この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます

ストーリー

2019年6月22日放送 第10話
「外国人妻の悲痛な叫び!家族の絆とは」

しのぶ(岡田浩暉)がフィリピン人女性・宮田ジェーン(マリア・コリコ)を連れて【美鈴弁護士事務所】にやって来る。ジェーンは元々、美鈴凛花(朝倉あき)の父・花太郎(渡辺裕之)行き付けのフィリピンパブで働いており、牛島連司(武田航平)とも顔見知りだった。ジェーンは片言の日本語で涙ながらに「夫に離婚された」と訴える。ある日帰宅したら、夫の宮田隆信(平野貴大)と息子は姿を消しており、知らぬ間に離婚届を出されていたと云う。急に家族に去られる辛さが痛いほど分かる凛花は、ジェーンを救うべく動き始める。
離婚届は夫の隆信がジェーンの許可無く書いたものだと考える凛花は、離婚は無効に出来ると高を括っていた。だが調べると、離婚届はジェーンの筆跡だった。日本語が余り分からないジェーンは、隆信に騙されたのだと凛花は憤る。
だがジェーンは「隆信は自分を騙したりしない」と信じ切っている。どうすれば良いのか困惑する凛花は、離婚の裏に隠されたある事実を知る…

ゲスト出演者

  • 宮田ジェーン マリア・コリコ
  • 宮田隆信 平野貴大

フォトギャラリー

すべての画像を見る

ストーリー一覧

©「歌舞伎町弁護人 凛花」製作委員会2019

ページトップに戻る