この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます

ストーリー

  • 第2貫 シーン1
  • 第2貫 シーン2

10月26日(土)放送 第2貫
親子二代の穴子のツメ

旬は深川の親方の店でまず海苔の焼き方を伝授されていた。
柳寿司を守る鱒之介のところに敏子というかつての兄弟子、武の妻から電話があった。武は8年前病に倒れ、息子の春樹が今度自分の店を始めるのだという。鱒之介は‘あるもの’を携えて春樹の店にむかう。敏子と春樹に、武とのある約束を果たしに来たのだという。深川の親方で修行時代、武は‘穴子’の煮ツメが絶品だった。だが、親方は武をある日破門にした。武は腕は確かだが、酒におぼれる性格でけんかっ早いのだった。敏子は武が死んでからも店を手放さず、息子が店を始めるときのために借金して朝から晩まで働き続けた。そんな父を春樹は恨んでいた。
鱒之介は春樹の店で俺の寿司をぜひ食べてほしいと、穴子を握り、武と敏子に食べてもらった。鱒之介さんの握りは形が整っていて美味そうですね、と言って、口に入れた途端、春樹の顔色が変わった。「これは・・・」

ゲスト出演者

  • 阿光武 役福田転球鱒乃介の親友
  • 阿光敏子 役青山知可子武の妻
  • 阿光春樹役前原滉武の息子

フォトギャラリー

すべての画像を見る

バックナンバー

番組を見逃した!そんな時は

©「江戸前の旬season2」製作委員会2019

ページトップに戻る