真夜中ドラマ「歌舞伎町弁護人 凛花」

BSテレ東BSテレ東
4月スタート!毎週土曜深夜0時放送!
  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークにブックマークする

レギュラーキャスト追加発表!!

レギュラーキャスト追加発表!!

熱いコメントも到着!

レギュラーキャスト

「逃亡花」、「グッドバイ」、「江戸前の旬」そして、「面白南極料理人」と話題作を放送してきたBS真夜中ドラマ枠。2019年の4月クールは、女性弁護士“美鈴凛花”が歌舞伎町を舞台に活躍する「歌舞伎町弁護人 凛花」を放送します。本作の主人公“美鈴凛花”は朝倉あきが演じます。

この度、本作品のレギュラーキャストが決定致しましたので発表致します。凛花の父親の経営する弁護士事務所で働く事務員の“牛島連司”を演じるのは「仮面ライダービルド」などに出演しているイケメンの武田航平。凛花を昔から知る、頼もしい事務員として凛花をサポートします!凛花にあこがれ「ゴージャス」をやめて歌舞伎町に舞い込んでくる後輩弁護士“山田蘭”はグラビアやバラエティ番組で活躍中の山地まり。キュートで素直で、憎めない蘭は事務所のムードメーカーです。最後に、凛花たち行きつけスナックのママ“しのぶ”を演じるのは、朝倉あき同様、ドラマ「下町ロケット」や映画「七つの会議」に出演する岡田浩暉。凛花の父親を昔から知るスナックしのぶのママは、歌舞伎町で暮らす人々の内面を映し、見透かすような鏡のような存在。道に迷う凛花たちに、温かい言葉をかけてくれる影のキーパーソンです。

【牛島連司役:武田航平コメント】

牛島連司役を演じさせて頂く武田航平です。
「歌舞伎町弁護人 凛花」は痛快かつ心温まるストーリーです!
毎晩、いや、毎回、凛花さんが心をスカッとさせてくれます!その凛花の成長を静かに見守る牛島…
1人強く生きる凛花さんを陰ながら支えていきます。真夜中ドラマらしく、男子諸君の歓喜のシーンも散りばめられ、盛りだくさんです!世の女子の為に僕も脱ぐ準備は出来ています(笑)
「歌舞伎町弁護人 凛花」 必見です! よろしくお願いします。

【山田蘭役:山地まりコメント】

今回、山田蘭を演じることが決まって心からワクワクしてます。蘭ちゃんは裏表の無い素直な子で、凛花さんを想う気持ちは誰よりも強い凛花さん大好きっ子です。
そして普段のきゃぴっとした姿と弁護士として仕事に挑む姿のギャップが素敵なキャラクターだと思うので、この番組を見て頂いている方に凛花派・蘭派など楽しんで頂けるようにしっかりと蘭ちゃんの魅力をたくさんの方に届けられるように頑張りたいです。
どうぞよろしくお願いします。

【しのぶ役:岡田浩暉コメント】

しのぶという、新宿歌舞伎町に生きるオカマを今回演じさせて頂きます。歌舞伎町を体現出来るポジションとして、メイクさん、衣装さんはじめ、スタッフ皆さんのお力をお借りしつつ、しのぶはある種のリアル感に迫ってみたいとも思っています。1日の疲れを忘れさせてくれる番組になるように、皆んなで力を合わせて頑張ります。

美人弁護士が歌舞伎町のトラブルを解決!

BS テレ東 真夜中ドラマ4月クール
「歌舞伎町弁護人 凛花」に決定 !!

主演:朝倉あき (民放連ドラ初主演

正義感あふれる美人弁護士が歌舞伎町のトラブルを解決!

主人公“美鈴凛花”を演じるのは、ドラマ「下町ロケット」や映画「七つの会議」で目まぐるしい活躍をみせ、今最も伸び盛りで注目されている女優・朝倉あき。今回が民放の連続ドラマ初主演となります。ちょっとしたギャグや、お色気もあり、そして最後にはバシッと悪者をやっつける爽快な弁護士ドラマになること間違いありません。
聡明で凛とした主人公“凛花”が、持ち前の正義感と粘り強さで卑劣な相手をスカッと打ち負かす姿にご期待ください!!

主演 朝倉あき コメント

【美鈴凛花役:朝倉あきコメント】

・ドラマ主演の話を聞いた時の感想

このうえない緊張感と、このうえのない感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。女性弁護士は、力では男性に及ばずとも、守る人に寄り添って強くあろうとする姿が凛々しくカッコいい印象があります。先輩方の背中から学んだものを活かしながら優しく強い弁護士を演じられたらと思っています。

・台本を読んだ感想

女性からみても、“スカッと気持ちよく”テンポのいい物語だなと思いました。魅力的な登場人物も満載で、クスッと笑えるやりとりやグッと共感できるシリアスな部分もあります。何より、弁護士モノならではの相手との痛快な駆け引きなどは読んでいてとても引き込まれました。

