この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます
  • 2022.08.08 MON

    台湾巡り激化する米中の駆け引き 中国の台湾統一シナリオは?

    台湾巡り激化する米中の駆け引き 中国の圧力は軍事から経済へ?
    中国の台湾統一シナリオを読む
    法大・福田円教授と東京外語大・小笠原欣幸教授が分析

2021年12月27日(月)ようやく手習い すぐに書き納め

 2021年が終わろうとしています。個人的に「今年は書道を始める」という目標を立て、12月になんとか達成することができました。あとは上達するためにコツコツ続けていけたらと思っています。


 さて、日経平均株価でこの1年を振り返りますと...上値が重いながらも下値は堅く、行ったり来たりを繰り返した年でした。9月17日に31年ぶりの高値となる3万795円を付け、その勢いから「年末には3万3000円」と予想するマーケット関係者もいらっしゃいました。ただ、その後は中国・恒大集団の経営不安やオミクロン株の脅威が浮上。そして、米国のインフレは「一時的」と繰り返しきたパウエルFRB議長が12月15日に「これだけインフレが高まればリアルタイムで政策を決定していかなければならない」と発言し、テーパリング(量的金融緩和の縮小)終了後に利上げに踏み切る構えを示したことで、世界的に株価は弱含みで推移しています。

 今年最後の取引となる12月30日では、去年12月30日の株価2万7444円を上回ることができるのでしょうか。「日経ニュース プラス9」はひと足早く、12月24日が今年最後の生放送でのオンエア。このコラムも書き納めです。1年間、ご覧いただき、ありがとうございました。来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

榎戸教子

日経ニュース プラス9 メインキャスター
榎戸教子

記事は日経プラス9クラブ会員向けのメールマガジンで毎週金曜日に配信しています
詳しくはこちら