この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます

ストーリー

  • 第6貫 シーン1
  • 第6貫 シーン2

11月30日(土)放送 第6貫
寿司対決!紅葉鯛とボラ

池内の作家生活40周年を祝うパーティに出す寿司屋台をどの店に決めるかを悩んだ西島編集長と池内は、嘉志寿司の大吾と柳寿司の旬に寿司対決をさせてこの二者の勝者に決めようとなった。対決する寿司ダネはこの時期の紅葉鯛。前回の対決で同じ2位を分け合ったことに悔しい思いをした大吾は、父、龍男の ‘嘉志寿司の格を落とすな’ という叱咤に奮い立つ。一方の旬も覚悟を決めたが、紅葉鯛は脂がのっていて煮切りをはじき制限時間30分でうまく昆布〆ができないと悩みの寿司ダネであった。大吾は父のアドバイスで瀬戸内海のある塩を試し、勝ちを意識する。対決の日がやってきた。そして、同じ鯛の半身で勝負が始まったのだが両者が取り出したのは、粉状のもの、一方は桃色、一方は緑っぽい粉であった。。。果たして勝負の行方は・・・?

ゲスト出演者

  • 吉沢龍男 役デビット伊東大吾の父

フォトギャラリー

すべての画像を見る

バックナンバー

番組を見逃した!そんな時は

©「江戸前の旬season2」製作委員会2019

ページトップに戻る