黒い報告書 女と男の事件ファイルⅡ「仮面」

ストーリー

第三の報告書

<2012年12月8日「仮面」>

リア充の女

監督:深作健太
主演編集者役:石黒賢
ゲスト女性作家役:広田レオナ
原作:岩井志麻子(ドラマ初出演)

真田(石黒賢)は、編集部内の反対を押し切って作家・御園美鈴(広田レオナ)に「黒い報告書」の依頼をする。真田は美鈴と同じ大学で同期、学生時代から美鈴に憧れていた。美鈴は大学時代に「ビッチ・ブルー」という小説でデビューして一世を風靡した。それは女子大生が複数の男と交際を繰り広げる恋愛小説だった。美鈴はマスコミからもてはやされ、自作小説の主人公みたいに、芸能人やスポーツ選手と浮名を流したりもしたが、作家として後が続かず、「一発屋作家」として世間からみられていた。
そんな時に美鈴は真田からの依頼をうけ、実際の事件を取材して小説に仕立てる、という仕事を受けることで、小説家として復帰をもくろんだ。
その事件とは…東京の若いOLが、ネットで知り合った中年男から惨殺された事件だった。「リア充だから許せなかった」と、中年男は殺害の動機を語っていた。ネット上の充実を「ネット充」、ネット以外の現実生活の充実を「リア充」という。女性の「リア充」な私生活とは?そして本当にそれは充実したものだったのか?そもそも若い女性は、なぜ、さえない中年男と恋愛におち、殺されるに至ったのか?
真田と美鈴は加害者の中年男、被害者の女性の周辺を取材する。果たして、長年憧れていた作家に、「黒い報告書」を書いてもらうことはできるのか?
岩井志麻子さんの原作をもとに、東京と三浦海岸沿いの抒情あふれる風景を盛り込んで、深作健太監督がダイナミックにドラマを描きます。岩井志麻子さんが、重要な役でドラマ初出演!大胆不敵な演技を披露しているのも見どころです。
事件関係者

監督

深作健太 ふかさくけんた

第三の報告書「リア充の女」監督

【プロフィール】

1972年東京都出身。映画監督深作欣二・女優中原早苗の長男。成城大学文芸学部卒。
健は高倉健、太は菅原文太から取って命名された生粋の映画の使者。


【コメント】

「黒い報告書」のメガフォンを取らせていただくのも二回目。今回のテーマは「仮面」です。
〈作家〉と〈黒いヒロイン〉、合わせ鏡の二人の女性がどんな仮面を被り、どんな動機が〈発明〉されるのか。
大人向けのドラマが壊滅したにひとしい現在、「黒い報告書」が末永く続くシリーズとして育ってゆく事を切に願ってやみません。

ページトップへ