オ・ヘウォン ソハンアートセンターの企画室長。ソハングループ会長やその後妻でソハン芸術財団理事長のソンスクからは厚い信頼を寄せられているが、アートセンター代表のヨンウは彼女を敵視している。ソンジェの熱い想いに戸惑いながらも、次第にひかれていく。

キム・ヒエ 1983年デビュー。貞淑な妻も悪女も演じ分ける演技力に加えて、飾らない人柄と美しさ、洗練されたファッションやライフスタイルで女性たちから支持されている。
主な出演作:「妻の資格」(12)
      「マイダス」(11)