番組表

おとなの嗜み 趣味やマナーをその道に通じる方に聞く

2014.09.12

日本酒


4つ目は、日本酒を長期間熟成したもの。濃厚な味わいと強い香り、ほのかな色が特徴です。

photo2

photo2

こちらの日本酒と相性がいいのは、透明で小ぶりなグラス。独特の黄色みを帯びた色合いを眺めながら、少しずつ口に含み、濃厚な味わいを楽しむ飲み方がオススメです。

5つ目は、最近女性を中心に人気を集めている発泡性のある日本酒。

photo2

猪口と比べてシャンパングラスは、ある程度の量を一気に口に含むことができるため、スパークリング清酒の特徴である喉越しの良さを楽しむのにも、うってつけの酒器と言えます。

酒器を使い分けることで、日本酒の楽しみ方は広がりますが、友田さんは、同じ銘柄の日本酒でも、酒器を変えるだけで、その味が、大きく変わると言います。

飲み慣れた日本酒であっても、その日の気分や、料理に合わせて酒器を変えることで、違った味を楽しむことができるのです。さらに、友田さんは、自分だけのこだわりの器を見つけて、酒と合わせて楽しむことも日本酒の醍醐味だといいます。

日本酒の楽しみ方を広げてくれる酒器選び。自分にとって最高の日本酒と酒器の組み合わせを探してみては、いかがですか。

最新動画

過去の動画一覧

2015.02.20

剣術

2015.01.16

天体観測

2014.12.19

おせち料理

2014.12.04

イタリア車

pagetop