番組表

おとなの嗜み 趣味やマナーをその道に通じる方に聞く

2014.07.17

正しい靴の選び方


photo4

指の長さに差が少ない、スクエア型の人に合うのは…
靴先が全体的に四角い物。つま先の形に合わせることで、足の負担が軽減されると言います。

デザインが決まったら、続いて、サイズの選び方。靴を試し履きする時に、まず、踵に余りがないように合わせてから、3つの部分をチェックしていきます。

1つ目は、指の付け根から甲の部分。ここが、余り過ぎていると足が靴の中で動いてしまい、靴擦れなどの原因になります。逆にキツすぎると甲を圧迫して歩くたびに痛みを感じてしまいます。

photo2

2つ目は、履き口部分とクルブシの高さ。この部分は靴の型崩れ防止のために固く作られています。履き口とクルブシの間隔を空けると靴擦れ防止になります。

3つ目は、指先の部分。靴の中で動く程度、およそ1センチぐらい余裕があるものを選んだ方が指への負担が少ないと言います。

甲の部分がピッタリで、指先に少し余裕のあるサイズ選びを心がけます。サイズが決まったら、実際に歩いて履き心地を確認します。

痛みや、違和感がないか、確認したら…
次に、歩きながら、靴の曲がる部分をチェックします。たいていの靴は履いた時に親指の付け根から小指の付け根部分を結んだ線で曲がるように作られています。その部分にちょうど指の付け根の部分が合わないと歩きづらく感じてしまいます。

ソール全体が曲がりやすい素材の靴もあるので、そういった靴を選ぶのも良いそうです。

オフの日。自分の足に合った靴を選んで、散歩や街歩きを快適に楽しんでみてはいかがですか。

最新動画

過去の動画一覧

2015.02.20

剣術

2015.01.16

天体観測

2014.12.19

おせち料理

2014.12.04

イタリア車

pagetop