この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます

ストーリー

  • 第5貫 シーン1
  • 第5貫 シーン2

11月23日(土)放送 第5貫
伝統の江戸前寿司とは

仏壇に手を合わせる左手の薬指を見た旬は、真子が酒井とうまく行きそうだと嬉しかった。
ところが「割烹 さかい」では哲也の母京子が二人の結婚に大反対だった。哲也の嫁は北陸の味がわかる北陸の名家からきてもらうつもりなのだという。京子はある日、鱒之介から、店にきてもらえないかと誘われる。二人のことを断るつもりの母。握り一人前でございます、と出された江戸前寿司。そのころ真子は鱒之介が京子と会っていると知っていてもたってもいられない。そんな真子に、哲也は鱒之介の味を信じている、母も味のわかる人だから任せようという。一貫一貫食す京子。最後のタネは北陸ののどぐろであった。江戸前といっても、ヒラメ、スミイカ、かんぴょうなどタネは江戸前とは限らない。しかし、鱒之介の握りは確かに‘江戸前’であった。「人が味を作るのですね。お嬢さんも職人のこころを受け継いでいらっしゃる」京子はそう納得して、真子との結婚話を認めるのであった。
一方、小肌に命をかけていた旬は師匠の新見から、「もう柳寿司へお戻んなさい」と促される…。

ゲスト出演者

  • 酒井哲也 役田中俊介割烹 さかい 店主
  • 酒井京子根岸季衣哲也の母

フォトギャラリー

すべての画像を見る

バックナンバー

番組を見逃した!そんな時は

©「江戸前の旬season2」製作委員会2019

ページトップに戻る