番組表

おとなの旅

2014.10.17

岩手県 花巻


北上川沿いに広がる賢治の畑。今は、地元のボランティアが耕しています。畑を耕す活動を始めてから5年。訪れた人々に、賢治がいた頃の風景を見せています。

photo5

農民として暮らす賢治は、楽しく生きるための農業共同体という理想を目指し、農民塾「羅須地人(らすちじん)協会」を設立。病に倒れるまで、農作業の合間にレコード鑑賞会を催すなど、若い農民たちへの啓発活動を続けました。

1915年、花巻と釜石を繋ぐ鉄道が開通。賢治は頻繁に利用し、その列車の旅が、後に名作のモチーフにもなります。

photo5

photo6

現在、JR釜石線となっている路線では、「SL銀河」と名付けられた蒸気機関車を運行。列車は、訪れた人を幻想的な世界へ誘います。

「賢治が夢見た銀河鉄道」。
花巻市から遠野市へ流れる川に架けられたアーチ橋、通称「めがね橋」。夜になると、色鮮やかにライトアップされ、列車は、「銀河鉄道の夜」を行くように走ります。

自然と共に生き、農民たちへ眼差しを向けた、宮沢賢治。故郷の花巻には、作品の世界に浸れる風景が広がっています。彼が見た風景と出会う旅へ出かけ、星が輝く夜空を見上げてみませんか?

pagetop