この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます

2016年1月6日(水)

「世界金融が怯える原油安!シェールの不良債権と中東リスクの関係」
アメリカの原油輸出解禁や、今春予定されているイランの経済制裁解除による原油輸出で、現在1バレル30ドル台の原油相場は今後どうなるのか?世界の金融関係者が注視しているのが、アメリカシェール企業のジャンク債。その額、サブプライムローンの残高を超える1兆6000億ドル。さらにイランサウジの外交関係断絶が石油市場、金融市場にどのような影響を与えるのか。公益財団法人世界平和研究所の藤和彦氏に伺う。
ゲスト:藤和彦(公益財団法人世界平和研究所 主任研究員)

ニュースplus

  1. 北朝鮮「初の水爆実験」

    詳しく見る
  2. 安保理が緊急協議へ

    詳しく見る
  3. 日経平均 年初3日続落は21年ぶり

    詳しく見る
  4. 円が反発 中国・北朝鮮懸念で

    詳しく見る
  5. サウジ シリア和平へ「協力」

    詳しく見る
  6. トヨタAI会社 グーグルの人材引き抜き

    詳しく見る
  7. 東芝の個人株主 室町社長ら提訴へ

    詳しく見る
  8. 民主代表「軽減税率の財源明示を」

    詳しく見る
  9. ガソリン 10週連続下落

    詳しく見る
  10. 15年の米新車販売 15年ぶり最高

    詳しく見る

フカヨミplus

北朝鮮 水爆実験を読み解く

マネーplus


【今週のテーマ】 2016年 注目のセクター
  ・今日のポイント 「商社復活の鍵」

トークplus

【ゲスト】
藤和彦(公益財団法人世界平和研究所 主任研究員)
【トークテーマ】
「世界金融が怯える原油安!シェールの不良債権と中東リスクの関係」
アメリカの原油輸出解禁や、今春予定されているイランの経済制裁解除による原油輸出で、現在1バレル30ドル台の原油相場は今後どうなるのか?世界の金融関係者が注視しているのが、アメリカシェール企業のジャンク債。その額、サブプライムローンの残高を超える1兆6000億ドル。さらにイランサウジの外交関係断絶が石油市場、金融市場にどのような影響を与えるのか。公益財団法人世界平和研究所の藤和彦氏に伺う。

前へ 次へ バックナンバー一覧へ