番組表

誇りの地 巡礼 地域の魅力を再発見する

2014.06.17

<6月の旅先>「日本橋」 千疋屋


photo4

3階建ての洋館の2階に、果物食堂を開設。文明開化の時代、人々は西洋風に憧れ、食堂を訪れました。昭和初期のメニューには、現在でも出されている品が多くあります。当時最も高かった果物ジュースは、グレープジュース50銭。かけソバ一杯が10銭ほどだった時代です。

創業から180年。店内には、食べ頃を迎える直前の果物が並びます。

人気のマスクメロンは、一本の茎に一玉のみを活かして栽培したもの。全ての栄養分が行き渡るため、甘みと旨みが凝縮されたメロンになります。2階にあるフルーツパーラーでは、季節の果物をふんだんに使ったスイーツや料理が楽しめます。

photo5

店のおススメは、「千疋屋スペシャルパフェ」。2種類のアイスクリームと生クリームの上に、7種類の果物を盛り付けた贅沢なパフェです。

こちらは果物を使った斬新な一皿。名物のマンゴーカレーは、辛さを保ちながら、果物の甘さを後味に残します。食べ頃の高品質な果物を揃え、客に提供する商人の想いは、今も日本橋の街で受け継がれています。

photo5

日本で最初の果物専門店が生まれた街・日本橋。ここを発祥の地とする老舗は、数多くあります。日本橋を訪れ、商いの歴史と想いに触れてみませんか?

pagetop