番組表

誇りの地 巡礼 地域の魅力を再発見する

2014.06.03

<6月の旅先>「日本橋」 浮世絵


2007年から始まった「シャッターチャンスプロジェクト」。街の活性化の一環として、若い画家たちが、店などにそれぞれ縁のある浮世絵を描く企画です。現在は、20の施設のシャッターに、ペンキで描かれた24の浮世絵アートがあります。

photo4

魚河岸があった地に建つ、天ぷら店のシャッターには…… 江戸時代後期に描かれた天ぷら屋台の絵の模写。

photo5

日本橋人形町にある手ぬぐい専門店には……
染物を干す風景を描いた、広重の浮世絵。

開店前や閉店後、休業の時にしか見ることの出来ない、時間限定の日本橋の景観です。日本橋の誇りである浮世絵の文化を、訪れた人に、より強く感じてもらいたい。プロジェクト・リーダーの川崎さんは、新たな取り組みを進めています。

photo6

江戸時代に文化の花を咲かせた浮世絵は今も日本橋の街を彩っています。団扇を手に、浮世絵が描かれた風景の中を散歩をしてみませんか?

pagetop