゲスト:
鳥越俊太郎(ジャーナリスト)
川上憂子(医療コーディネーター)

日経ソーシャルイニシアチブ大賞募集