この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます

ストーリー

2018年12月22日放送 第11貫「思い出色のスミイカ」

クリスマス目前で華やぐ銀座。ショッコ(田辺桃子)に呼び出された旬(須賀健太)は、お汁粉を食べながらスミイカがセピア色の語源だとか話していた。ショッコのスマホの待ち受けには寿司対決の時のセピア色のツーショット写真。結局、大事な話を言い出せないショッコ。
柳寿司では鈴音(内田慈)が呆れていた。例のツーショット写真は、鈴音がショッコにあげたものだった。それを旬に見せ、発破をかける鈴音。そこへ、「20年前のお代を払いに来た」という母娘連れがやって来る。
当時、君江(林田麻里)の計らいで鱒之介(渡辺裕之)が作った寿司ケーキ。その思い出と君江の笑顔が支えだったと語る愛(田中こなつ)。旬の提案で、鱒之介は同じ寿司ケーキを作ってあげるのだった。
その晩、忘年会帰りの真子(佐藤玲)がやって来る。ショッコにプレゼントは用意したのかと詰め寄られた旬は突然、家を飛び出して…。

ゲスト出演者

  • 蛯名愛(30)『柳寿司』客田中こなつ

フォトギャラリー

すべての画像を見る

©「江戸前の旬」製作委員会2018

ページトップに戻る