番組表

おとなの上級みやげ 喜ばれるお土産に秘められた歴史やこだわりのエピソードを紐解く

2014.12.10

マールショコラ

このチョコレートは、世界初と言われる製法で作られています。2層にわかれたチョコレートの内側には、砂糖を一切使用せずハチミツだけで甘味をつけています。ハチミツで甘味をつけたマールショコラの特徴は、口の中に花の香りが広がることです。豊かな花の香りを楽しんでみてはいかがですか。

東京駅から歩いて1分。
新丸の内ビルディングに店を構える「ショコラティエ パレ ド オール 東京」

photo1

photo2

ショーケースには、40種類以上のオリジナルのチョコレートが並び、イートインスペースで味わうこともできます。

店で人気なのが、旬のハチミツで甘みをつけた「マール ショコラ」

photo1

季節によって、使用する蜂蜜の種類が異なり、常時、店に並ぶのは、8種類から10種類です。マールショコラを考案したのは、オーナー ショコラティエの三枝俊介さん。フランスのショコラティエの巨匠、モーリス ベルナシオンのもとで修行をしました。

三枝さんは、マールショコラを作るのに、カカオマスという原料を使います。カカオマスとは、焙煎したカカオ豆をすりつぶしたもので、砂糖は一切入っていません。


一般的に、チョコレートの原料に使われるのは、カカオマスに砂糖や香料などが加えられた「チョコレート生地」です。

pagetop