番組表

おとなの嗜み 趣味やマナーをその道に通じる方に聞く

2014.11.28

写経

一心に、経文を書き写す写経。筆先に精神を集中させる事で心が無になり、非日常を穏やかに過ごす事が出来ます。今夜は、自宅で出来る写経の心得を学びます。写経で心がける事はただ1つ、眼前の文字を無心に書き写す事。オフの日、写経で日常の喧噪を離れ、心落ち着く時間を過ごしてみませんか?

photo1

photo2

教えてくれるのは、鎌倉・長谷寺で写経の指導をしている定富秀子さん。1200年以上の歴史を誇る長谷寺は、鎌倉を代表する名刹です。

境内の書院では、一般の方向けの写経体験を行っています。

photo3

photo4

経典には、多くの種類がありますが、写経によく用いられるのが、262文字から成る「般若心経」です。写経は、仏教の普及と僧侶の修行を目的としたものです。最近では入門書も多く出版されているので、寺に行かなくても自宅で行う事ができます。

それでは、自宅で写経をする際の作法を教わります。写経は、準備が大切だと定富さんはいいます。

「まず写経をするにあたっては、日常から離れた自分を見出すということもありますので、お部屋をちょっと片付ける、それが大変でしたら、書かれます机の上を綺麗にされまして、自分が心地よく非日常的な世界に入られるようにということで、お線香を焚いてみるとよろしいと思うのですね。」

線香を焚くことで、よりリラックスした状態で臨めます。

用意するのは、書道の道具一式と、経文を書く用紙。手本を横に置き、半紙に書くのが、一般的な方法ですが、初心者には、経文をなぞって書くタイプの写経用紙がオススメです。

手を洗い、身を清めてから始めるのも作法の1つです。仏壇があれば、手を合わせ、呼吸を整えます。

仏壇がない場合は、机の前で数秒間、目を閉じてから始めると良いそうです。筆ペンでもかまいませんが、墨をすることで、気持ちを落ち着かせることができると定富さんは、いいます。

経文を書き写す際に、心がけることは、ただ1つです。眼前の文字を無心に書き写す。

写経用紙をなぞって書く場合、初めての人なら、およそ1時間で書き写すことができます。途中で休憩を入れずに書き続けたほうが、より集中力が高まり、心を無の状態に近づけることができるそうです。

経文を写し終えたら、心願成就、家内安全など、願い事を四文字熟語で簡潔に書きます。最後に住所、名前を書き、寺に奉納するか、自宅でお守りとして保管します。

最新動画

過去の動画一覧

2015.02.20

剣術

2015.01.16

天体観測

2014.12.19

おせち料理

2014.12.04

イタリア車

pagetop