この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます

ストーリー

2019年6月1日放送 第九話「ふたりの十返舎一九」(四日市)

喜多(和田正人)弥次(松尾諭)は四日市でおいな(石崎なつみ)という可愛らしい女性からまんじゅうの大食い勝負を持ちかけられる。負けたほうがお代を払うという勝負に、一文無しの二人は喜んで乗るが、おいなの食いっぷりに敗北。二人を尾行していた十返舎一九(竹中直人)にお代を付けて、茶屋から逃げ出す。すると、先ほど勝負を持ちかけてきたおいなが姉のおさえ(夢野いづみ)に勝負の様子を語って聞かせている姿を見かける。勝負はおいなのインチキだった…。
怒った喜多はおいなを追いかけ、弥次はおさえから事情を聴く。おさえによると、おいなは戯作者になることを夢見ており、十返舎一九を尊敬しているという。美しいおさえを気に入った弥次は自分が十返舎一九だと嘘をつき、おさえは信じてしまう。
一方、喜多に追われたおさえは、吉兵衛(岡大介)が営む行きつけの貸本屋に逃げ込む。追いかけてきた喜多はおいなが十返舎一九を尊敬していると知り、自分が十返舎一九だと嘘をつく。おいなは、笑わないおさえの笑顔を取り戻すために、戯作者になりたいのだと打ち明ける。
やがて偽の十返舎一九を名乗る喜多と弥次が鉢合わせ、おさえを笑わせたほうが本物だという勝負に挑むが…。

ゲスト出演者

  • おいな 石崎なつみ
  • おさえ 夢野いづみ

フォトギャラリー

すべての画像を見る

©BSテレ東

ページトップに戻る