番組表

おとなの嗜み 趣味やマナーをその道に通じる方に聞く

2014.06.13

ダーツ

昨今、手軽に楽しむことが出来るようになったダーツ。楽しくダーツを楽しむためのルールや投げ方など、ダーツの基本を学びます。基本をマスターして、オフの日に、白熱のゲームを楽しんでみてはいかがですか?

photo1

矢を的に当て、得点を競う「ダーツ」。最近は、ダーツができるバーも増え、仕事帰りやオフに楽しむ人も増えています。

今宵は、ダーツの嗜み方。ゲームのルールや投げ方など、ダーツの基本を学びます。

横浜市、関内にあるダーツバー「アウルズネスト」。
店のオーナー、プロダーツプレイヤーの富田恭一さんに教わります。

photo2

ダーツは14世紀イギリスが発祥。兵士が戦場での余興として矢を的に射って腕を競い合ったのが始まりとされています。19世紀末、的に点数の区分をつけた、現在のスタイルが確立しました。

photo2

日本では、自動的に得点が表示されるエレクトリックボードがバーや娯楽施設で増え、ダーツの裾野が広がっています。ダーツボードには、1から20まで得点区分があります。数字は、ゲーム性を高めるために大きな数字と小さな数字が交互に並んでいます。

中心部の「ブル」と呼ばれる部分は25点、さらに、内側の「ダブルブル」は50点となります。投げ出す位置はボードが設置された壁から237センチと国際ルールで決められています。投げ出すときのコツを教えてもらいます。

野球のボールを投げるときのような肩を使った投げ方ではなく、ダーツは、肘を支点に「押し出す」感覚で投げます。利き手側の足を前にして投げます。

ゲームのルールは数百あると言われているダーツ。今回は、最も基本的なゲーム、「501(ごおまるいち)」を教えてもらいます。

最新動画

過去の動画一覧

2015.02.20

剣術

2015.01.16

天体観測

2014.12.19

おせち料理

2014.12.04

イタリア車

pagetop