この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます
  • 2022.08.10 WED

    もはやピークに達したか!? 世界揺さぶるインフレの行方

    インフレはピークに達したのか―。先月発表された6月の米消費者物価指数(CPI)は、前年比9.1%の上昇とおよそ40年半ぶりの水準となりました。日本時間の今夜9時30分に発表される7月の結果に世界の注目が集まります。番組はこのCPIの結果を速報し、インフレの行方と今後の日本経済への影響を検証します。

    また、きょう10日に発足する第2次岸田改造内閣の主な顔ぶれと人事の舞台裏も解説します。

2022年06月13日(月)メタバースが秘メタ? 新しい暮らしのカタチ

 メタバース、NFT、量子コンピューター、ブロックチェーン、DX......。デジタル関係の用語を最近よく耳にするようになりましたよね。その方面に弱い私は、ついつい避けて通りがちだったのですが、今週6日の「日経ニュース プラス9」で日本IBMの山口明夫社長をお招きしてデジタル技術が実際に社会や暮らしをどう変えるのか、じっくり話を聞いてみると、思わず「へー!」と思うポイントがたくさん詰まっていたのです。

生活がどう変わるかワクワクします


 まずはメタバース。「アバターなど自分の分身を使って自由に行動できる3次元空間」と定義を書くと難しい感じがしますが、ゲームなどの世界ではすでにおなじみですよね。最近ではメタバース上でアーティストがライブを開催したり、スポーツ観戦ができるようになったりと使い方は広がっています。

 今後は病院の入院体験や面会などもできるようになるとか。私はコロナ禍での出産だったので、家族の誰とも会えず寂しい思いをしたのですが、単なるリモートミーティングよりも一体感のある「メタバース面会」が広がれば、雰囲気が変わるかもしれません。さらに行政手続きのために、わざわざ役所まで行かなくても、自宅で全部できてしまうなんて世界も実現しそうです。日本IBMでは今年の入社式をメタバース上で開催したそうですが、おじいちゃんおばあちゃんも参加することができて非常に喜ばれたそうです。

 そして、もう一つの「へー!」は量子コンピューター。量子力学の現象を利用して複雑な計算を解くことができるというもの。計算スピードが飛躍的に上がることで新薬の研究や気候変動の予測などがより早く正確にできるようになる可能性があるそうです。具体的に何に使われていくかについては、まだまだこれから。かつて顕微鏡ができて初めてウイルスや細菌の存在が発見されたように、まだ私たちが見たこともない世界がそこには広がっている可能性もあるというのです。例えば、遠く感じていた宇宙の世界も、より身近なものになっていくかもしれないですね。

 デジタルの言葉だけを聞くと、なんだか難しくてイメージしづらいように感じますが、具体的に生活が変わっていくイメージができると、少しワクワクしませんか?さて、せっかくなので私もこれを機に、まずはメタバースの世界から体験してみようかな?

須黒清華

日経ニュース プラス9 キャスター
須黒清華

記事は日経プラス9クラブ会員向けのメールマガジンで毎週金曜日に配信しています
詳しくはこちら