この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます

ストーリー

2019年7月6日放送 第12話
「娘と父、宿命の法廷対決!異議あり!」

美鈴凛花(朝倉あき)と父・花太郎(渡辺裕之)の、ラブホテルの相続権を巡る裁判が始まった。凛花は三村早季子(小林涼子)の代理人として、早季子が亡き内縁の夫・佐山省吾(岸田研二)と実質的には共同経営者だったと主張していく。省吾の弟・佐山大吾(高橋努)の弁護を務める花太郎は、巧みな弁論で凛花の主張を退ける。
凛花は花太郎に勝ちたいと意気込む余りに周りが見えず、大吾がホテルを売り払おうと目論んでいる事に気付かずにいた。戦況は凛花にとって圧倒的に不利な状態となる。
そんな中、凛花は牛島連司(武田航平)から、花太郎は凛花を成長させる為に【美鈴弁護士事務所】を任せたのではないかと聞かされる。凛花はそんな花太郎の身勝手さに反発し、復帰の誘いを受けていた【六本木ゴージャス法律事務所】に戻る決意を固める。だが凛花の心には、これまで関わってきた歌舞伎町への想いが生まれていた。
迷いの中、凛花は花太郎と再び法廷で対決する…

ゲスト出演者

  • 三村早季子 小林涼子
  • 佐山大吾 高橋 努
  • 佐山省吾 岸田研二

フォトギャラリー

すべての画像を見る

ストーリー一覧

©「歌舞伎町弁護人 凛花」製作委員会2019

ページトップに戻る