・主人公「凛花」の人物像、自分との共通(相違)点

同じ弁護士の父に対して対抗心が強く、とても負けずぎらいで、自尊心がスカイツリーよりも高い人物ですが弱い立場の人を放っておけず、やり出したら最後までとことん突き詰める強い責任感があり、とても魅力的な女性だと思います。共通点は、負けずぎらいなところでしょうか。いざというところでは、私もものすごく粘ります(笑)相違点は、そこまで私は自分に自信を持っていないところです。今回凛花を演じるにあたり、彼女の堂々っぷりを少しでも身につけられたらなと思います。

・「凛花」を演じるにあたって、役作りで意識している点

美鈴弁護士事務所事務員の牛島さんらと一緒にのびのびと思うままに発言するところと、きりっと弁護士として戦闘モードに入るところの緩急をつけられたらいいなと思います。また、無敵で格好いいばかりではなく、親子関係や人間関係に悩んだりと、人間くさい部分も持ったひとりの女性としても、演じられたらなと思います。

・撮影で楽しみにしている点

理不尽な相手を弁護士としてやっつけるシーンの撮影はとても楽しみにしています。また、全編を通して登場する凛花を見守ってくれる人たちとのシーンも、のびのび演じてみたいので掛け合いがどうなるかが楽しみです。

・ドラマの見どころ、視聴者の皆様に楽しんでもらいたいポイント

笑いあり、涙あり、そして最後はスカッとする、観てきっと元気になれるドラマだと思います。当初は嫌々始めた歌舞伎町での弁護士生活ですが、個性あふれる歌舞伎町の人々との出会いを通して、主人公凛花が少しずつ成長するところは、特に大きな見どころだと思います。ぜひ最後まで観ていただき、彼女がどんな女性弁護士になっていくのかを、視聴者の皆さまには見守っていただければと思います。

プロデューサー コメント

【プロデューサー:澤田賢一(トップシーン)コメント】

この作品の見所は何と言っても、朝倉あきさんが演じる凛花です。綺麗で聡明でチャーミングで知恵が回って明るくて、負けず嫌いで男勝りだけど清純派で「知性と教養」、「清潔感と透明感」そして何より、正義感が強く凛とした佇まい。私が原作を読んで抱いた凛花のイメージは、男性なら誰もが惚れてしまい女性なら誰もが憧れる、美しくも格好良いデキる女でした。そんな凛花像が朝倉あきさんと重なりました。目覚ましい活躍で今最も注目されている女優、朝倉あきさんを置いて他には居ないと思い主演のオファーをしました。ただドラマの内容は、歌舞伎町が舞台という事で、水商売や風俗など夜の仕事を題材にした物語となり今までの弁護士ドラマには無い、コメディー要素とお色気シーンが満載です。果たして朝倉さんは今まで演じた事が無いであろう凛花役を引き受けてくれるのか、とても不安でしたが快く出演して頂けるとのお返事を貰い本当に嬉しかったです。凛花役は朝倉さんにとって、きっと大きな決断であり、チャレンジだと思います。歌舞伎町の正義を守る“朝倉凛花”の活躍を是非ご期待ください。そして、コミカルシーンとセクシーシーン満載の今までに無い弁護士ドラマをお楽しみください。

作品概要

大手企業の顧問弁護士を務め、文字通り六本木の法律事務所「ゴージャス」の花形女性弁護士として活躍する“美鈴凛花”は、父親の失踪をきっかけに手伝った仕事がもとで「ゴージャス」を追われてしまい、歌舞伎町の父親が経営する弁護士事務所で働き始める。自分には六本木のような華やかな世界がふさわしいと、歌舞伎町を毛嫌いしていた凛花のもとに舞い込んでくるのは、ストーカー被害を訴えるキャバ嬢や、殺人の容疑をかけられたホストなど、これまで全くかかわったことのない人々ばかり。経験したことのない依頼にとまどう凛花は、事務員の牛島や後輩の蘭たちと、戸惑いながらも力を合わせ立ち向かい、困っている依頼人を助けていく。

原作紹介

「歌舞伎町弁護人 凛花」 (全6巻/電子書籍)
(「週刊漫画サンデー」2007年1/23号から2008年5/13・20号連載)
作画 花小路ゆみ 原作 松田康志 (実業之日本社)

番組概要

番組タイトル 真夜中ドラマ「歌舞伎町弁護人 凛花」
放送日時 2019年4月13日 放送スタート
BSテレ東(BS⑦ch)/ BSテレ東4K(4K⑦ch) 毎週土曜深夜0:00~0:30
テレビ大阪 毎週土曜深夜0:56~1:26
※NTTぷららで1週間先行配信
主演 朝倉あき
出演 武田航平 山地まり 岡田浩暉ほか
原作 「歌舞伎町弁護人 凛花」(全6巻/電子書籍)
(「週刊漫画サンデー」2007年1/23号から2008年5/13・20号連載)
作画 花小路ゆみ 原作 松田康志(実業之日本社)
監督 植田 尚ほか
脚本 守口悠介ほか
プロデューサー 森田昇(BSテレ東) 澤田賢一(トップシーン)
制作 BSテレ東/トップシーン
製作著作 「歌舞伎町弁護人 凛花」製作委員会2019
番組HP https://www.bs-tvtokyo.co.jp/rinka/
twitter @BS7ch_rinka