番組表

おとなの嗜み 趣味やマナーをその道に通じる方に聞く

2014.05.16

シャンパン

テーブルを華やかに華やかに演出してくれるシャンパン。繊細な泡立ちと、優美な香りに魅了されます。食空間プロデューサーにシャンパンの嗜み方を学びます。好みのシャンパンを見つけて、オフのひとときに彩りを添えてみませんか?

photo1

教えてもらうのは食空間プロデューサーの山本侑貴子さん。食に関するコンサルティング、セミナー講師、執筆などを幅広く手がけています。

2008年、シャンパンの伝承・発展に寄与したとして、「シャンパーニュ騎士団」より「シュヴァリエ」と呼ばれる称号をフランスで授与されました。

シャンパンと言えば、祝いの席での「乾杯の一杯」というイメージが強いですが、多様な種類があると山本さんは言います。

シャンパンと呼べるのはフランス北部、シャンパーニュ地方のぶどうを使い、この地で作られた泡性ワインにのみ。フランスの法律によって、生産場所、ぶどうの畑。製法が厳密に定められているのです。様々なタイプがあるシャンパン。まずは、辛いか甘口かで選んでみましょう。

photo1

その際、「エチケット」と呼ばれるラベルの表記を参考にします。シャンパンは糖分の量によって分類され、辛口のブリュット、やや甘口のセック、甘口のドゥミ・セックなどがあります。まずは代表的なこの3種類を覚えましょう。

それぞれのシャンパンに、どのような料理が合うのか、教えてもらいました。

やや甘口の「セック」。こちらのシャンパンは、甘めのソースがかかった料理と合わせることで、互いの甘みを引き立て合い、美味しく頂けるのだそうです。さらに、もっと甘いデゥミセックでは…甘さ辛さのほかに、シャンパンはぶどうの品種にも違いが。

最新動画

過去の動画一覧

2015.02.20

剣術

2015.01.16

天体観測

2014.12.19

おせち料理

2014.12.04

イタリア車

pagetop