又吉直樹、島へ行く。 母の故郷~奄美・加計呂麻島へ

第4章

第4章

母を育てた小さな集落(シマ)

母の故郷「勢里」を、又吉15年ぶりに訪れる。
さらに身近に触れる島の暮らし。
母が徒歩30分をかけて通っていた小中学校を訪れる。
忘れていたと思っていた記憶が散り散りに戻ってくるが、見えてくるものは15年前と何処か違う。
夜は島人が集まってのシマ唄宴会に。

←第3章へ

コメントへ→