この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます

ストーリー

2018年12月15日放送 第10貫「太巻き親子巻き」

商社勤めの旬(須賀健太)の兄・鱚一郎(田中幸太朗)は見に行く約束をしていた息子・誠(高橋來)の学芸会に行けなくなる。
怒って飛び出した誠は、一人で柳寿司にやって来る。鱒之介(渡辺裕之)の握った寿司を食べながら「お父さんは僕のことが嫌いなんだ」という誠に、鱒之介は、「思いの伝え方はひとそれぞれ違うものだ」と言う。
ちょうど出前から帰って来た旬(須賀健太)は、二人の会話を聞き、父の本当の気持ちに気づく。
誠を迎えに来た鱚一郎の妻・佳奈子(入来茉里)は、実家から送られてきた秋鮭を持って来る。通常、江戸前では握らないシャケだが、常連客は毎年の楽しみにしていた。
シャケをつまみに和やかムードの柳寿司で、突然、酔った客が「皆さんのお勘定を払う」と言い出す。一人娘が成人したお祝いだと喜ぶ遠山(井田國彦)は、そのままカウンターに突っ伏して寝てしまう。旬は心配するが、鱒之介には心当たりがあるようだ。
そこへ、柳寿司を外から窺っていた若い女性が入って来た。鱒之介はその女性に、鮭とイクラの親子巻きを作って差し出す。

ゲスト出演者

  • 遠山真希子(20)遠山の娘志保
  • 遠山義明(50)銀座『柳寿司』の客井田國彦

フォトギャラリー

すべての画像を見る

©「江戸前の旬」製作委員会2018

ページトップに戻る