又吉直樹、島へ行く。 母の故郷~奄美・加計呂麻島へ

第1章

第1章

僕が知らなかった島の日々

コンビニもスーパーもない暮らし。
奄美大島まで毎日フェリーで通勤している人も珍しくない。
島民たちはリゾートホテル建設も拒否した。
この不便な島に人々はなぜ住み続けるのか。
そして、又吉、半農半漁の暮らしをつづける男と出会う。

←概要へ

第2章へ→