この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます

ストーリー

  • 第1話 シーン1
  • 第1話 シーン2

4月11日(土)放送 第1話

新進のシューズデザイナー乾セツ(原沙知絵)が昼営業が終わった時間に、小野沢ちさと(磯山さやか)の働くダイニングバー『アミーゴス』にやって来る。席に着くなり白ワインを飲み干すセツ。親友のちさとは何かあったのだと察する。良いニュースと悪いニュースがあるというセツ。一つは取引先のイタリアメーカーからの引き抜きの話。もう一つは不倫相手の平井(袴田吉彦)との関係が彼の妻にバレたのだ。イタリア行きを迷うセツは、その話を平井にまだしていない。一度結婚に失敗しているセツは、ちゃらんぽらんな平井との関係に心地よさを感じていた。不倫男と別れるチャンスであり、一流になれるチャンスなのに決められないセツ。
セツが仕事からマンションに帰って来ると部屋の明かりがついていた。平井がセツの誕生日を祝うために料理を作って待っていたのだ。特別に3つの願いを叶えてあげるという平井にセツは…。

料理紹介

干し鱈のコロッケ

ポルトガルの国民食であるバカリャウ(干し鱈)を使ったコロッケ。
スナックとしても前菜としてもポピュラーな料理。

パプリカのマリネ

肉厚のパプリカを炭火やオーブンでじっくり焼いてマリネした前菜。
強い甘味、とろけるような食感が冷えた白ワインにぴったり。

柴田奈津実 ポルトガル料理研究家
大学卒業後、フードコーディネーターのアシスタントとなる。
ポルトガルに惹かれ、家庭の台所や、レストランの厨房で料理を学ぶ。
ポルトガル料理をベースに、料理教室やケータリング、レシピ提供などで活動中。

フォトギャラリー

すべての画像を見る

バックナンバー

番組を見逃した!そんな時は

©「女ともだち」製作委員会2020

ページトップに戻る